« 広岡野球 | トップページ | 声優が狙われる時代 »

2016年7月12日 (火)

イギリス、EU離脱

 「だけど正論だよね」というのがさっぱりわかりません。というよりも正論というのがさっぱりわからないんですよね。アスペ(グレーゾーンだけど)にはさっぱりわからない。すべて「正論」に見えるし、そういう見方もあるよねと思ってしまう。すべてが正しいのに「正論」とはいかに?
 数学や物理など科学的ならば、正しい間違いははっきりしているのですが、そうでない場合は正しいとか間違いとかないように思ってしまいます。すべては可能性にあふれている。
 だから「正論」って何さと反感を持ってしまうのです(笑)。正直、まったく意味がわからん。この方が分かりやすいとか、効率的だとかならば意味がわかるけど、そうじゃないといけないのがわかってないんですよね。
 そして、グレーゾーンだから、「わからない」ことがおかしいことが理解できてしまう(笑)。どうすりゃいいのさ。暗中模索で探ってみます。

 雨宮天さんのブログを見るたびに、アスペだろうなあ、生きにくそうだなあと思ってしまいます。自分の世界が強いんですよね。自分ルールで生きてしまう。生きにくても誰かが助けてくれるよ、きっと。
 あと女性声優だと、アスペよりもADHDの方が人気になりやすいと思います。いわゆる「ドジっ子」人気ね。危なっかしい女の子の方が応援したくなる心理。それで人気となった女性声優も多いように思います。
 アスペは自分の世界があるせいで、言葉足らずでつっけんどんになりやすい。抜けというか愛嬌がないんですよね。そうすると怖く見えるという弱点があるように思います。

 日ハムが15連勝と半端なく強いけど、何が起きたのでしょう? 日ハムファンでないから理由が分かっていません。どこかに理由が書かれているコラムがないかな?

 都知事選も渾沌としていますね。小池さんを見るに女性の方が根回しを嫌う傾向があるのかな?という気がしています。それで男性政治家が怒っている印象。

 夏アニメが始まりました。アルデラミンはそこそこな始まり方かな? キャラデザは不評ですね。もう少しかわいくても良かったんじゃね?(「転生したらスライム」もアニメ化しなかなあ…)

 マイナンバーカードをつくってみました。何に使えるのか分かっていないけど、住民票とか必要な時に使用するのかな? 株取引の時にも使用できるのかもと期待しています。

 気にはなるけどやっていない「ふるさと納税」。とりあえずやってみるのが良いのでしょうか? 一歩目が怖いんですよね。すごく欲しいものがないとやりにくいなあ。


英EU離脱はほんの予兆!?世界は歴史的大転換期にある

 EU離脱について書いてなかったので、とりあえず書いてみるかなあと。

 結局、EUって理想論だったんじゃないかな? 共産主義みたいな感じ。グローバリズムでナショナリズムを乗り越えて発展しようという理想でしょ?

 離脱する可能性は五分五分という予想でした。そして、想像以上に不満が多かったようですね。
 ナショナリズムと言ってしまえばそうなるのかもしれないけど、イギリスというプライドがあるわけじゃん。そして、移民問題とか、ドイツひとり勝ちとかあって、何かおかしくないという話にはなるよね。
 急速なグローバリズムに対応できなかったということなんでしょう。政治的にも感情的にも。もう少しゆっくりならば対応できたのかもしれない。

 移民問題は東京一極集中と同じだと思っています。でも、同じ日本人だから何とかなっている。東北や九州出身は出て行けとは話にならない。(代わりに在日は出て行けという話になるんですが)
 でも、国籍が違うと、保育所や学校がないとか仕事がないとかになると、反発の対象になる。それが国民国家というものかなと思います。

 民主主義でEU離脱が決まったわけですが、それでも民主主義は素晴らしいものですか? 民主主義は道具でしかないと思うんよね。それも国民国家を成り立たせるための道具。
 世の中、民主主義は素晴らしいという言説が多すぎるように思うんよね。多数決で決めるのが民主主義だと思ういます。だから、多数決がおかしいときは、民主主義がおかしいんだよ。

 今後すごく混乱すると思うのですが、ヨーロッパの時代が終わった象徴と思うのが良いように思います。
 これまでの歴史を鑑みるに、次は「アジアの時代」でしょうね。歴史的には「アジアの時代」と「ヨーロッパの時代」を交互に繰り返しているんですよね。
 中国とインドの時代に突入するように思います。インドがまともに成長するのか多少疑問ですが、人口だけみると十分に成長しそうです。


「オタク層が票田になる可能性示した」 表現規制反対派・山田太郎議員、落選も30万近い票獲得

 おおさか維新に入党して、すぐに離党してしまうという戦略ミスがあった割に得票が良かったですね。10万票程度と思っていたけど、30万票弱獲得できるとは思っていませんでした。
 戦略ミスのせいで、はじめから当選は諦めていた可能性は高いと思います。私は諦めていました。何票獲得するかの戦いになっていたと思います。
 おおさか維新は離党をどう捉えているのでしょうね? 離島したときは怒っていたように思うのですが、失った30万票をどう考えるんだろう?
 おおさか維新と規制反対は相容れないようには思うんですよね。そうなると山田太郎さんの立ち位置は難しいように思います。自民党寄りでも民進党寄りでもお維新寄りでもない。今後はどのように活動するんでしょうね?(他の政策を見るにぎりぎり民進党なのかな?)

 次の選挙で結果を出さないと今回の得票数は意味を成さないように思うので、戦略ミスは避けてほしいなあと思います。残念ながら議員にならないと国政に生かせないんですよね。

|

« 広岡野球 | トップページ | 声優が狙われる時代 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広岡野球 | トップページ | 声優が狙われる時代 »