« 三菱自動車の憂鬱 | トップページ | 感想:隠れアスペルガーという才能 »

2016年5月10日 (火)

感想:ズートピア

 GW中に腰を痛めました。たぶん肉離れじゃないかなあ。本格的な腰の痛みは初めて。年取ったんだなあ。

 ホークスが負けないわけですが、そんなに強くないように思えます。怪我人が多くて層が薄い。いつ崩壊してもおかしくない状態。負けないのがかなり怖いのですが、私だけなんでしょうか? 心配性すぎる?

 『アイアムアヒーロー』の映画を見て、はっきりと「ゾンビ映画が苦手」とわかりました。怖いのダメ、絶対。何でも見ようと思ってたけど、怖いのだけは避けることにします。こりました。
 短期記憶がないのに、怖い映画は脳裏に焼き付きます。ものすごく怖かったので、日本のゾンビ映画としてとてつもなく技術的に高いのでしょう。ちゃんとギャグに近い演出になっていたのも良かったです。でも、怖いって。
 『未確認で進行形』だけがほっとできる感じでした。ありがとうテレ東。
 ゾンビアニメも知らず知らず避けてるんだよなあ。1話を見て、怖かったら2話が見れない(笑)。勇気を出して2話を見れても3話が見れない。そりゃ殺されるよね襲われるよね的な分かりやすい伏線の回収がゾワゾワして、特にダメです。
 女性の方が案外ゾンビものが好きだったりしません? 特にオタクはゾンビ大好きな印象が強いです。女性についてさっぱり分かっていませんが、グロいの大好きじゃね? なんで見れるの?


●感想:ズートピア

 ディズニー・アニメ『ズートピア』を見ました。アナ雪ほどではないけど、かなり好きなアニメです。ディズニー版『魔女の宅急便』に見えます。
 このアニメはケモナーを増やします。ディズニーじゃなければ同人誌が大量に出ておかしくない。このアニメを見た子供はケモナーが刷り込まれた可能性があります。特に男の子。主人公ジュディのおしりがぷりぷりなの。

 本作は2つの社会問題について問題提起しています。
 まず、ズートピアは多分人種のるつぼアメリカ合衆国なんですよね。人種を動物に置き換えただけ。USAに移民がやってきて、差別を受けて現実を突きつけられるという話。
 もうひとつ、こちらがメインテーマで「性別の問題」です。女性が男性の仕事をしていいじゃないってお話です。たぶん。ジュディは警察官になるのですが、女性はジュディだけという職場です。意図的にそうなっています。

 オチは子供向けらしく分かりやすいです。わかりにくくするならば、別の動物を手先にするんだろうなと思いました。その必要はないという判断なのでしょう。

 上戸彩さんがジュディの声なのですが、かなり合っています。本職の声優も多数参加していますが、映画ならば役者でも声優はできるよなあと感じてしまいます。映像は完成しているし、撮り直しもあるでしょう。
 本職の声優は未完成な映像を使って、少ない撮り直しで大げさに表現する技術ですからね。求められている技術が違うのだろうと思います。


ラノベ作家の松智洋さんが死去 『迷い猫オーバーラン!』など

 松智洋さんが亡くなってしまいました。お悔やみ申し上げます。
 お葬式では棺に様々なキャラが描かれ、式場では「はっぴぃにゅうにゃあ」が流されたらしいです。「ジ・エンドにゃん」でいいのかなあ? 「2回死ね!」と言われるぐらいの方が好きな方なのかもしれません。
 「はっぴぃにゅうにゃあ」大好きです。ホント大好きです。

○新しい守備指標を検討してみた

 守備効率(DER)とゾーンレーティングを組み合わせたら面白い指標を作れないかなと思って、GW中に作ってみました。指標名は「個人守備効率(PDER)」ぐらいでしょうか? 単位は%がいいかなと思っています。
 その選手の守備範囲を示し、フィールドに飛んだ時にアウトになる割合を示します。

 PDER=球団DER×(個人刺殺数+個人補殺数)/(球団刺殺数+球団補殺数)

 全イニング出場していない選手は、全イニング出場したと想定した時の刺殺数・補殺数を求めます。全イニングその守備位置についたときに、刺殺数・補殺数がどうなるのかを計算するだけです。

 この指標には問題があります。
 ①補殺は1個のアウトで複数の選手が関わることがあるのに、単純に刺殺数と補殺数を足し合わせている
 ②他の選手を架空のその球団の平均的な選手としている
 ③試合数・イニング数が少ない選手は補正の影響が大きくなる

 ①は補殺数にこだわると難しくなるので、単純に足し合わせても大きなズレはないだろうと考えます。②に関しては、割り切るしかないように思います。③はイニング数が少ない選手は有効なデータと考えずに切り捨てた方が良さそうです。

 今回は、DERを使用せずに1-被BABIPを使用し、守備イニング数を使用せずに試合数を使用して、2015年のPDERを計算してみました。100試合以上出場している選手を対象にします。
※イニング数じゃなく試合数を使用すると守備固めのような選手は低くなるのでいまいちですね。
 UZRはデータがあると思うので探します。少々お時間を下さい。
 ⇒探したけど資料をなくしてるみたいです。

※三振は刺殺に含まれるようで、そうすると今回の指標はかなりおかしいです。もうちょっと検討します。

★パ・リーグ

守備位置GG選手名PDER失策数
捕手嶋 基宏13.774%4
炭谷 銀仁朗12.506%3
田村 龍弘12.169%9
伊藤 光10.855%1
一塁手中田 翔17.595%5
メヒア15.419%5
二塁手浅村 栄斗10.996%14
クルーズ10.203%12
田中 賢介9.578%10
三塁手レアード4.418%17
松田 宣浩4.363%8
中村 剛也4.247%12
遊撃手安達 了一8.794%16
中島 卓也8.682%14
鈴木 大地8.276%10
今宮 健太7.998%11
外野手秋山 翔吾4.653%2
柳田 悠岐3.972%4
清田 育宏3.437%0
栗山 巧3.258%1
西川 遥輝3.235%6
内川 聖一3.066%3
松井 稼頭央3.054%3
角中 勝也2.959%4
駿太2.776%2
中村 晃2.667%1
岡田 幸文2.307%1


★セ・リーグ

守備位置GG選手名PDER失策数
捕手中村 悠平13.391%5
一塁手ロペス17.692%10
畠山 和洋17.618%11
新井 貴浩17.490%4
ゴメス15.740%11
二塁手山田 哲人10.631%9
菊池 涼介10.281%10
上本 博紀10.072%12
片岡 治大9.493%6
三塁手川端 慎吾4.179%10
バルディリス3.514%4
遊撃手坂本 勇人8.900%11
田中 広輔8.878%22
鳥谷 敬7.588%14
エルナンデス6.689%10
倉本 寿彦6.124%7
外野手大島 洋平3.808%2
丸 佳浩3.550%1
雄平3.517%3
平田 良介3.507%1
梶谷 隆幸3.443%2
福留 孝介3.211%0
マートン2.939%4
長野 久義2.900%3
亀井 善行2.887%2
筒香 嘉智2.769%0
藤井 淳志2.366%4

 さらに守備率を考慮すればより良くなりそうです。PDERはどの程度アウトに貢献しているのかってことに注目している指標ということで。
 捕手は盗塁阻止率などにも注目すべきでしょう。一塁手は捕球するので高くなりますね。また、外野手は低いんですね。守備機会が少ない。ということは、守備は内野手を重視した方がいいのか。
 ゴールデングラブ賞って選手の名前で獲得しているよなあと思ってしまいます。他の指標(UZRなど)でも違和感がある選手がいるのでは?

|

« 三菱自動車の憂鬱 | トップページ | 感想:隠れアスペルガーという才能 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三菱自動車の憂鬱 | トップページ | 感想:隠れアスペルガーという才能 »