« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

感想:土竜の唄 香港狂騒曲

 今年ももうすぐ終わります。今年は本当にきつかった。でも、収穫も多かった1年でした。心理学の本を大量に読んで、様々なことを知ることができたのが大きかったかな?

 やまや食堂って予想よりずっと美味しかったです。頻繁に行きたくなる。ちょっと高いけど、福岡出身者にとっては美味しいと感じる味かもしれません。

 年末を利用してようやく「SHIROBAKO」を見終わりました。井澤詩織さんがいることを知りました。ちなみにそんなに変な声には思えません。
 SHIROBAKOを見て、ブラック企業と生き甲斐は紙一重なんだろうなと強く感じました。
 アニメ業界の労働条件は正直ひどいと思います。でも、働いている人は楽しいんだろうなあ。生きれるなら楽しいんでしょうけど、そうじゃないと厳しい。その線引きが紙一重かなと。
 そういう業界だからこそ環境改善に取り組んで欲しいものですが、やっぱり難しいんだろうな。構造的な問題で構造改革が必要なんかね。

 帰省時に盛大に忘れ物。ADHDの性質とわかってるので、以前よりへこまなくなったかもしれません。思いっ切りパニック状態になるのは変わってないので、冷静に対処できるようになろう。

 発達障害者が集まる店に行こうと思ったけど、勇気がなくて断念しました。まずは集会に参加してみようと思います。やっぱり人嫌いなのかもなあ。

 では、良いお年を。


●感想:土竜の唄 香港狂騒曲

 土竜の唄は正直好きみたい。前作も好きでした。ひたすら馬鹿やってるのがいい。生田斗真さんの顔芸で全てを誤魔化せてる。ほとんど見てないと思うけど、三池監督の映画の中で一番好きかもしれません。
 宮藤官九郎さんの脚本で面白くなっているところもあるのかな? 無茶だけど収まりが良い感じです。ばっちこいと言ってればなんとかなる雰囲気があります。
 本田翼さんも菜々緒さんもなかなかに良い感じの演技でした。特に本田翼さんのドスの効いた演技は予想外。案外良い女優さんになれるのかも。

 本作が売れたらシリーズものになりそうな予感があります。気楽に笑える映画は必要だと思うし、日本人は極道者が好きだと思う。武士の生き様は極道っぽいんですよ。ヤクザのルールで武士の政治は成り立っている感じがします。そうなると日本人の根本に、極道ルールのが染み付いててもおかしくないかなあと。例えばワンピースって極道者じゃない?
 楽しく見れる映画だから、こういう邦画が増えるのは良いことだと思います。


○感想:ポッピンQ

 中学生が主人公のプリキュアだと思いました。
 トラウマを克服しようというテーマはいいんですが、SF用語が高校生っぽい。ちょっとプロっぽくないなあと感じました。もう一歩深い設定にできたら「まどかマギカ」っぽくなれたかもしれません。
 それとテーマと裏腹に、ダンスのためのアニメとなってたのが残念でした。本当にダンスである必要はあったのかな? どうしてもダンスアニメを作りたかったのかな? 強烈なダンスである必要性を見せて欲しかったです。盛大なホラでいいから。
 ダンスのレベルはまあまあ高かったと思います。でも取り立ててすごくはないかな?
 エンドロールのあとのおまけアニメは不要ではないでしょうか? 続編を作りたいのかなあ?
 黒星紅白さんはあまりアニメに恵まれてないのかな? ズヴィズダーも似たような企画倒れ感があったんだよなあ。キャラはかわいいのに。そんな感じの惜しいアニメです。

はちま起稿を買収したDMM、元管理人・清水氏ら主要メンバーを雇用しステマ関与か 取材に対し隠蔽工作も

 やはり企業が個人ブログを持つことがあるんだなあというニュースでした。
 今回判明したのは、DMMが2016年1月にはちま起稿を買収し、10月に売却したということです。DMMが10ヶ月はちま起稿を保有していたことになります。そして、現在はインサイトがはちま起稿を保有し、運営していると考えられます。

 さらに、山本一郎さんのtwitterで言及されていることも相当にグレー。コンサルで雇用しているということは一応社員になるのかな?

 このような行為の何が問題なのでしょうか?
 企業が個人サイトを装って、ステルスマーケティングやネガティブキャンペーンを行っているのが問題なんですね。企業が嘘をばらまいていることになるからです。
 恐らく、DeNAのキュレーション騒動が発端なのでしょうが、企業のコンプライアンスを問われる事態になった認識です。正直、法令がないので法令遵守を問うのはどうかとも思いますが、企業の規範として積極的に嘘をばらまくのは問題だよねということだろうと予想します。
 要するに、法律の整備が追いついてないけど、業界側が自主規制で問題を事前に防ぎましょうと動いているんじゃないかな。

 きっかけは大統領選かもしれません。大統領選のデマ情報をきっかけに、アメリカがネットのデマ情報を問題視し始めています。それが世界のデファクトスタンダードとなるかもしれません。
 敏感な企業がキュレーションを問題視したということだと思います。

 自分は問題視してたから、そりゃそうだよねとしか思えないけど、多くのネット企業や利用者にとっては煩わしいのかもしれません。
 週刊誌とか嘘が多いですもんね。嘘で成り立っている雑誌もありますし。そういう路線を狙うならば、嘘記事でもネットで生き残れるかもしれません。

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

感想:モンスターストライクTHE MOVIE

 サプリメントの話。
 このところ多少記憶を良くしようとDHAを毎朝飲んでいました。DHAってやっぱり魚臭いね(笑)。記憶力が良くなったのかはわからないけど、気持ち頭の回転が良くなった気はします。
 続いてナイアシンの話。ナイアシンというビタミンB2があります。500mg以上ナイアシンを摂取するとナイアシンフラッシュが起きるらしいのですが、さっぱり起きなかったんですよね。どうやらフラッシュを抑制しているナイアシンがあるらしい。それを飲んでいたから起きなかったようです。そこで別のナイアシンを購入して飲んでみたところ、ナイアシンフラッシュが起きました。全身が痒い(笑)。1g飲んだら痒いというより痛いです。
 様々なサプリを摂取しているのですが、効いているのかどうかがわかりません。効いているのかなあ?

 このところ毎年冬になると指先がひび割れて痛かったのですが、今年は起きていない! 理由をあれこれ考えているのですが、ひょっとしたら水虫かもしれないです。水虫が原因で指先が固くなりひび割れが起きたのでは?
 真菌を殺す薬や洗剤を買って手足をケアしていたから今年は平気なのかもしれません。気のせいかもしれないけど……。とにかく水虫は厄介ですね。お風呂場は綺麗にしておかないとカビが繁殖しますね。

 台湾で開催されたウィンターリーグが終了しました。
 日本からはイースタンとウエスタンの2チームが参加して、イースタンとウエスタンの決勝でした。その結果優勝したのはウエスタン。オリックスの吉田選手が異次元の活躍でした。この大会に出るような選手じゃないですわ。
 ホークスの選手は曽根選手が活躍していたかな? エラーが多かったのが残念ですが。古澤選手は後半調子が悪くなりましたね。逆に幸山選手は後半調子を上げた印象。
 島袋投手は準決勝と決勝でいまいちでした。児玉投手はランナーは出すのに0失点だったのかな? 不思議な投球だったようです。
 来年に向けて若手が育てば嬉しいですね。
 栗原捕手が期待値に届かなかったのが残念でした。来年は2軍の正捕手を掴み取ってほしいです。


●感想:モンスターストライクTHE MOVIE

 モンスターストライクのゲームは遊んだことがないはずです。それでも見てきました(笑)。
 デジモンのときも思ったけど、なぜ島根? そんなに島根が神秘的なのかな?

 テーマは「チームワーク」だったと思います。仲間を信じること。テーマに沿ってうまくまとまっていたように思います。
 タイムリープものでした。4年前に戻るのですが、うまくつじつまを合わせていたように思います。最近はタイムリープものが増えましたね。
 4年前ってスマホがなかったのかな? 2007年にiPhoneが生まれているから、すでに存在しているなあ。モンスターストライクがサービス開始したのが2013年なので、4年前というのはこちらなんでしょう。


○感想:げんきな日本論

 本当に読みたかったのは近代だったかもしれない。でも書かれていませんでした。江戸時代で終わっていました。
 本書で一番印象に残ったのは「イエ」制度の奇妙さですね。これまで考えたこともなかったけど、「イエ」制度って奇妙なんですね。養子でもいいので血縁ではない。それなのに「イエ」を守らなければならない。長男には職業選択の自由がない。
 天皇、将軍、大名、その家臣とイエの関係で成り立っている。人と人の関係ではなく、イエとイエの関係。何とも奇妙ですわ。
 海外だと「イエ」はないのかなあ? 日本独特の制度なのかもしれませんね。日本人の心に大きな影響を残してそうな気がします。
 たぶん自分は「イエ」を理解できていません。納得できていないということなのかな? 「イエ」のために生きて犠牲になるのは間違ってない?

ロナルドら鹿島を評価 クラブW杯、スペイン紙が談話掲載

 久々に面白いサッカーでした。鹿島アントラーズは善戦したけどもうちょっとうまくすれば勝てたんじゃね?
 審判が不可解な判定をしていたので、勝って欲しかったのが本音ですね。レッドカードが出て退場していたらどうなってたんだろう?

 ミドルシュートが好きなので、柴崎選手のシュートはすごく良かったです。ミドルシュートがないと守備にほころびが生まれないんだよなあと思っています。
 世界との差は、強烈なミドルシュートと浮いたボールを強く蹴る技術のように見えました。

「下請法」運用で新基準=中小の取引条件改善-公取委
アニメーション制作が下請法の適用対象例に追加されました
下請法の運用基準に関するパブコメについて(要点抜粋)

 アニメ業界が下請法の対象となるようです。アニメ制作とか契約がいい加減なので、法律を守るんだろうかという疑問があります。口約束が通じる業界と聞いたもんなあ。普通の業界だと契約書を取り交わすよね。
 結局のところアニメーターがどこまでこの法律を知っているのか、異常な状態の時に弁護士などに相談できるのかだろうと思います。
 これで改善するとは思えないけど、一歩前進したら良いですね。

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

感想:劇場版 艦これ

 婚活していたらナレーターの人がいて、ちょっとびっくり。その業界なら出会いはあるっしょ。まあ、うちの業界でも出会いはあるんですけどね。

 今年度は勉強になることが多いなあ。3度ほど凹んでるし、潰れかけたものの一応立ち直ってるし、凹むたびに勉強はしているようです。でも、凹みたくないなあと思ってしまうものです。だって、ほとんど鬱状態になるし、吐き気がするんだもの。
 それでも頑張らずにへらへら生きることに決めたので、それを目標にへらへらしようと思います。

 陽岱鋼選手は巨人移籍の可能性が高そうですね。巨人は本気だなあと思うけど、補強しすぎじゃね?


●感想:劇場版 艦これ

 TV版をあまり見ないまま劇場版を見てきました。
 劇場版の設定は公式設定なのかな? 輪廻転生っぽいけど、かなりダークな設定ですね。

 TV版で少しは慣れたものの、艦娘が海を疾走しているのがどうにもシュールです。ビジュアルだけなら圧倒的にアルペジオの方が好きだなあ。やはり艦船があって、キャラがいる方が見栄えが良いように思いました。

 監督の草川啓造さんらしさは存分に出ていたように思います。ファン向けアニメとしては佳作だろうと思います。
 絵も綺麗ですし、演出もかっこいい。でも、艦娘がシュール。ひたすらシュール。それを受け入れたら楽しめます。
 声優がひとり何役もやっているので、女性声優ファンは楽しめると思います。私のダメ絶対音感では全く聞き分けできませんね。原作の艦これで、いくつかの艦娘の声優を覚えてるので、何となく分かるかなあぐらいです。

 まあまあ面白かったけど、今年は強敵が多いので厳しいですよね。本当に面白いアニメ映画が多い年でした。さすがにもうないよね?


ソフトバンク・柳田が右ひじ再手術 WBCは辞退濃厚

 柳田選手が手術のようです。結局完治してなかったんですね。WBC辞退は残念ですが、完治して戻ってきてほしいです。

ホークス柳田再手術 球団が全面否定

 球団が否定しました。誤報なのかもしれません。でも、肘の状態は良くないのでしょうね。

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

ドラフト2016総括

 三年ほど七転八倒した答えは、「頑張らない」ってことなのかもしれません。執着で頑張ろうとするし我慢しようとする性質がある。だから、頑張らないようにした方が結果的に気持ちが穏やかに過ごせそうです。
 頑張ったってどうせ1割程度しか良くならないし、その分どこかでパフォーマンスが落ちるんだから、そんなに変わらないし意味がないのかもしれません。

 そして、ADHDなんだからミスが多いのは当然。それをどうこうするのではなく、ヘラヘラして生きるしかないんだろうなあと思うようになりました。周りの人は迷惑かもしれませんが、どうやってもミスが減る気配がないからしゃあないわ。ようやく本当の意味であきらめがつくようになってきました。ギブアップ。
 ヘラヘラして生きてる方がパフォーマンスが落ちないのなら、その方が周りの人にとってもメリットではないかなあ。ある意味、アドラー心理学の『課題の分離』なのかな?

 そう言えば、アスペルガーって『課題の分離』が苦手な気がしています。理由は、他人の課題が見えないから。人の良いアスペルガーは他人の課題を自分の課題と勘違いして引き受けちゃうんだろうな。私も境界線がわからないことにようやく気づきました。当然どう動いて良いものかわかりません(笑)。
 アスペルガーグレーゾーンは中途半端にわかるので、不安になるのかもしれません。グレーゾーンは「空気」に敏感らしいですし。
 ADHDは予期不安が強いらしいです。想像力の欠如のせいでしょう。
 ADHDでアスペルガーグレーゾーンだと相当に不安が強いことになります。やっぱり私のストレスは不安のようです。不安と戦う方法を身に着けないとなあ。

 手段を色々と知った上で、頑張らずにヘラヘラ生きる。これを目標にしようと思います。結構難しいけど、チャレンジしてみます。


●ドラフト2016総括

 野球太郎が発売されました。今回の野球太郎はあまり面白くなかったかな。企画がマンネリ化しているのと、もう少し下位指名や育成の選手の情報がほしいかも。

 さて、ドラフト総括です。
 点数をつけたあと、三森選手の評価が上がっています(笑)。4位は順位が高いかなと思っていたのですが、調べてみると4位はかなり妥当ですね。

 それでは、各雑誌などの評価を集めてみました。得津さんは東スポ、菊地さんはBaseball Crixです。

週ベ太郎小関yuki得津菊地せつな
日本ハム50点70点60~69点⇒60点85点BA76.56点
ソフトバンク100点95点90点⇒85点100点SS87.00点
ロッテ90点80点85点85点AAAAA82.50点
西武85点95点80点90点AAS76.67点
楽天70点65点60~69点⇒75点80点AAB68.89点
オリックス85点73点80点⇒85点100点AA73.67点
広島70点60点60~69点⇒55点80点BA66.19点
巨人50点70点60~69点⇒65点75点CB65.89点
DeNA65点73点60~69点⇒50点75点BAA72.56点
阪神85点55点60~69点⇒60点80点DC66.67点
ヤクルト69点75点70点⇒75点80点AAA73.57点
中日90点80点60~69点⇒70点90点AA87.14点

 他にも評価があったと思うので、見つけたら更新します。特に、小関さんの点数は雑誌が発売されたら更新します。
※更新しました(1/11)
 ソフトバンクはやはり点数が良い。他には、ロッテと西武は良いですね。セ・リーグでは中日とヤクルトが良い。オリックスの評価が大きく分かれています。
 私の点数は、日ハムが高すぎたのとヤクルトが低すぎたのかもしれません。他はそんなにおかしくないと思うんだけどどうかな。

 何年か前のドラフトの正誤を調査してみたいのですが、高卒がいるので5年以上は経過しないと見極めがつかないんですよね。点数と成績の相関をとればある程度は正誤がわかると思っています。成績をどうするのかというのが難しいのですが、独自指標を使用するつもりです。


他球団を引き離すのも必然か? 日本ハムとソフトバンクが磨き上げる育成システム

 この二球団は特徴的ですよね。

 量より質の日本ハム、質より量のソフトバンク。
 「高評価選手の指名」の日本ハム、「低評価選手の発掘」のソフトバンク。
 かなり対照的です。

 必然的に日本ハムはエリートが多くなり、ソフトバンクは高校生時代に甲子園大会に行けなかった選手が多くなります。大正義球団と思われるソフトバンクですが、選手は案外地味なんですよね。日本ハムの方が派手なので、テレビ局は日本ハムの方が好きだと思います。

 セ・リーグもDH制にしようという動きがあるようです。日本ハムとソフトバンクという強い二球団がパ・リーグということに危機感を持っているのかもしれません。特に巨人は危機感を強く持っていそうです。

映画「この世界の片隅に」製作プロセスの秘密

 東洋経済で『この世界の片隅に』の記事。ちょっと感動です。
 クラウドファンディングは、この記事にもあるように「サギ」っぽいところがありますよね。でも、信者なら大丈夫という。

 『マイマイ新子』の興行収入が明らかになっています。2873万8500円。少ない! それに500円単位。私が見た分も含まれているのでしょう。かなり良い映画だと思うんだけどなあ。
 『この世界の片隅に』が好きならば見て損はないと思います。監督の色がよく出ています。

 この記事にも書かれているように一部を削ったようですね。だから、機会があれば監督は完全版を作りたいそうです。完全版だともうちょっとわかりやすくなるのかもしれませんね。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »