« 感想:がんばらない成長論 | トップページ | ドラフト2016総括 »

2016年11月14日 (月)

感想:この世界の片隅に

 いい加減に生きようと思ったら、寝坊してしまいました。中庸というのができないなあ。

 トランプ氏が大統領選で勝利しました。どれだけヒラリーさんは嫌われているんだよ。普通にやったらヒラリーさんが勝つでしょ? 嫌われているから負けたとしか思えません。
 イギリスのEU離脱同様に、予想外のことが起きるものです。

 文春がラブライブ声優をターゲットにしたようです。本当に狙ってたんだ。嘘だと思っていました。どうせならLiSA側を狙った方が良かったんじゃないかなあ? もしくはラブライブ声優なら三森さんあたり。

 神宮大会は高校生の部が早稲田実業と履正社の決勝になった模様。やはりこの両校が強いのね。福大大濠が強いと思っていたけど、早実はそれ以上に強かった。
 大学生の部では、ロッテドラ1の桜美林・佐々木投手が非常に良いようですね。来年はロッテが手強そうです。

 野球やサッカーで日本代表の試合が行われていますが、どちらも若い選手が頑張る必要があるように思います。
 実績や名前だけで能力が下降線の選手が多いと弱いですよね。サッカーは特にその傾向が強いと思います。
 年齢制限してもよいのではないかな? オーバーエイジは3人とかで、サッカーだと基本30歳未満にするとか。野球だと33歳未満にするとかかな?

 エントロピック重力理論という理論を知って、ちょっと調べてみたけど面白いですね。重力は見かけの力かもしれない。
 熱力学を応用すると重力の公式を導き出せるらしいです。ニュートンやアインシュタインが破られるかもしれません。(ニュートンは3回目?)
 この理論が正しいと、ダークマターやダークエネルギーはないことになるかも。その方が自然かもしれませんね。当然グラビトンもないことになるんだろうなあ。


●感想:この世界の片隅に

 パンフレットを買おうとしたら売っていませんでした。いつか買って来よう。
 クラウドファンディングに参加すればよかったなあと思ったものの、そういう企画をやっていたのを知らなかったんですよね。『マイマイ新子』のファンですし、気持ちだけ受け取って欲しいかな?

 さて、感想です。

 原作を読んでいないのですが、原作をよく再現しているんだろうなと思います。それだけ原作も出来が良いのでしょう。

 映画としてもアニメとしても素晴らしいと思います。当時を知らないから予想でしかないのですが、よく調べているし、当時をよく再現しているのではないかな? すごく空気感が出ているように感じました。アニメキャラではなく血肉のあるキャラクターになっています。
 そういう意味で、主人公のすずさんはのん(能年玲奈)さんで良かったように思います。そこにいる感じがする。

 現代の『火垂るの墓』と言って良いのではないでしょうか? 『火垂るの墓』よりは個人的に好きです。嫌な気持ちになりにくいからかな?
 テーマは「生きる」ということじゃないかなあ? 戦争映画だけど、戦争とか平和とかそういうのではなく、「生きることは幸せですよ」と言っているように思えます。

 このアニメは戦争映画です。でも、半分は戦争の雰囲気がありません。実際そうだったんでしょう。終戦1年前ぐらいから、急激に緊迫感が増します。
 疎開が始まります。防空壕が作られます。焼夷弾が落ちます。人が死にます。これが戦争なんだとわかります。

 でも、人々は日常を生きています。戦争ですが、日常を生きています。淡々と日常が描写されます。
 
 絵を描くのが好きな人は感情移入できるのかもしれません。すずさんがよく絵を描いています。たぶん無意識に描いている。それが日常なんでしょう。
 すずさんは天然という感じなので、ADD要素がありますね。ぼんやりしている。でも、力強く生きている。私もこういう生き方をしないといけないのでしょうね。

 片渕須直監督の作風は好きだなあ。丁寧で力強くて、優しい。 

 アニオタとしては、MAPPA制作なんだなあと思いました。下請けとしてマッドハウスがあるのですね。当然丸山さんが企画ということになりますね。相当高齢だと思うのですが、丸山さんはすごく働きますね。

 とりあえず見て欲しい。多くの人に見て欲しい。テレビ局には、8月にテレビで放送して欲しい。見た人には『マイマイ新子』も見て欲しい。そんなところかな?
 しんみりするけど、ちょっと元気になれる映画だと思います。


「よく諦めなかったね」――高さ数メートルの“リアル恐竜”作り続けて13年、たった6人の制作企業の思いは

 着ぐるみでこの動きはすごいですね。イベントだけでなく映画でも使われそうです。従業員6人というのがまたすごいです。

来年1月にもロケット発射 堀江貴文さん創業の開発会社 成功なら民間の日本初に

 ホリエモンはここまでたどり着いたんですね。ロケットは有望だと思います。でも、デブリの問題が大きいですよね。10年以内に相当な問題となると予想します。

|

« 感想:がんばらない成長論 | トップページ | ドラフト2016総括 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:がんばらない成長論 | トップページ | ドラフト2016総括 »