« 羽生竜王、名人戦へ | トップページ | ポイズン »

2018年3月26日 (月)

AnimeJapan 2018

 結局、ラガービールが嫌いで、エールビールが好きなだけなことに気付いてきました。好きなビールを考えるとそういうことらしい。エールと書かれているビールの当たり率が高すぎます。上面発酵がエールで、下面発酵がラガーなのね。


AnimeJapan 2018

 毎年恒例のアニメジャパンに参加してきました。
 毎年行けないかなあと思うのですが、運良く行けるんですよね。サボっているだけなのかな? ヲタ活ファースト!

 今回は、イベント抽選を忘れておりまして、何のイベントも見ておりません。時間を気にしなくて良いから、この方がいいのかもなあ。

 目的のりゅうおうグッズは購入できました! アトレ秋葉原でも買っているしね。久々に散財ですね。
 その他は、いわゆる「萌えるゴミ」の購入。萌えるんですけど、結局ゴミなんですよ。わかっているけど購入欲を抑えられません。部屋がモノで溢れています。

 さて、今年のアニメの傾向を見るに、懐かしいアニメが復活していますね。『キャプテン翼』『銀河英雄伝説』『キューティーハニー 』『ゲゲゲの鬼太郎』『ルパン三世』あたりです。
 キャラクターデザインを見るに、そんなに悪くないですね。話数が少なかったりするので、そのあたりはシリーズ構成の腕の見せ所なのかな?

2018春アニメ一覧

 春アニメは『ひそねとまそたん』『されど罪人は竜と踊る』『若おかみは小学生!』『ラストピリオド』『グラゼニ』『こみっくがーるず』あたりが気になります。

 気になるアニメが多いので、「豊作じゃないかな?」と予想しています。ただし、人気作が多いと作画面で疲弊しそうなのが心配です。
 そして、そもそもそんなに多くのアニメを見られません。そんな状態じゃなくなりました。取捨選択が難しいです。

 他には、『レヴュースタァライト』『BANANA FISH』『色づく世界の明日から』が気になりました。
 『レヴュースタァライト』はめちゃくちゃ宝塚歌劇団でウテナっぽいです(笑)。
 このあたりを総合しても、昨年、一昨年よりも良いアニメが準備されているように見えます。

 「ビリビリ動画」などの中国企業が頑張っていたように思います。キャラクターも洗練されてきているように感じました。コミックス・ウェーブの『詩季織々』も中国人監督がいますしね。

 また、BSフジが「アニメギルド」という枠をつくったのと、博報堂が「MaP(ミュージック&ピクチャーズ)」になったのが大きいのかなあ?
 そして、ソニーの音楽レーベルは「SACRA MUSIC」なんですね。ようやく認知しました。藍井エイルさんが復活していますね。

 2018年はテレビアニメが盛り上がる年になりそうな予感がします。


川崎宗則、ソフトバンク退団へ このまま引退の可能性

 「心の病気ではないか?」と予想されていたので、半分くらいは予想通りですね。
 ご自愛していただいて、健康な状態に戻れたらいいなと思います。二塁手は何とかなりそうですしね。

ソフトバンク育成捕手堀内、支配下登録&開幕1軍も

 投手の支配下の噂はありましたが、主力捕手の怪我によって大外からまくった印象です。
 存分に活躍してほしいものです。

日本ハム、新球場は北広島市に=2023年開業へ

 ついに決定しました。2023年ということは5年後ですね。楽しみです。札幌市はどうするんだろうなあ?
 かつてライオンズを失った福岡市のようです。あのときも市は冷たかったらしいんだよね。

藤井六段はモンスター級!詰将棋選手権全問正解V4

 詰将棋解答選手権四連覇らしいです。それも全問正解。

 先日の糸谷八段戦を私は読み間違っていたらしく、間違いに気づいて「ヤバイ」を連呼していました。
 藤井六段はもはや「すごい」じゃなく、「ヤバイ」です。

 まず、糸谷八段は強い棋士です。元竜王で、次期A級棋士です。恐らく、上位10人には入ると思います。
 間違っていたのは、2点ありました。「藤井六段と糸谷八段の読みが噛み合っていた」という間違いと、「楽しく感想戦をしていた」という間違いです。

 糸谷八段は強い棋士ですが、藤井六段に完封負けしました。糸谷八段が指さなかっただけですが、糸谷八段は王手していません。
 そして、読みが噛み合っていて、早指しの応酬だと思っていたのですが、そうではありませんでした。藤井六段の読みが勝っていたのです。藤井六段は詰みまで読んでいて、糸谷八段は読んでいませんでした。その結果、早指しの応酬のあと、そこで気付いたのでしょう、糸谷八段の手が止まるわけです。
 にわかには信じられませんが、藤井六段は完全にA級棋士の読みを凌駕しています。

 さらに、楽しく見えた感想戦でしたが、実は糸谷八段はそこで藤井六段に負けています。3回負けたという話もあるようです。
 「糸谷八段は△6五桂が詰めろだと言い、藤井六段は詰めろではないと言う」「糸谷八段は▲2六桂で先手勝ちと言い、藤井六段は先手勝ちではなく△4三歩で詰むと言う」──楽しく見えた感想戦をよく聞くとこういう攻防があったようです。よくわからん。
 糸谷八段は早見えと言われていましたが、実は読みが浅いだけなんじゃないか疑惑が生まれたようです。むしろ、藤井六段の読みが深すぎるんでしょうけどね。
 恐らくですが、家に持ち帰って研究して、糸谷八段はもう1度負けているのではないかと思います。
 『りゅうおうのおしごと!』であいちゃんが杓子巴女流二段相手に二度負かすシーンがありますが、この対局では2度どころではなく、4~5度負かしている計算になります。ほとんど指導対局みたいなものです。

 そもそも、藤井六段の勝率が8割を超えていることで気付くべきでした。
 女流棋士はプロ棋士に2割も勝てないらしいです。逆に言えば、プロ棋士は女流棋士相手に8割以上勝っています。
 8割という数字でわかりますよね。プロ棋士と女流棋士の棋力の差と、藤井六段とプロ棋士の棋力の差が同じということに。
 里見さんが三段ですし、女流棋士はアマチュア上位者と同じ棋力でしょう。アマ名人は名人と角落ちで記念対局をするようです。そういう棋力の差があるわけです。『りゅうおうのおしごと!』11話で、八一が姉弟子にひどい言葉を投げかけますが、これが現実というわけです。
 そして、プロ棋士と女流棋士の棋力の差と、藤井六段とプロ棋士の棋力の差が同じということは、藤井六段が糸谷八段相手に指導対局のようなことをしたことと整合性がとれてしまいます。

 要するに、藤井六段は次元が違う。A級のさらに上にいるのではないか?という疑念がわいてきて、半分確信に変わるわけです。藤井六段は「バケモノ」だと。
 ようやくこのことに気づき、週末に「ヤバイ」を連呼していました。だから、藤井六段への応援の必要はなく、ただ見ていればいいんだろうなと思います。
 いやあ、現実って怖いですね。糸谷八段が壊れてなければいいなあ。

「魔術士オーフェンはぐれ旅」TVアニメ化企画始動、来年シリーズ生誕25周年

 冗談で噂してたら本当に実現しますね。原作通り作ってくれないものかなあ。

○雑感

 『りゅうおうのおしごと!』8巻を読み返して、ようやく天ちゃんが供御飯さんと対局することがわかりました。そう言えば、7巻で月夜見坂さんに勝っていましたね。天ちゃん強いですね。8巻の感想戦を読む限り、供御飯さんにも勝ちそうだもんなあ。あいちゃんと差が開くなあ。
 8巻のあとに5巻の観戦記を読むと感慨深かったです。供御飯さんさんの想いを非常に感じられました。

 最近詰将棋を始めてみましたが、これってADHDに効果あったりしないかなあ? 少なくとも脳内将棋盤に記憶する練習になると思います。

 だいぶ仕事が減ってきたので、再びディープラーニングの勉強をしようかなあと思っています。ちょっとやる気をなくしてたんですよね。やって何になるんだろうという思いがあって……

 冬アニメは豊作だったので、落穂拾いをしたいなあ。少なくとも「よりもい」は見たい。その前に、過去のアニメで見逃しているのを見ないとなあ。Reゼロとプリプリは途中までしか見てないし。

 ARの他にMRというのがあるらしい。「複合現実」ですね。この技術はARよりも実用性が高いかもしれません。実在のものを仮想現実に表示できるから、シミュレーションとして役立ちますよね。

 センバツが始まりました。ベスト8を予想するだけで非常に難しいんですよね。ドラフト注目の選手が多く出場するので、あまり余裕はないですがどういう選手がいるのかチェックしたいです。

|

« 羽生竜王、名人戦へ | トップページ | ポイズン »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

せつなさん

プロ野球も開幕しましたので、今年のせつなさんの順位予想をお願い致します‼️

投稿: ダメ人間 | 2018年4月 2日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 羽生竜王、名人戦へ | トップページ | ポイズン »