« 感想:モンスターストライクTHE MOVIE | トップページ | 感想:傷物語 III冷血篇 »

2016年12月31日 (土)

感想:土竜の唄 香港狂騒曲

 今年ももうすぐ終わります。今年は本当にきつかった。でも、収穫も多かった1年でした。心理学の本を大量に読んで、様々なことを知ることができたのが大きかったかな?

 やまや食堂って予想よりずっと美味しかったです。頻繁に行きたくなる。ちょっと高いけど、福岡出身者にとっては美味しいと感じる味かもしれません。

 年末を利用してようやく「SHIROBAKO」を見終わりました。井澤詩織さんがいることを知りました。ちなみにそんなに変な声には思えません。
 SHIROBAKOを見て、ブラック企業と生き甲斐は紙一重なんだろうなと強く感じました。
 アニメ業界の労働条件は正直ひどいと思います。でも、働いている人は楽しいんだろうなあ。生きれるなら楽しいんでしょうけど、そうじゃないと厳しい。その線引きが紙一重かなと。
 そういう業界だからこそ環境改善に取り組んで欲しいものですが、やっぱり難しいんだろうな。構造的な問題で構造改革が必要なんかね。

 帰省時に盛大に忘れ物。ADHDの性質とわかってるので、以前よりへこまなくなったかもしれません。思いっ切りパニック状態になるのは変わってないので、冷静に対処できるようになろう。

 発達障害者が集まる店に行こうと思ったけど、勇気がなくて断念しました。まずは集会に参加してみようと思います。やっぱり人嫌いなのかもなあ。

 では、良いお年を。


●感想:土竜の唄 香港狂騒曲

 土竜の唄は正直好きみたい。前作も好きでした。ひたすら馬鹿やってるのがいい。生田斗真さんの顔芸で全てを誤魔化せてる。ほとんど見てないと思うけど、三池監督の映画の中で一番好きかもしれません。
 宮藤官九郎さんの脚本で面白くなっているところもあるのかな? 無茶だけど収まりが良い感じです。ばっちこいと言ってればなんとかなる雰囲気があります。
 本田翼さんも菜々緒さんもなかなかに良い感じの演技でした。特に本田翼さんのドスの効いた演技は予想外。案外良い女優さんになれるのかも。

 本作が売れたらシリーズものになりそうな予感があります。気楽に笑える映画は必要だと思うし、日本人は極道者が好きだと思う。武士の生き様は極道っぽいんですよ。ヤクザのルールで武士の政治は成り立っている感じがします。そうなると日本人の根本に、極道ルールのが染み付いててもおかしくないかなあと。例えばワンピースって極道者じゃない?
 楽しく見れる映画だから、こういう邦画が増えるのは良いことだと思います。


○感想:ポッピンQ

 中学生が主人公のプリキュアだと思いました。
 トラウマを克服しようというテーマはいいんですが、SF用語が高校生っぽい。ちょっとプロっぽくないなあと感じました。もう一歩深い設定にできたら「まどかマギカ」っぽくなれたかもしれません。
 それとテーマと裏腹に、ダンスのためのアニメとなってたのが残念でした。本当にダンスである必要はあったのかな? どうしてもダンスアニメを作りたかったのかな? 強烈なダンスである必要性を見せて欲しかったです。盛大なホラでいいから。
 ダンスのレベルはまあまあ高かったと思います。でも取り立ててすごくはないかな?
 エンドロールのあとのおまけアニメは不要ではないでしょうか? 続編を作りたいのかなあ?
 黒星紅白さんはあまりアニメに恵まれてないのかな? ズヴィズダーも似たような企画倒れ感があったんだよなあ。キャラはかわいいのに。そんな感じの惜しいアニメです。

はちま起稿を買収したDMM、元管理人・清水氏ら主要メンバーを雇用しステマ関与か 取材に対し隠蔽工作も

 やはり企業が個人ブログを持つことがあるんだなあというニュースでした。
 今回判明したのは、DMMが2016年1月にはちま起稿を買収し、10月に売却したということです。DMMが10ヶ月はちま起稿を保有していたことになります。そして、現在はインサイトがはちま起稿を保有し、運営していると考えられます。

 さらに、山本一郎さんのtwitterで言及されていることも相当にグレー。コンサルで雇用しているということは一応社員になるのかな?

 このような行為の何が問題なのでしょうか?
 企業が個人サイトを装って、ステルスマーケティングやネガティブキャンペーンを行っているのが問題なんですね。企業が嘘をばらまいていることになるからです。
 恐らく、DeNAのキュレーション騒動が発端なのでしょうが、企業のコンプライアンスを問われる事態になった認識です。正直、法令がないので法令遵守を問うのはどうかとも思いますが、企業の規範として積極的に嘘をばらまくのは問題だよねということだろうと予想します。
 要するに、法律の整備が追いついてないけど、業界側が自主規制で問題を事前に防ぎましょうと動いているんじゃないかな。

 きっかけは大統領選かもしれません。大統領選のデマ情報をきっかけに、アメリカがネットのデマ情報を問題視し始めています。それが世界のデファクトスタンダードとなるかもしれません。
 敏感な企業がキュレーションを問題視したということだと思います。

 自分は問題視してたから、そりゃそうだよねとしか思えないけど、多くのネット企業や利用者にとっては煩わしいのかもしれません。
 週刊誌とか嘘が多いですもんね。嘘で成り立っている雑誌もありますし。そういう路線を狙うならば、嘘記事でもネットで生き残れるかもしれません。

|

« 感想:モンスターストライクTHE MOVIE | トップページ | 感想:傷物語 III冷血篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感想:モンスターストライクTHE MOVIE | トップページ | 感想:傷物語 III冷血篇 »