« 藤井四段29連勝 | トップページ | 脳梗塞でした。 »

2017年7月10日 (月)

感想:メアリと魔女の花

 福岡県と大分県の大雨は凄まじかったですね。
 大雨特別警報が発令されたわけですが、「これまでに経験したことのないような大雨」と言われてピンと来なかったものの、実際にテレビで大雨を見ると比喩ではなく「これまでに経験したことのない大雨」でした。
 迅速な避難が生死を分けたようなので、そういう事態になったら迅速に避難したいです。


●感想:メアリと魔女の花

 今回はちょっとネタバレありで感想を書こうと思います。

 米林監督の過去作『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』よりも面白かったです。

 まず、ちょっとジブリの過去作品っぽさがあるように思いました。森に入るところはトトロっぽく、エンドア大学はラピュタっぽかったように思います。
 でも、それはマイナスになっていません。いい感じで調和しています。

 一番良かったのは、異世界への入り口がしっかり明示されていたことです。宮崎アニメではありがちですが、これって重要ですね。心がざわざわする感じを演出できています。
 次に良かったのは、今回はしっかりとクライマックスをつくれていたことです。米林監督はあまりクライマックスをつくりたくないのではないかなあと思っています。しかし、今回はクライマックスで大いに盛り上げようとしています。冒険譚なのでそういう演出は必要だろうと思いますし、成功していると感じました。
 私の好みですが、最後の花をあえて使わなかったのが好きです。手持ちのコマを使い切って終わる物語が多いので、あえて使わないというのが私の琴線に触れました。

 残念だったのは、米林監督らしい演出がわからないことですね。空を飛ぶ表現は、宮﨑駿監督に負けているように感じました。今後は米林演出を生み出してほしいです。

 声優ではメアリ役の杉咲花さんの声が非常に悠木碧さんに近いように感じました。『まどか☆マギカ』の鹿目まどかっぽい感じかなあ。要するにリアル震え声です。

 観客の入りは悪いようですが、そこはジブリブランドがないせいなのでしょう。米林ブランドをつくってほしいなと強く感じました。
 過去2作よりすんなり見れますよ。


○雑感

 ホークスは首位を奪還したものの、2日天下で終わってしまいました。最近好調だった今宮選手が腰痛ということで、いつ復帰できるのか心配です。

 文春がスクープを出すためか、声優さんの結婚報道などが相次いでいます。この傾向は個人的に嬉しいのですが、文春関係なく公表してほしいんだけどどうなんでしょう?
 特に、声優同士の結婚で一方だけ公表するとか、結婚を公表したのに離婚を公表しないとか、むず痒いからやめてほしいです。都合良く公表したいのはわかるけど、納得いかないんですよ。

 発達障害の当事者会の影響を受けて、発達障害について資料を作成しています。
 しかし、相当に難しいですね。言いたいことがまとまりません。毎度思うけど、こういう作業が苦手です。
 ぼちぼち作って、いつか公表できたらいいなあと思っています。

 藤井四段は29連勝で終わってしまいましたが、その後の順位戦で打ち歩詰め反則を利用して勝つという、中学生にあるまじき強さを見せたのが驚きです。打ち歩詰めってこんなに利用できるんですね。

|

« 藤井四段29連勝 | トップページ | 脳梗塞でした。 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤井四段29連勝 | トップページ | 脳梗塞でした。 »