« 社会人の抱える問題など | トップページ | 感想:ペンギン・ハイウェイ »

2018年8月27日 (月)

感想:朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論

 ついに腕時計のベルトを交換しました。純正のベルトに交換しようかと検討したものの、あまりにも時間がかかりすぎるので防水のベルトに交換しました。質感はいまいちですが長持ちしそうな気はします。


●感想:朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論

 本書に関しては、良い点と悪い点が共存していて、評価が難しいように思います。

 まず、良い点から。
 「デモクラシー」を「民主主義」ではなく「民主政」だとしているのは、正しいように思います。確かに「主義」ではないですよね。
 政治思想を「自由主義」「平等主義」「共同体主義」「功利主義」と大きく4種類に分類している点は非常に有意義に思えます。そのうえで、「平等主義者」を「リベラル」、「自由主義者」を「リバタリアン」と定義しているのがわかりやすいです。
 恐らく、本書では共同体主義者(コミュタリアン)の右派を「ドメスティックス」と表現しており、「ドメスティックス」は国内では強いものの、グローバルにつながることがないので国際社会では弱くなるというのは的を射ています。
 安倍一強の理由も「リベラル」「ネオリベ」「保守」「ネトウヨ」の使い分けと明確に記載されており、なるほどと納得できます。

 しかし、素直に絶賛できないところがあるわけです。
 では、悪い点についてです。
 私は、本書の近い価値観ですが、政治に興味がある人の多くは、政治思想の分類に興味がないように思います。従って、「朝日好き」にも「朝日嫌い」にも刺さらない可能性が非常に高いです。反発だけあって、それで終わってしまうもったいなさがあります。
 そして、最も気になるのは、4種類に分類しているにもかかわらず、「保守」と「リベラル」に集約させてしまっていることです。「保守」と「リベラル」という分類への態度がわかりません。「保守」と「リベラル」から4種類の分類へ移行してくれたら、素直に絶賛していたように思います。

 ちなみに、私自身は共同体主義者(コミュタリアン)の左派ではないかなあと思います。

 本書は、野党党首に読んでいただきたいように思います。
 日本では多くの人が共同体主義者(コミュタリアン)である可能性があります。だから、口でリベラルと言っても、リベラルではなくコミュタリアン左派だったりするわけです(笑)。
 立憲民主党の枝野党首がそのあたりを理解している可能性があることを、本書は示唆しています。しかし、実際のところどうでしょうね?
 ちなみに自民党はコミュタリアン右派なのだろうと思います。「リベラル」「リバタリアン」「功利主義者」は少数派なのかなあ?
 リベラル的な政策よりも、コミュタリアン左派的な政策を全面に押し出せば、今よりも支持を得られるのではないかと思います。


○感想:ミライの未来

 事前情報を仕入れていて良かったです。面白くないですね。オムニバスっぽくて、ストーリーの山がないです。『となりの山田くん』を見たときの感覚と似ているかもしれません。
 そして、『となりの山田くん』ほど技術的なすごさがないので、かなりつまらないという感想になってしまいます。

 細田監督は才能が枯れちゃったのかなあ?

 細田監督の魅力はかっこいい演出なんですよね。本作ではそれを感じませんでした。
 CGを多用していますが、それが技術的にすごいわけでもなく、タイムトラベルをしますがワクワクしない。家族をテーマにしているものの、キャラの距離感が近いわけでもない。
 原作と脚本は別の人の方が良い感じがしました。

 デジモンですごい才能だと感じたので、次は面白いアニメを作って欲しいものです。

○雑感

 夏の甲子園が終わりました。やっぱり大阪桐蔭が強かったですね。予想通りだけど、頭一つ抜けていたなあ。
 東北地方はまた優勝を逃しました。吉田投手は好投手ですがさすがに打たれますよね。次はドラフトの調査かなあ?

 恐らくブログに書き忘れているのですが、『蜘蛛ですが、なにか?』がアニメ化なのですね。蜘蛛なのは悠木碧さんかあ。ちょっとかわいい声を聞けるといいなと思います。

 『ペンギン・ハイウェイ』を見に行こうかなあ。アニメ映画は比較的見に行く主義。根性がなくなってテレビアニメを見れなくなっても映画は見ている方だと思います。

 『盤上のファンタジスタ』を購入してみたものの、私の棋力ではさっぱりわかりません。あっさり放置しています。もう少し棋力が上がらないと面白いと思えないのかもしれません。

 『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』を見ていて、藤井七段の強さは正確な「速度の把握」かもしれないなあと思いました。速度を正確に把握しているので、受けの手も的確なのかもしれません。

 まさか、ホークスが日ハムと西武に連勝するとは思っていませんでした。かなり面白くなったようには思います。ペナントレースはまだ終わっていませんね。グラシアス選手・松田選手・今宮選手の活躍は大きいです。

|

« 社会人の抱える問題など | トップページ | 感想:ペンギン・ハイウェイ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会人の抱える問題など | トップページ | 感想:ペンギン・ハイウェイ »