« メンタル耐性 | トップページ | 2016年ドラフト評価 »

2016年10月19日 (水)

軍隊化する企業

 過集中後の脱力による、すごいきつい状態は解消されました。この仕事をやっている以上、過集中の暴走は避けられないようなので、病院に行ってみて聞いてみるわ。たぶん解消方法はないんだろうけどさ。

 全身が張っていて、正直なところ痛いので最近マッサージを利用しています。父親が頻繁にマッサージに行く理由がよくわかってきました(笑)。マッサージを利用しないと体が痛くて生活できないんだな。
 前週にマッサージを受けているのに、体の張りがひどいからこまめにマッサージするようにと指導されました(笑)。過集中後は体の張りがひどいんだけど、それを説明してもわからないだろうしなあ。要するに全身筋肉痛の状態が1ヶ月以上続いているということでしょうね。
 今回はかなり上手い人に当たったようで、かなり楽になったように思います。それでも肩の周辺は張っているんだよなあ。緊張すると首も張るようです。その他にも様々なツボがわかって勉強になりました。

 Windows10のPCから付箋が消えていてびっくり。どうやらソフト名が変わったらしい。マイクロソフトさん、そういうのやめてよね!

 JR九州株を買えたらいいなあと思っています(笑)。何となく持っていたい。

 ドラフト間近なのに、今年はドラフトを気にしてられません。非常に悲しいです。めちゃくちゃ豊作の年なので楽しそうなんですけどね。


電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ

 すごく良い記事に思えました。「希望なき軍隊」というのは今の日本を象徴してる。

 電通の鬼十則を考えた吉田秀雄さんは母校(小倉高校・旧小倉中学)のOBで、母校がかなり軍隊式なんですよね。応援歌が軍歌の替え歌だったりするくらい(笑)。そのせいで母校を嫌っている友人もいる始末。好きな人はとことん母校が好きみたい。自分も好きな方かな?
 よくわからないけど問答無用に従えというのは、発達障害者にとってはある意味やりやすいところがあるんですよね。スパルタなしごきで、ちょっとボロボロにはなるんですけど、学生だからというのと親や教師などの周囲の協力で何とかなってたように思います。

 レッテルを貼られても生きやすいように生きた方がいいのかなあ。
 というよりも、うまい生き方や器用な生き方は絶対にできないんですよね。ADHDに器用さを求めてはいけない。

 日本企業は変革期なんだろうなあ。すでに敗戦なわけですよ。でも、以前と同じ土俵で戦おうとしている。それ以外の方法がわからないということなのかな? 日本企業も不器用ということかもしれません。
 過去に成功した手法を使用したくなるのが普通ですよね。新しいことへのチャレンジは誰しも怖いものです。


将棋棋士の「スマホ不正」疑惑と「出場停止処分」について思うこと

 三浦さんが使用していたとされているソフトは「技巧」らしいです。
 技巧 対 ponanzaの動画を見ると、相当にレベルが高いことがわかります。かなり将棋は弱いので(好きなんですけどね)、私がどうこう言うのは間違っていそうですが、予想外の手がバシバシ決まります。
 プロ同士でもここまで予想外というのはないかなあ。予想通りでも、その手の意図はわかっていないのですが(笑)。数手先を読んでとかできないですし。
 プロ以上に予想外の手があって、ある意味面白いです。
 本当に不正利用されていたら悲しいですね。人としてのプライドを捨てた感じがします。
 しかし、将棋の研究って人工知能の領域に突入していそうですよね。人工知能の棋譜を記憶して対応する感じ。棋士も大変ですよね。谷川さんなど将棋連盟の仕事をされている方はさらに大変そう。
 この流れが今後我々の仕事にも及ぶことが予想されます。人工知能のアドバイスに従って仕事をする感じかな?可能性はかなりあると思っています。

「よく発達した発達障害」の話

 「あなたは発達障害に該当するし、今は人生が難しい局面になっているかもしれないけれども、それでもあなたは今まで世渡りをやってのけていたんですよ!生きてきたんですよ!」と言われても、今苦しいのは変わらないので素直に喜べません(笑)。
 あがくだけあがいてやると思っているけど、うまくあがけてないように思います。どうすりゃいいのかね。

|

« メンタル耐性 | トップページ | 2016年ドラフト評価 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンタル耐性 | トップページ | 2016年ドラフト評価 »