« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

AnimeJapan 2016

 中学生を誘拐・監禁した犯人がアニメファンらしいです。そんな状況で、アニメジャパンで女子小学生グッズを購入してきました(笑)。ストレスが溜まっているからかな? 様々なグッズを買ってしまいます。我慢できてない。萌えるゴミになるのは目に見えているんだけどね。

 高校野球は西高東低のようです。毎度思うけど、ベスト8すら予想が当たりません。もちろん野球賭博ではありませんよ。
 よく解説をしていた鍛治舎巧さんが監督となって熊本の高校(松中選手の母校)を率いています。しかし、熊本の高校なのに熊本出身の選手がいないらしい(笑)。完全にヒールですが勝ち進んでいます。どこまで勝てるのか注目したいです。
 また、今年は商業高校が強いですね。商業高校なので公立です。特に高松商業は久々に香川県の公立として勝ち進んでいるのではないかと思います。神宮大会で優勝しているらしいので、実力は確かのようです。

 プロ野球も開幕しました。工藤監督はこの時期に様々な選手を試そうとしますね。勝とうとするのは三連戦の三戦目ぐらい。それ以外はまずは現有戦力の把握に努めているように見えます。


AnimeJapan 2016

 パッケージビジネス崩壊というのは共通認識なんですね。
 物販に注力するならば、海外への通販が欠かせないように思います。要するに、小さなグッズを海外のアニメファンに売らないといけない。国をあげて支援していますが、アニメイトが得意とするところです。
 女性ファンが増えているということですし、アニメイト的な売り方が求められているように思います。

 さて、今年のアニメジャパンですが、ところどころ変わっていたように思います。
 ひとつは、物販がまとまっていませんでした。ここ2年ぐらいアニメイトが取りまとめて売っていたように思うのですが、今年はそれがなかったように思います。各社が物販に力を入れていたように思います。
 もうひとつが、ワーナーブースで巨大ポスターがなくなっていました。

 今年は、ステージ観覧が『エンドライド』だけしか当たりませんでしたが、非常に良い席でした。
 オーディション時に押していた大橋さんと、謎なコピペで有名な美山加恋ちゃんを間近で見ることができました。
 イベントは男性声優の皆さんが頑張ってたかな? オリジナルで喋れないことも多いのでしょうが、嘘を交えつつ魅力を伝えようとしていました。
 基本的にはバディものです。恐らく、タイバニから派生した企画だろうと思います。キャラデザに萩原一至さんと和月伸宏さんを置いているところに、その匂いを感じます。
 主人公の性格などを考えるに、後藤圭二監督が子供の頃に好きだったアニメをやりたいんだろうなと思います。後藤監督もアニメーターから完全に監督にシフトしたんだなあ。(ナデシコのキャラクターデザイン、作画監督で有名です)
 美山加恋ちゃんは声優としてそこそこうまそうな感じですよ。中二病らしいので、たぶんこのまま声優を続けちゃうんじゃないかな?

2016年春アニメ

 春アニメ注目は『三者三葉』『はいふり』『ばくおん!!』だと思っています。美少女動物園ですね。
 また、『少年メイド』がアニメ化するのはちょっと驚きです。

 大本命は『マクロスΔ』でしょう。対抗は『迷家』じゃないかな?
 『逆転裁判』もありますし、ラノベアニメでは『Re:ゼロから始める異世界生活』『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』もあります。

2016年夏アニメ

 個人的には春よりも夏に注目しています。
 原作が好きな『天鏡のアルデラミン』がすべて。声優など様々なことが判明してきています。ヤトリが種田梨沙さん(タネキ)なのは良さそう。

 続編では『アルスラーン戦記』や『七つの大罪』があります。
 『ベルセルク』も再びアニメ化です。うまく動かせるのか気になりますね。

 『orange』『バッテリー』といった原作の評判が良いのもありますし、『この美術部には問題がある!』もそこそこ面白そう。
 ステマで有名な『NEW GAME!』も話題になりそうです。
 『魔装学園H×H』はイラスト・キャラクター原案がHisasiさんなんですね。パッと見、『ハイスクールDxD』っぽいのかな?
 なぜか『Rewrite』がアニメ化というのも興味深いです。買ったまま遊んでないんですよね。

 春を避けて夏に集まった印象です。夏なのに大作が多くない?


乙武氏 暴露された“奔放さ”「業界にいればだれでも知っていた」

 今回のスクープは週刊新潮でした。誰もが知っていたけど、一般人は知らなかったわけで報道の価値はありますね。今後、ペルソナが剥がれた乙武さんがどのような活躍をしてくれるのか期待して見ていきたいと思います。

Microsoft、人工知能Tayの無作法を謝罪 「脆弱性を修正して再挑戦したい」

 今回の8chanや4chanの試みは面白いと思っています。
 陰謀論に陥ったり統合失調症っぽくなるメカニズムを解明できるかもしれません。

 いくらガードを固めても、結局は何を信じるかでしかないと思うんですよね。無垢なAIはあらゆることを信じてしまう。子供への教育とも近いように思います。

 どうすればまともなAIになるのかは、試行錯誤が続くのでしょう。しかし、どうやってもこの問題は解決しないように思います。要するに騙されるということね。もしくは親や飼い主に似るということです。

米MSの人工知能「Tay」が人種差別発言で暴走していたころ、日本MSの人工知能「りんな」は……

 本当に人工知能なのか疑われていますが、恐らくビッグデータで集合知といったところなのでしょう。最初に、ある程度のキャラを決められている可能性もありますね。

サン電子がストップ高 iPhoneロック解除に子会社が協力?

 サン電子の子会社ですが日本企業ではなくイスラエルの企業らしいです。
 要するにハッキング専門の会社なのでしょう。相当にすごい技術です。「あたしの心、アンロック!」

エロスを超えたアート――オリエント工業のドール、美しさの秘密

 顔だけでなく細部に至るまで綺麗に作られてるんですよね。将来的に人型ロボットが活躍するようになると必要な技術かもしれません。

安心と信頼のオリエント工業製 レディー・ガガのそっくり等身大ドール爆誕 胸に顔をうずめると試聴もできるよ

 古い記事だけど様々なことを行ってますね。

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

心の中のショーンKを抑えるために

 ホークスも円陣をしていました。個人的には勝利に結びつかないと思います。球団が関与して勝利給として行うならば良いのでしょうけど、勝敗をもとに選手間で金銭のやり取りが発生すると損をしている選手がいることになるので良くないように考えています。

 『転生したらスライムだった件』のコミック版が予想以上に良いので、アニメ化しないかなあと思っています。連載雑誌のシリウスを調べるに、そんなにアニメ化は多くないけどゼロではなさそうですね。

 Fさんのブログが止まっているので、近々何かあるんじゃないかなあと期待しています。公表しないような気はするんですけどね。


ショーンK 経歴詐称騒動、大きな代償

 正直、名前を覚えていませんでした。声が良いコメンテーターという認識で、職業もちゃんとわかっていなかった。

 それにしても週刊文春はすごいですね。よくネタが尽きないものだと感心します。

 「学歴詐称」「経歴詐称」ということらしいですが、子供の頃に「ホラッチョ川上」「おっぺけぺー川上」と呼ばれていたそうなので、虚言癖のようなものはあったのでしょう。
 こういうのってパーソナリティ障害の一種になるのかな? 「自己愛性人格障害」「演技性人格障害」あたり。

 大きく見せようとして努力するのは良いことらしいんですよね。そのうちに実力がついて、相応の実力になるから。そういう人の方が出世しやすいらしいですし。
 しかし、度を越していると、取り返しがつかなくなるのでしょう。

 誰しも他人に良く見せたいものです。その時に、心の中のショーンKが姿を表してしまう。ちょっとの嘘が大きな嘘になっていくのだろうと思います。

 芸能界ではキャラづくりの一環ではあると思います。有名なのは叶姉妹やスザンヌかな? だから、芸能人が叩くのには違和感があります。
 キャラづくりしている人ばかりの中で、失敗した人を「叩いていい」という空気のもと叩いているように感じるんですよね。集団リンチみたいでカッコ悪い。
 叩いている人も間違えると叩かれる側になる危険性は皆感じているとは思います。

 そこまでキャラづくりしなきゃいけないのか疑問です。生きづらくない? 私が不器用すぎるだけなのかな? 演技しながら生きるのって無理じゃね?

 気楽に生きるためにも、心の中のショーンKは抑えたいなあと思います。


「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額

 バーチャルボーイからどれだけ経ったのだろう? ついにバーチャルリアリティ(仮想現実)の時代が到来しそうです。やはり最初はゲームからのようですね。
 正直、エロゲで使われたらどうなるんだろうというのが気になっています(笑)。PC向けもあるから可能なんでしょうね。

「ソードアート・オンライン」の超リアルな世界を体感――IBMが目指す“未来のゲーム”とは

 これもVRゲームですよね。まさかIBMがSAOと組むとは思っていませんでした。入り口はこういうところなんだろうな。
 AR(拡張現実)もドラゴンボールのスカウターや電脳コイルの電脳メガネが入り口だろうと思うので、とりあえずそこを実現できたら面白そうです。

ジブリも使うアニメ制作ソフト「Toonz」、ドワンゴがオープンソース化し無償公開

 ジブリって独自ソフトを使ってたんですね。ジブリがほとんどアニメをつくらないとなると、ソフトを維持するのが大変そうです。しかし、使わないのももったいない。だから無償公開なのかな?
 この試みから新しいアニメ制作ソフトや新しい演出が生まれることを期待したいです。

「おじゃる丸」の声優、小西寛子さんをネットで中傷 容疑の男性を書類送検

 小西寛子さんは声優としてかなり好きだったんですよね。消えた声優になっていたけど、事務所の移籍などに関係していそう。要するに干されたのでしょう。たぶん、そういう関係の事件だと思います。真相がわかったらいいなあ。

シャープ、世界初の「蚊取空清」を発売

 画期的だけど、これで業績が回復するほど甘くはないよなあ。売れるとは思います。

ツタンカーメンの墓に“隠し部屋” 伝説の美女・ネフェルティティの墓が有力?

 まだ隠し部屋があるんですね。エジプトはすごいですわ。こういうのがニュースになるということは、エジプトの政治も多少落ち着いているのかな?

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

野球賭博と八百長

 『鉄血のオルフェンズ』の井上喜久子さん、『灰と幻想のグリムガル』の能登麻美子さん、『この素晴らしい世界に祝福を』の茅野愛衣さんと、普段やらないような役をやっていて楽しそうだなあと思っています。一部のファンは嫌がってそうなんだけど、本人は楽しいんじゃないかな?

 婚活は母親の無茶な要望を安易に受け入れない必要があるなと分かってきました。無茶を言うな。

 そう言えばLINEのスパムが来るようになった(笑)。そんなにLINE交換してないのにね。電話番号あたりから紐付けてスパムを送ってるんかな?

 プロ野球の順位予想でルナ選手の移籍を忘れてました。でも、中日と広島だからさほど問題ないかもなあ。


巨人一軍投手に重大疑惑「野球賭博に金を賭けていた」
笠原元投手激白、巨人選手は公式戦で現金やりとりしていた
巨人軍に新たな火種 円陣「声出し」通して現金やりとり

 週刊文春は本当にすごいですわ。どういう取材をして、高木京介投手にたどり着いたのか。

 それにしても、巨人とNPBの対応が不可解ですね。高木投手のみ会見して謝罪している。それまでの、福田氏・松本氏・笠原氏は会見していません。さらに、高木投手は野球賭博を行ったにもかかわらず、「失格選手」になっていません。

 笠原氏の告白により、いくつかのことがわかります。
 2つ以上(恐らく3つ以上)の野球賭博ルートがある。というのも、笠原氏は「僕のルートでは、5人目は正直にいないです。それは言い切れます。違うルートで噂が出ている人は分からない。」と言っています。他のルートがあることをほぼ知っている発言だと思います。そして、2つのルートならば、もうひとつが容易に特定されるので発言しにくい。従って、3つ以上のルートがあると予想します。
 私の予想では、福田氏に借金取り立てを行った人物のルートと越智元投手のルートはあるはず。ちなみに笠原氏のルートは、ウニ料理店ですね。
 また、巨人軍に賭博行為が蔓延していたことがわかります。特に円陣の声出しに関しては、八百長や敗退行為につながるため見逃せません。罰金や報奨金とは異なる、単純に娯楽のための金銭のやりとりだろうと思います。

 2012年の巨人は強かったのですが、選手が抜けたわけでもないのにたった3年で急速に弱くなってしまいました。この原因が、円陣の声出しかもしれません。負けることを奨励するようなことをして強くなるわけがない。勝とうという気持ちになるとは思えません。
 今後、巨人が復活するのは極めて難しいと思います。清原氏の覚醒剤のこともありますし、もはや憧れの球団ではないでしょう。
 「黒い霧事件」については詳しくありませんが、かつて賭博事件が「西鉄ライオンズ」というひとつの球団をつぶしました。(このとき、裏で読売新聞が動いたという噂もあります)
 今回は、巨人が多大なるダメージを受けると予想します。


AI、人知迫る一石 トップ棋士に勝ち越し 「アルファ碁」3連勝

 ディープラーニングを知らなかったので勉強になりました。囲碁で人工知能が人間に勝つのはもう少し先のことだと予想していたので、正直衝撃を受けています。ディープラーニングについて調査したいと思います。

民維新党名は「民進党」…世論調査で支持上回る

 これで民主党の負のイメージを刷新できるかな? 台湾の政党と同様に「民主進歩党」という意味なのでしょう。「進歩」というリベラル政党の色がついて良かったのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2016年3月 8日 (火)

感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~

 ようやく『このすば』をまとめ見。「このすば」って間に挟むのがうまいですね。1話完結方式になってる。次は『僕だけがいない街』を見ようかなと思います。

 婚活に力を入れようとしたら、3月に予定が重なりまくり。3月は忙しいのでかなりきつい。調整とかする能力がない(笑)。これがADHDのスケジュールバッティングというやつかなー。せいぜい頑張ります。帝国ホテルに行くとは思わなかったわー。


●感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~

 久々にミルキィホームズを楽しみました。
 木谷さんのアニメってギャラクシーエンジェルにしろミルキィホームズにしろ、無駄にキャラが増えて終わっちゃうんですよね。やっぱりキャラは増やさなくていいよと思ったアニメでした。

 完全に横浜アニメですね。序盤は草津だったのですが、やっぱり横浜アニメ。映画館の近くや横浜赤レンガ倉庫、横浜スタジアムなどが舞台でした。見たことある風景って感じです。

 作画はちょっと乱れているところがあったかな?(若干下手かな程度です)恐らくブルーレイでは修正するのだろうと思っています。
 演出というよりも、監督が桜井弘明さんで総監督が森脇真琴さんというのがビックリ。ミルキィホームズは森脇真琴さんのものなのかな? 調べたら、3期と4期は錦織監督ですね。脚本もふでやすかずゆきさんですし、恐らくですが、1期の雰囲気に近かったように思います。
 そんな中で桜井弘明さんが監督。木谷さんアニメで桜井弘明さんと言えばデ・ジ・キャラット。お二方のギャグがうまい感じにミックスされていたように思います。
 ところで、指に落書きするのは、この世代のギャグなんかな? スレイヤーズを思い出しました。

 気楽に見るには良いアニメだと思います。1期好きには好評じゃないかな?

Mh01

Mh02


ご報告。

 1年間闘病されていたようですね。こういうのを見るときついね。明坂さんの親だとまだ若いでしょうし。
 そんな中でも仕事をしなきゃいけないんだから、そりゃあ大変ですよね。私自身も考える必要があるのかな。

プリキュア声優・榎本温子 12歳下の声優・石井マークと結婚

 完全にノーマーク。石井マークさんだけに。
 12歳年下ってすごいですね。それも女性が年上。さらに、聞くところによると、石井さんが榎本さんのファンだったらしい。キムタクと工藤静香のパターンかな?
 石井マークさんは直前に事務所をやめているんですよね(参考)。今回の結婚報告と関連があるのかもしれません。

○球団の育成力2

 2007年と2008年のドラフトが悪くて、6年目7年目に急落している球団があるようです。データが少なすぎるんだろうな。そこで、1~5年目の傾きだけで育成力を算出してみました。

球団名育成力(1~5年目の傾き)育成力(1~7年目の傾き)
ソフトバンク0.3460.218
西武0.3210.142
日本ハム0.2940.233
中日0.2510.004
ヤクルト0.2280.005
広島0.0870.093
楽天0.0530.012
ロッテ0.0300.033
オリックス0.0260.027
巨人0.004-0.061
DeNA-0.024-0.103
阪神-0.081-0.018

 予想外ですが、ソフトバンクが1位でした。ここ2年の高校生ドラフトのせいかな? 中日とヤクルトが1~7年をもとにした育成値よりもずっと良いです。一昨年の即戦力外ドラフトのせい? 西武も良くなっており、日ハムよりも育成力があることになっております。
 その反面、巨人・DeNA・阪神はあまり変わっておりません。育成力がないことがわかります。特に阪神は1~7年をもとにした育成値よりも悪い。さらに阪神は10年目の予測値がマイナスになりました。新人や若手の使い方がおかしいんだろうな。

 リーグごとにグラフにするとこんな感じ。2007年以降のデータです。7年目にセ・リーグの5球団が落ち込んでいるんだけど、これは2007年と2008年特有のものなのかな? あと2年経つと、きっと何かがわかるんだろうな。
 1~5年目だけで育成力を判断するのは無謀っぽいですね。普通に見ると、やはり日ハムが一番良く見えます。

パ・リーグ育成

セ・リーグ育成

 2006年以前のデータを集めても良いけど、いかんせん「逆指名」「自由枠」「希望枠」とあったじゃないですか。平等なドラフトじゃない気がして、データ化する気がしないんですよね。と言っても、それ以降も囲い込みっぽいことは行われています。ドラフト後の入団するか否かを決めるのは選手の権利ですしね。

小選挙区制は、日本の政治にとって本当に良かったのか?

 私は小選挙区制が嫌いです。中選挙区制が良いとは思わない。でも、小選挙区制は日本には合わないように思います。大きく振れすぎるんですよね。
 比例代表制が基本的には好きです。でも、政治家は有権者が選びたい。そんな選挙制度がいいなと思います。
 完璧な選挙制度なんてないんでしょうね。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »