« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月21日 (月)

藤井七段

 週末にイベントが目白押しで、さっそくあわあわしています。予定を入れるのがひたすら弱い。弱すぎる。


15歳・藤井七段が誕生 将棋、61年ぶり最年少記録

 藤井六段がついに七段になりました。
 負けるかもしれないなあと思っていましたが、あっさり勝って七段に。やっぱり強すぎません?

 船江六段が先手で、藤井六段が後手でした。
 先手の船江六段の研究手順で手が進みますが、藤井六段の4五角打で恐らく研究から外れたのではないかと思います。通常は5四角らしいんですよね。違いがそこまでわかっていませんが、より攻撃にも守備にも効いているのかもしれません。

 その後、2八銀打などが効果的で、次第に藤井六段が優位を築きます。船江六段も6六香打という反撃を見せますが、最終的に藤井六段が押し切った一局でした。
 感想戦で藤井七段が指摘していましたが、実はまだ難しい手順があったようです。

 最近の藤井七段は、居玉(玉を動かさない)で戦うことが多いように思います。本局も居玉でした。居玉なのに金銀はいつの間にか美濃囲いとなり、その後高美濃囲いに発展していました。この囲いが、玉の逃げ道となって、船江六段が攻めようとしても「玉が広い」と言われる状態になっていたように思います。

 薄い玉形で戦うというのは、『りゅうおうのおしごと』の八一のようですね。八一は先手で相掛かり、後手で一手損角換わりを得意としており、藤井七段とは少々異なりますが。
 ただし、藤井七段も角換わりが得意なので、そこは少しだけ近いのかもしれません。(一手損角換わりと通常の角換わりはかなり違うらしいですが)

 そして、居玉と言えば「藤井システム」でしょう。しかし、藤井七段は振り飛車党ではありません。完全に居飛車党です。ひょっとすると、居飛車の「藤井システム」が誕生するのかもしれません。というか、誕生してほしいなあ。


「藤井聡太」が2手目を変えない戦略と情報選択

 後手番の第1手に必ず飛車先の歩を突いているというのは流石によく調べられているなあと思いました。100%なんですね。
 戦法を限定することで勝率を高めているというのは面白い分析です。

 オールラウンダーの羽生竜王とは真逆ですね。今後もこの戦法を続けるのか注目したいです。

羽生竜王、休憩後に1手も指さず投了 名人戦2勝2敗に

 地元福岡で勝てて良かったですね。佐藤名人。
 横歩取りは佐藤名人の得意戦法なので、それを潰されなくてよかったなあと思います。
 しかし、この名人戦は先手ばかり勝っていますね。このまま先手が勝ち続けると、第七戦までもつれ込むのでしょうか? 楽しみでもあり、後手に勝ってほしかったりもします。

藤井七段、年度内の八段昇段可能性広がる 将棋連盟が昇段規定を一部改訂

 これでわかりやすくなりましたね。
 名人戦と竜王戦以外のタイトルを獲得すると七段ですし、タイトル三期で九段です。しかし、実は八段ではない場合にタイトルを三期獲得しても九段になれないらしいのです。飛び段禁止?
 でも、タイトル二期で八段という規定ができると、タイトル三期獲得で必ず九段になれます。非常にわかりやすい!
 正直なところ、藤井七段以外の騎士の方が恩恵を受けるのではないかと予想しています。

間悠亜君、プロ絶賛の将棋センス

 小学生名人戦を見たら楽しかったです。非常に勉強になりますね。
 間君は詰み筋を読むのも正確で速いですし、玉を引くタイミングとか受け将棋の棋風で面白い存在だなあと思いました。
 今後奨励会に進み、プロまでの長い修行が始まるようですが、無事にプロになれるかな? 小学生名人でもプロになれない人もいるようなので、今後の研鑽が重要なのだろうと思います。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

感想:誤解だらけの人工知能

 自分の専門分野を「教養」とか「常識」とか言ってしまう本が嫌いです(笑)。ちょっとイラッとしていまします。


●感想:誤解だらけの人工知能

 久々にクリティカルヒットした本でした。
 私がモヤモヤしていたところを的確に突いています。

 そもそも「人工知能」がバズワードすぎるんですよね。だから、非常にわかりにくい。人によって捉え方が違いすぎる。
 「2018年現時点では、人工知能とはディープラーニングである」と言い切れる本書は明快です。

 データ分析も人工知能っぽく振る舞えたりするじゃないですか? 一昔前の「ルールベースの人工知能」も人工知能ですし、将来的な「強い人工知能」も人工知能。こんな状況では何が人工知能なのかわかりませんよね。

 「現時点では人工知能とはディープラーニングである」という言い切りは正しいように思います。それ以外は、「ルールベースの人工知能」とか「強い人工知能」などのように修飾する言葉が必要です。

 本書の優れている点はいくつかあります。
 最も優れているのは、人工知能についてわかりやすく具体的に書かれていることでしょう。わかりやすいけど抽象的な本と技術的に難しい具体的な本はあります。しかし、わかりやすくて具体的な本が非常に少ない。ここに着目して書かれているのが素晴らしいです。

 次に、ディープラーニングの得意なことと苦手なことがバランス良く書かれているのが素晴らしいです。バランスが悪い本が多いと思うんですよね。
 得意なことは、「特徴の捉え方がうまい」「特徴量の多い高次元のデータを扱える」「過学習を起こさない」「既存の手法と組み合わせられる柔軟性がある」です。
 苦手なことは、「データとして表現できないものを人間のように読み取れない」「意味を理解できない」「名詞は認識できるが動詞を理解できない」「判断の理由を提示できない」です。

 人工知能にとってディープラーニングは「目の獲得」であるとしている点についても、私は同調します。ディープラーニングは画像に強いという印象があります。画像は視覚情報です。従って、ディープラーニングによる画像の分類手法を「目の獲得」と表現することは的を射ているように思います。

 もうひとつ初耳だったのが、人工知能のデータ管理としてブロックチェーンを使用できることと、ブロックチェーンの分野では日本が最先端を走っているということですね。やはりブロックチェーンも知る必要があるんだなと思い知らされました。

 最後に、「ベーシックインカム」と「信用社会」についての言及があることが素晴らしいです。
 特に、人工知能を語るうえで「ベーシックインカム」は避けられないと思うんですよね。人工知能が仕事を奪うわけですから。
 機械化によってブルーカラーの仕事が奪われましたが、人工知能によってホワイトカラーの仕事が奪われるわけです。
 そうなると働かない社会を構築する必要が生まれます。そのとき登場するのが「ベーシックインカム」なんですけど、恐らく日本だと難しいよなあと考えています。「働かざる者、食うべからず」の国ですもの。

 日本では「ベーシックインカム」が導入されない予想に立つと、人工知能を勉強して、人工知能を作る側にまわるのが利口なのかなあと思っています。


○感想:壬申の乱と関ヶ原の戦い

 呉座勇一さんの『応仁の乱』への言及が多く、呉座さんのことを快く思っていないようです(笑)。
 それでも、『応仁の乱』よりも楽しく読めました。『応仁の乱』はちょっとわかりにくかったです。
 本書では戦術上の勝利条件が示されているのが非常にわかりやすかったです。目的を達成できたら勝ちで、達成できなかったら負け。
 江戸幕府の成立を1600年とすべきだという主張は、鎌倉幕府や室町幕府を考えるとその通りのように思います。

 関東関西の関所の位置が江戸時代に変わった(中心地が東に移った)という主張が面白かったです。鎌倉時代でも鎌倉は田舎と見られていたんだろうなあ。

第3期叡王戦 決勝七番勝負 第2局 観戦エッセイ

 叡王戦第2局の観戦エッセイです。
 将棋とサッカーって相性が良いのかな? サッカー用語の例えが非常にわかりやすいように思いました。(野球で例えるよりもずっとわかりやすい)
 深浦九段はサッカーも詳しいのですね。深浦九段の例えが秀逸なのかもしれません。

 将棋を知らない人の観戦エッセイということで、棋士の振る舞いを知りました。高見六段が自陣と敵陣をじっと見比べているところなどは、鈴木さんならではの着眼点だと思います。本人も初めて気付いたんじゃないかな?

○雑感

 叡王戦第3局は千日手でした。金井六段が優勢だったのですけど、千日手を選択したらしいです。秒読みの魔力なのでしょうか?
 指し直し局では高見六段が勝利。三連勝となってしまいました。金井六段としては悔いが残る対局だったのではないかと思います。
 三連敗後の四連勝という奇跡が起きるのかに注目したいです。

 心理学を学習しようと思ったのですが、想像以上に難しいです。ちょっと休憩しようかなあ? もうちょっと背景を知ってから学習した方が良さそうです。知らないことが多すぎますね。

 将棋を見ながら人工知能を学習していると、将棋ソフトを作りたくなってきます(笑)。もしくは、シャドウバースをやりながら人工知能を学習していると、カードゲームを作りたくなる。
 これまでのパターンで言えば結局作りません。途中で飽きるんですよね。
 いずれ人工知能を本格的に学習したいのですが、何か手軽に扱えるテーマがないものかなあと探しています。

 最近アニメを見れていないので、過去のアニメから消化していこうと思います。何を見るかなあ?

 キズナアイさんの声優は春日望さんではないかという疑惑があります。斎藤桃子さんではないということなのかな?

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

感想:リズと青い鳥

 『りゅうおうのおしごと!』のイベントで、1巻購入特典のイベント参加申し込みは行ったものの、そのチケットを取りに行くのを忘れてたら、どうやら期限切れになったらしいです。マジでショックなんですけど。


●感想:リズと青い鳥

 GWは帰省しましたが、その時にこの映画を見てきました。

 予告を見たときも思ったのですが、実際に映画を見て再び思いました。この映画ってユーフォニアムじゃん。

 ということで、『響け!ユーフォニアム』の続編です。鎧塚みぞれと傘木希美のダブル主人公です。
 女性向けの百合アニメまたはレズアニメだと感じました。
 男が考える百合ではないように思います。説明しにくいのですが、もっと女性的に感じました。

 『リズと青い鳥』という童話があり、その童話もリズともうひとりの少女の百合物語です。その童話と現実のふたりを重ね合わせて物語が進行します。

 現実の北宇治高校吹奏楽部のシーンの合間に、童話『リズと青い鳥』のシーンがはさまっており、交互に歌っているようでした。
 童話のシーンは非常に絵本的に感じました。かなり力を入れたんだろうなあ。技術的に非常に難しそうという印象です。背景は省略されており、キャラは非常に頭身が高くなっています。つながっていない線も多かったように思います。キャラの色も工夫されていたように感じました。手法としては、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』に近い感じです。

 みぞれ役の種﨑敦美さんと希美役の東山奈央さんの本気の演技を堪能できます。おふたりにとっても思い入れが深いのではないかと思えました。
 また、リズ役は本田望結さんでした。そして、実は一人二役らしいので、他に誰の役をやっているのか楽しみにするのも良いかと思います。

 ユーフォニアムとして見ると、ひょっとすると物足りないのかもしれません。ユーフォニアムらしさは少ないように思いました。しかし、別の作品として見ると、実に良くまとまっていたように思います。
 百合やレズなので、大ヒットは難しそうだなあと思います。こういう映画って他人にすすめにくい。
 好きな人にとってはすごく好きな映画になる要素が多いです。どちらかに共感できたらなおさらのめり込むでしょう。
 童話と現実の交差も綺麗なので、抵抗がない方は見てみるのも良いかなあと思います。


弟子・藤井聡太の学び方

 知っている話も多かったですが、楽しく読めました。杉本七段が師匠で良かったのかもしれませんね。

 最も気になったのは、藤井六段が角と桂馬の使い方がうまいということです。
 桂馬の使い方がうまいのは、私でもすぐにわかりました。29連勝中には気付いていたと思います。
 しかし、角の使い方がうまいのには、私は気付けていませんでした。藤井六段の得意戦法は角換わりです。従って、持ち駒に角があることが多いわけです。この持ち駒の角の使い方が非常にうまいように思います。
 適切なタイミングで適切な位置に角を打ち込む。これが藤井六段の中盤の強さの秘密なのかもしれません。

 今後ますます強くなると思いますので、角と桂馬に注意しながら、見ていきたいと思います。

○カードゲーム

 『シャドウバース』で遊んでいると、カードゲームを作りたくなってしまいます。
 しかし、どうせ作らないので、かつて健闘したカードゲームの基本的なルールを列挙したいと思います。

 ・火(Fire)・水(Water)・空気(Air)・大地(Earth)の4元素と混沌(Chaos)の全部で5種類の属性
 ・コストは火・水・空気・大地と混沌に加えて、無属性も使用できる
 ・火・水・空気・大地と混沌は無属性コストとしても使用できる
 ・場のモンスターをタップすると、その属性のコストを出せる
 ・手札を1枚捨てると無属性のコストを出せる
 ・1デッキ50枚で、同一カードは最大3枚までとする
 ・デッキの枚数が本体のライフで、デッキが0枚になった瞬間に負けとなる
 ・MtGのタフネスではなく、ライフを採用して、ダメージは次のターンに持ち越す
 ・MtG同様に場にモンスターを召喚したターンは攻撃できない
 ・防御力を強くしたいので、アンタップフェーズはターンエンド前とする
 ・MtG同様に、モンスターには歩行と飛行があり、歩行モンスターは飛行モンスターを防御できない
 ・場に出せるカード枚数は、モンスターカードは最大5枚、フィールドカードは最大3枚
 ・エンチャントワールドを少しゆるく採用して、同一ユーザは場に同じカードを出せない
 ・同じターンに同一カードを使えない

 このあたりまでは考えたのですが、さっぱり作れていません。ゲーム作りって難しいですね。
 他にはMtGのプロテクションよりもゆるい、相性のようなものも採用しようかと検討していました。

○若手棋士

 藤井六段が異次元の強さだとわかってきて、興味が若手棋士に移行しています。23~25歳に魅力的な棋士が多い感じがしますね。

永瀬拓矢七段25歳第87期棋聖戦の挑戦者
高見泰地六段24歳第3期叡王戦の挑戦者(熱戦中)
澤田真吾六段26歳藤井六段28連勝目の相手棋士
佐々木勇気六段23歳藤井六段の連勝を止めた相手棋士
横歩取りの戦型で勇気流を考案
千田翔太六段24歳AI将棋を普及した棋士のひとり
第42期棋王戦の挑戦者
阿部光瑠六段23歳第45期新人王戦で優勝
都成竜馬五段28歳第44期新人王戦で優勝
増田康宏五段20歳藤井六段29連勝目の相手棋士
第46期新人王戦と第47期新人王戦で優勝
「矢倉は終わった」発言が有名
大橋貴洸四段25歳2017年度勝率2位(1位が藤井六段)

 都成五段が28歳で増田五段が20歳なので、少し世代が違うように思いますが、共に楽しみな棋士だと思います。
 また、高見六段と増田五段の顔が似ていると話題です。

 そして、伊藤匠三段(奨励会三段なのでプロ棋士ではない)は、藤井六段と同世代ということで楽しみな棋士です。
 十代のプロ棋士としては、齋藤明日斗四段がいますね。藤井六段の次に若いプロ棋士です。(昨年度は増田五段が藤井六段の次に若い棋士でした)

○雑感

 GWに実家に帰省したところ風邪をひいてしまいました。のどが痛いです。

 GW中に心理学の歴史を学習したいと思ったのですが、予想よりずっと難しいですね。教科書や参考書のようなもので学習したいです。

 ようやく人工知能に関する資料作成を始めました。人工知能の中に機械学習があり、機械学習のひとつがディープラーニングのようです。多少は理解が進みました。

 名人戦第三局は羽生竜王の勝利でした。竜王・名人が誕生してしまうのでしょうか?

 内川選手がようやく2000安打を達成しました。ちょっと時間がかかりすぎでは? プレッシャーから解放されたので、今後は大いに打ってほしいものです。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »