« そして、神の領域へ | トップページ | 三菱自動車の憂鬱 »

2016年4月19日 (火)

熊本大震災

 熊本の地震がひどいですね。九州でもこんな大地震があるんだなあ。

 皐月賞は三強が負けました。三強って知ったのは直前なんですけどね(笑)。ディーマジェスティは、どうやら前走の共同通信杯(G3)は力を発揮できずに1位だったらしい。だから強い勝ち方ができたのでしょう。
 皐月賞はディープインパクト産駒が勝てないというジンクスがあったようです。(キングカメハメハ産駒が強かったらしい)でも、今回はディープインパクト産駒が強かった! いよいよディープインパクトの子供が超活躍するかもしれません。
 オルフェーブルのようにステマ配合(父ステイゴールド、母父メジロマックイーン)が活躍してたけど、完全にディープインパクト産駒の時代になるかもしれません。
 皐月賞の波乱で三強が四強になったのかな? もしくは1頭脱落したのかな? それは日本ダービーで決まりそうです。

 軽く愚痴。文面に書かれてないけど「当然こうするよね」という暗黙の了解があるじゃないですか。
 アスペのグレーゾーンなので、わかるけど自信がなかったりします。推理小説・ミステリー小説と同じぐらい深読みすることになる(笑)。
 そして、そういう暗黙の了解って、確認しにくいんですよね。訊けば安心できるのですが、「え?そこから?」って反応になるのが目に見えている。「だって、書かれてないし」とも言えない。それで無駄に不安を抱えるという。
 グレーゾーンならではの悩みなのかもしれません。ボケっぽく訊いてツッコミを期待すればいいのかな?

 インプット能力が極端に弱いのも、自閉に影響しているのかもしれません。
 多分、登場人物が3人以上になると、蚊帳の外になるというか当事者意識が薄れる傾向があるようです。
 子供の頃、家族と話していると、だんだんどうでも良くなって話の輪から外れることが多かったのですが、これが原因なんだろうな。たぶん、自身が話し手か聞き手にならないと理解できない。他の人が会話しているのを見ていると、内容が理解できなくなる(笑)。
 ADHD特有なノイズに弱いことも影響して、相当集中して聞かないと聞こえないというのも影響がありそうです。メールも同様かなあ。目の前でキャッチボールしているように感じる。ボールを持ってないから、当事者意識が生まれない。
 同時にアスペのグレーゾーンの影響で、「聞いているよね」という暗黙の了解があんまりわからない。気づいているけど能力がついていかないというのが正しいのかも。

 意識をそちらに向けないといけないんだけど、相当難しいなと思ってるのが現状かな? 理解はしたものの、どうやったらできるのかさっぱりわからないという状態です。

 ホークスが急に強くなっています。自力があるからなのかな? 日曜日も恐ろしい勝ち方でしたね。全く打てなかった吉村選手が2打席連続ホームラン。野球はわからないものです。


熊本で震度6強の「本震」 阪神大震災級、M7.3

 最初の震度7の地震は前震と思っていました。専門家はあれが本震だと思っていたらしい。何か理由があるのかな?
 私のはほとんど直感です。マグニチュードが小さくて、震源が浅いせいで震度が大きい。震源が深い、より大きな地震があってもおかしくない。そういう直感。マグニチュードも7.4ぐらいを予想してたから、ほぼ当たったかな?
 前震かどうかは見当がつかないから、大きな地震が起きたら、その後3日間は警戒した方が良さそうです。

 プレート境界の地震とかも海底活断層に思えるんですよね。活断層がずれて、その影響でプレートが大きく戻る感じ。プレートが跳ね返るのがいまいちイメージできないというか、それならもっと早く跳ね返るように思うんだよなあ。跳ね返るよりもプレートが折れると考えた方がイメージしやすいです。

 九州は地震が少ないので、熊本県民は慣れていないと思います。震度4程度で九州の実家からも電話がかかってきましたもの。関東民と違って慣れていないんですよね。
 熊本市民の1割が避難しているということは、熊本県民全体でも1割近くが避難している可能性があります。いまだに震度5が続いているので、支援も非常に難しいでしょう。
 死者が少ないのが不幸中の幸い。火事が少なかったからかなあ? 耐震の建物が増えたことも起因しているかもしれませんし、避難が早かったことも功を奏したのでしょう。経験が活きているようです。

 今後は何が起きるかわからないようです。そもそも地震に関する研究が戦後生まれらしいんですよね。新しい学問です。
 さらに、地面の中が見えない。地面の中にセンサーを置けない。天気予報のような予想が難しいのです。
 今後、地面の中を見れる技術が何か生まれるのでしょう。恐らく何らかの素粒子を利用することになると思います。


オリックス、星野育成コーチと酒井1軍投手コーチを入れ替え

 オリックスの連敗を見ていると、かつて弱かった頃のダイエーホークスを思い出しました。金をかけて選手を集めてもそんなに強くなりません。集められる選手には限界があるからです。
 DeNAの負け方を見ても、懐かしさがあるんだよなあ。弱い時代は何をやっても負けるのです。なんで強くならないかわからないのです。

 やはり長期プランが重要なんだなと痛感します。長期プランは私に欠けてるものですが、長年ホークスを見ているとその重要性に気付かされます。
 大きな軸が必要なんですよね。精神的な支柱、エース、3番4番打者、センターライン、抑え。このうちの3つは必要なのかな?
 一番整いやすいのが抑えですね。その次がエース。その次が3番4番打者。5番打者はそこそこの打者で問題ないです。難しいのがセンターラインと精神的支柱ですね。センターラインは捕手、二塁手、遊撃手、中堅手と4人必要なので揃いにくい。精神的支柱は、優勝経験者がつとめることが多いですね。
 センターラインのうち弱点は1個にしておく必要があります。逆に弱点がないと世代交代できずに急激に弱くなりやすいので注意が必要です。精神的支柱はFAかトレードで獲得するのが良いのでしょう。

 投手より野手が重要ということです。センターラインと3番4番をうまく確立できると、弱くなりにくい。投手は外国人で我慢する時期も必要です。根本イズムで投手よりも野手を最初に獲得するのはこれが理由だと思います。
 例えば今のホークスの課題は、4番打者と二塁手でしょう。その次が松田選手の後釜。松田選手の後釜が二塁手を経由して4番打者になると一番嬉しい展開かな?

 オリックスは選手を育てようよと思います。お金があるんだから2軍を強くした方が良い。3軍を作る噂がありますが、実現するでしょうか?
 DeNAはセンターラインが弱すぎるんだろうな。筒香選手のFAまでにセンターラインを整えることができるかな?

危険な走塁に見解=NPB

 守備妨害に当たらない場合でも危険なプレーと判断すれば注意を与えることに決まったようです。「注意」はイエローカードなのかな? アウトにはならないのでしょう。
 メジャーに合わせるという名目で、来年度からルールも変わるように思います。チャレンジ制度も導入されるかな?

|

« そして、神の領域へ | トップページ | 三菱自動車の憂鬱 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そして、神の領域へ | トップページ | 三菱自動車の憂鬱 »