« 稀勢の里初優勝 | トップページ | 感想:虐殺器官 »

2017年2月 5日 (日)

SEO対策

 私は発達障害でもちょっと特殊なのかもしれない。博士の愛した数式とか、掟上今日子とか、記憶がなくなるフィクションがあるじゃないですか? 何となくですがあんなのと近いんです(笑)。ただし、うっすらと記憶があります。だから、もう一度見るとわかります。
 これがADHDの短期記憶のなさかもしれません。徹底的に短期記憶がないことになります。
 しかし、過集中を使用すると記憶できます。逆に言えば、過集中を使用しないと覚えられない。この過集中が苦しいわけです。なんか悲しい能力ですわ。人並みに生活したければ苦しみを味わうことになります。
 学生時代、暗記する必要がある教科が嫌いだった理由が、今ならばよくわかります。ひたすらにきついからなあ。
 結局のところ、このきつい状態を定期的に自分に課しながら、生きていく方が良いようです。その方がいざというときに過集中を使えます。過集中を使ったあとに倒れなくてすみます。


キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い

 『BtoB マーケティング&セールス大全』という本を読んで、マーケティングとセールスが異なることがわかりました。
 BtoBにおけるマーケティングからセールスへの一連の流れがよく分かるので良書ではないかと思います。
 SEO対策はマーケティングのひとつの手法のようです。

 さて、SEOについてですが、結局は検索エンジンとのいたちごっこだろうと思います。Googleはキュレーションメディアを狙い撃ちするアルゴリズムをつくれるわけですが、当然それを回避する方法をコンテンツ作成者は編み出しますよね?
 1年ぐらいはキュレーションメディアの記事は検索しにくくなると思います。しかし、その後はどうなるのかわかりません。アルゴリズムを騙せる方法があるかもしれませんし。

 Googleが本気で対策したことには驚いています。「うそ・大げさ・紛らわしい」といったどこかで聞いたフレーズへの対応だろうと思います。
 しかし、キュレーションという言葉の印象が一気に悪くなりましたね。
 まとめサイトは非常に恣意的な抽出が行われているので、悪質なサイトも多いと思っていましたが、企業が運営するサイトの記事の悪質なものが多かったのは意外です。
 しかし、キュレーションに変わる言葉が生まれて、同じようなサイトが運営されることだろうと思います。まとめサイトも企業が運営する時代ですしね。


真の人月商売こそが受託開発産業を救う ― 請負契約ではITプロジェクトは失敗する

 このブログを読んで、ようやくスパイラル開発やアジャイル開発で行うべき契約がわかりました。スパイラル開発について研修で学習した時に、請負契約だと実現できなさそうに思えたんですよね。研修後ほとんど開発を行っていないので、ずっと宙に浮いたままだったのですが、SES契約ならアジャイルと相性が良さそうです。長年の疑問が氷解しました。
 「コンサルタントの秘密」も良さそうな本なので読んでみようと思います。人月なんて神話ですよねえ。見積もりが苦手なのもあるけど、人月とか意味ないじゃんと思いながら見積もるのがどうも苦痛です(笑)。

中日・吉見が「うちならエース」。SB石川柊太を激変させた6日間。

 石川投手の評価がうなぎのぼりのようです。
 「猫背型」と「反り腰型」と書かれていますが、4スタンス理論に近い考え方に思えます。体重がどこにかかっているのかによって、体の使い方が異なるってことですよね。
 球威と神スライダーがあるのですが、コントロールが課題でした。これをきっかけに、千賀投手のように活躍してほしいです。

ホークス期待の21歳「軽く振っても打球飛ぶ」 6、7割の力で柵越え連発

 去年は上林選手が期待されていましたが、今年は真砂選手が期待されそうです。しかし、上林選手は体重増加で長打力をつけたようです。上林選手は今年も期待されそうです。

|

« 稀勢の里初優勝 | トップページ | 感想:虐殺器官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稀勢の里初優勝 | トップページ | 感想:虐殺器官 »