« 感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~ | トップページ | 心の中のショーンKを抑えるために »

2016年3月14日 (月)

野球賭博と八百長

 『鉄血のオルフェンズ』の井上喜久子さん、『灰と幻想のグリムガル』の能登麻美子さん、『この素晴らしい世界に祝福を』の茅野愛衣さんと、普段やらないような役をやっていて楽しそうだなあと思っています。一部のファンは嫌がってそうなんだけど、本人は楽しいんじゃないかな?

 婚活は母親の無茶な要望を安易に受け入れない必要があるなと分かってきました。無茶を言うな。

 そう言えばLINEのスパムが来るようになった(笑)。そんなにLINE交換してないのにね。電話番号あたりから紐付けてスパムを送ってるんかな?

 プロ野球の順位予想でルナ選手の移籍を忘れてました。でも、中日と広島だからさほど問題ないかもなあ。


巨人一軍投手に重大疑惑「野球賭博に金を賭けていた」
笠原元投手激白、巨人選手は公式戦で現金やりとりしていた
巨人軍に新たな火種 円陣「声出し」通して現金やりとり

 週刊文春は本当にすごいですわ。どういう取材をして、高木京介投手にたどり着いたのか。

 それにしても、巨人とNPBの対応が不可解ですね。高木投手のみ会見して謝罪している。それまでの、福田氏・松本氏・笠原氏は会見していません。さらに、高木投手は野球賭博を行ったにもかかわらず、「失格選手」になっていません。

 笠原氏の告白により、いくつかのことがわかります。
 2つ以上(恐らく3つ以上)の野球賭博ルートがある。というのも、笠原氏は「僕のルートでは、5人目は正直にいないです。それは言い切れます。違うルートで噂が出ている人は分からない。」と言っています。他のルートがあることをほぼ知っている発言だと思います。そして、2つのルートならば、もうひとつが容易に特定されるので発言しにくい。従って、3つ以上のルートがあると予想します。
 私の予想では、福田氏に借金取り立てを行った人物のルートと越智元投手のルートはあるはず。ちなみに笠原氏のルートは、ウニ料理店ですね。
 また、巨人軍に賭博行為が蔓延していたことがわかります。特に円陣の声出しに関しては、八百長や敗退行為につながるため見逃せません。罰金や報奨金とは異なる、単純に娯楽のための金銭のやりとりだろうと思います。

 2012年の巨人は強かったのですが、選手が抜けたわけでもないのにたった3年で急速に弱くなってしまいました。この原因が、円陣の声出しかもしれません。負けることを奨励するようなことをして強くなるわけがない。勝とうという気持ちになるとは思えません。
 今後、巨人が復活するのは極めて難しいと思います。清原氏の覚醒剤のこともありますし、もはや憧れの球団ではないでしょう。
 「黒い霧事件」については詳しくありませんが、かつて賭博事件が「西鉄ライオンズ」というひとつの球団をつぶしました。(このとき、裏で読売新聞が動いたという噂もあります)
 今回は、巨人が多大なるダメージを受けると予想します。


AI、人知迫る一石 トップ棋士に勝ち越し 「アルファ碁」3連勝

 ディープラーニングを知らなかったので勉強になりました。囲碁で人工知能が人間に勝つのはもう少し先のことだと予想していたので、正直衝撃を受けています。ディープラーニングについて調査したいと思います。

民維新党名は「民進党」…世論調査で支持上回る

 これで民主党の負のイメージを刷新できるかな? 台湾の政党と同様に「民主進歩党」という意味なのでしょう。「進歩」というリベラル政党の色がついて良かったのかもしれませんね。

|

« 感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~ | トップページ | 心の中のショーンKを抑えるために »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~ | トップページ | 心の中のショーンKを抑えるために »