« 軍隊化する企業 | トップページ | エニアグラム・コーチング »

2016年10月22日 (土)

2016年ドラフト評価

 ドラフトが終わっちゃいました。今回は全然チェックできなかったなあ。直前のスポーツ新聞の予想は、今年は大外しだったようです。難しかったのはよくわかります。どこも佐々木投手を回避したのが不思議でしたね。地方大学だから?

 そろそろ携帯電話を買い換えようかなあと思うのですが、最近のスマホは高いんですよね。もう少し様子を見て買うかなあ。

 Twitterの売却先がないようです。Twitterにはさっさとコミュニティ機能またはメーリングリスト機能を付け加えてほしいのですが、売却先に期待しようと思います。

 北方領土交渉が大詰めらしいです。個人的には日本の方が分が悪いと思うので、二島以上を勝ち取れたら勝ちなんだろうなと思っています。無茶な要求をされたときは、引き分け。交渉が進展しなかったら負けかな?

 ドリアが日本生まれということを知りました。ミラノ風ドリアってナポリタンみたいなものなのね。天津飯やアメリカンコーヒーといい、なぜ日本は地名を料理につけてしまうのでしょう? 不思議な国だなあと思います。


●2016年ドラフト評価

 全く余裕がなくて、ドラフトチェックできませんでした。ドラフトチェックできないこともストレスになるから(執着の性質が原因)、意味不明に苦しかったです。

 今年もホークスは良いドラフトでした。3年連続良いドラフト。
 田中正義投手を獲得できましたし、2位の古谷投手、3位の九鬼捕手と良い選手を獲得できました。4位の三森選手も面白いタイプの内野手ですね。育成枠も今年は相当に質が高そうです。
 心残りは中継ぎ補強ができないことなのですが、ここ3年の傾向を見ると補強しないことがわかりました。ホークス球団は高卒を育成したいようです。
 指名数が少ないということは戦力外の選手も少ないということですね。誰を戦力外にするんだろうと思っていたので、妥当な指名数だと思います。
 他球団を見渡しても豊作ドラフトだと思いました。特に投手が豊作ですね。指名数が多いですし、4位5位に例年のドラフトならば3位ぐらいの選手がいます。各球団ホクホクじゃないかな?

 今回の評価はあまりあてにならないです。忙しくて十分に調査できていません。知らない選手も多いです。点数計算で使っているExcelシートが、毎年手を加えているせいで、年々使いやすくなっています(笑)。そのうち、1時間もかからずに点数計算できるようになるのかも。

※点数の算出方法
 私の独断で12球団同一順位で5点間隔で100点から順に点数をつけています。最高100点、最低45点。指名が終わった球団があったら、その点数はなし。例えば10球団残っていたら55~100点です。
 さらに、順位が高いほうが重みが大きくなるようにします。例えば指名人数が4人ならば、1位4倍、2位3倍、3位2倍、4位1倍で、その合計を10(1~4の合計)で割って点数を算出しています。
 上位が良い場合は指名人数が少ない方が有利ですが、基本的に指名人数が多いと点数が高くなりやすいです。

1位中日ドラゴンズ87.14点
2位福岡ソフトバンクホークス87.00点
3位千葉ロッテマリーンズ82.50点
4位埼玉西武ライオンズ76.67点
5位北海道日本ハムファイターズ76.56点
6位オリックス・バファローズ73.67点
7位東京ヤクルトスワローズ73.57点
8位横浜DeNAベイスターズ72.56点
9位東北楽天ゴールデンイーグルス68.89点
10位阪神タイガース66.67点
11位広島東洋カープ66.19点
12位読売ジャイアンツ65.89点

 今年は僅差で中日を1位としました。単純に個人的に好みの選手が多い(笑)。多少悪くてもみんなそこそこ活躍しそうと予想しています。
 全体的にパ・リーグの方がいいですね。投手豊作年だけあって、1人を除いて全部投手な球団が多いです。
 そんな中、ドラフト上位で野手を指名した球団は面白いですね。個人的には好きな方針です。
 阪神の大山選手1位指名には驚かされました。面白そうだと注目していましたが、まさか1位とは。2~3位ぐらいの選手だと思っていたので、意外な評価です。

 後日、余裕があれば総評を記載します。

※過去のドラフト点数
2015年ドラフト
2014年ドラフト
2013年ドラフト
2012年ドラフト

※他記事評価比較
2015年ドラフト
2014年ドラフト/2013年ドラフト


○ソフトバンク大学

 ホークスの高卒が多すぎる(笑)。ソフトバンク大学筑後キャンパス船小屋グラウンドみたいな感じ?
 今回のドラフトの高卒選手が入団したら、次のような構成になります。
 六大学に混じっても、東都に混じっても、これならば勝てるでしょ。

★大学4年生
 上林 誠知(外野手)
 東方 伸友(投手)
 曽根 海成(内野手)

★大学3年生
 松本 裕樹(投手)
 栗原 陵矢(捕手)
 古澤 勝吾(内野手)
 笠谷 俊介(投手)
 幸山 一大(外野手)
 斎藤 誠哉(投手)
 山下 亜文(投手)
 堀内 汰門(捕手)
 柿木 映二(投手)
 金子 将太(外野手) ※戦力外(残念)

★大学2年生
 高橋 純平(投手)
 小澤 怜史(投手)
 谷川原 健太(捕手)
 茶谷 健太(内野手)
 黒瀬 健太(内野手)
 川瀬 晃(内野手)
 野沢 佑斗(投手)
 中村 晨(投手)
 渡辺 健史(投手)

★大学1年生
 古谷 優人(投手)
 九鬼 隆平(捕手)
 三森 大貴(内野手)
 大本 将吾(外野手)
 長谷川 宙輝(投手)
 田城 飛翔(外野手)
 森山 孔介(内野手)
 清水 陸哉(外野手)
 松本 龍憲(内野手)

★打順
1 (遊)川瀬
2 (三)曽根
3 (左)幸山
4 (中)上林
5 (一)黒瀬
6 (二)古澤
7 (捕)栗原
8 (右)茶谷
9 (DH)谷川原

★先発
右投:松本・高橋・小澤
左投:笠谷・古谷

★控え
投手(右):東方・柿木・野沢・中村
投手(左):斎藤・山下・渡辺・長谷川
捕手:堀内・(谷川原)・九鬼
内野手:三森・森山・松本
外野手:大本・田城・清水

 かなりよくね? 上林世代がやや薄いので、翌年には更に良くなりそうな予感がします。

正式名称は「Nintendo Switch」 任天堂、据え置きとしても携帯型としても遊べる新型ゲーム機発表

 面白いコンセプトだけど起死回生の一発にはならないような気がします。インパクトがそんなにないかな?
 実際発売されてみないとわからないんですけどね。今のところはたぶん買わないだろうなあ。

|

« 軍隊化する企業 | トップページ | エニアグラム・コーチング »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軍隊化する企業 | トップページ | エニアグラム・コーチング »