スポーツ

2018年1月15日 (月)

感想:りゅうおうのおしごと!

 藤井四段が佐藤天彦名人に勝ってしまったことが引き金となって、『りゅうおうのおしごと』を一気読みしてしまいました。


●感想:りゅうおうのおしごと!

 アニメが始まっている『りゅうおうのおしごと』を5巻まで読みました。恐らく5巻で第一部完だと思います。
 3巻と5巻で久しぶりにラノベで涙。良いライトノベルです。『ロウきゅーぶ!』は超えています。
 ライトノベルにしろ漫画にしろアニメにしろ、大抵主人公は少年少女です。従って、少年少女の葛藤は描かれます。『りゅうおうのおしごと』はそれに加えて大人の葛藤も描いています。それだけでポイントが高いように思います。
 『このライトノベルがすごい!』の1位だけはあるなあ。

 裏主人公は桂香さんだと思います。他の登場人物も大人の葛藤していますが、最も大人の葛藤が描かれているキャラクターです。私が涙したのも桂香さんの話でした。
 『りゅうおうのおしごと』は将棋の話です。そして、天才の話です。天才の中の超天才の話です。そんな話の中で、平凡な才能なのが桂香さんです。天才なのが姉弟子の銀子ちゃん。超天才なのが、主人公の八一と雛鶴あいちゃん。中間なのが夜叉神天衣ちゃんではないかと思います。

 登場人物の多くがかなり豆腐メンタルです。でも、読めば納得。命をかけて将棋しています。特に銀子ちゃんはかなりの豆腐メンタルだと思いますが、将棋では負けません。これだけの豆腐メンタルならば負けてもおかしくないんだけどなあ。

 五巻までかなり逆算された構成に思えます。登場人物もかなり計算されています。
 まず主人公の九頭竜八一。竜王です。名人と同格と言われている竜王です。
 昨年羽生さんが竜王となり永世七冠となりましたが、羽生さんがモデルと思われるキャラクターがラスボスで名人です。主人公と永世七冠をかけた戦いとなるのです。熱いです。だから、主人公は竜王なのだろうと思います。
 雛鶴あいちゃんは詰み将棋が得意です。それで思い出すのが、藤井聡太四段。モデルのひとりなのでしょう。
 ※創多くんという完全に藤井四段がモデルのキャラがいるようです。
 あいちゃんのライバルが夜叉神天衣ちゃん。こちらもあいちゃんと読みます。モデルはわかりませんが、ライバルがいることで将棋を奥深く描けているように思います。
 八一のライバルが神鍋歩夢。モデルは佐藤天彦名人なのかなあ? マントが似合うキャラクターです。
 そして、姉弟子の銀子ちゃん。銀子ちゃんの言う「将棋星人」が、ネット上で使用されている将棋星人よりも重いです。「頓死しろ!」と言いたくなります。
 最後に、桂香さん。師匠の娘です。25歳です。まだプロではありません。雛鶴あいちゃんや夜叉神天衣ちゃんと同じ土俵にいます。この理不尽さが『りゅうおうのおしごと』の醍醐味のように思います。

 作者は将棋が好きなのだと思います。しかし、あまり将棋が強くないのだろうと思います。私も弱い(観戦厨なのでかなり弱い)けど、私よりちょっと(と言ってもかなり)強いぐらい?
 棋譜はほとんど描写されていません。しかし、将棋指しの苦しみ、将棋への愛、天才と超天才、限界のその先、そのような様々なものが的確に描写されています。だから熱いんだと思います。
 昨今、文字を使って絵のようにするライトノベルが増えていますが、『りゅうおうのおしごと』も似たような描写があります。エヴァンゲリオンの影響なのかな? 同じ言葉の羅列が迫力を生んでいます。
 そういうのが嫌いな人は忌避するのでしょうが、それが正しいと思うぐらい、棋士の考えを表現できているのではないかと感じました。

 作者はライトノベル作家としては珍しく取材するようです。それもかなりしっかり取材しています。そして、桂香さんは作者の思いを最も代弁しているようです。作者は天才ではない。天才ではない者の苦しみがしっかり表現されています。
 最先端ライトノベルなのかもしれません。テクニックがある作家が本音をぶちまけたらすごい迫力になるのだなと感じました。
 アニメも非常に楽しみです。どのような演出になるのか興味がつきません。名人との竜王戦までやるのかな?


○野球データ

 どの年齢がピークなのか調査していますが、調査方法が非常に難しいです。どの指標を使うのが妥当なのかも手探りです。そして、年齢はLogをとるべきではないかという思いがあります。上に凸の2次方程式で近似しようかと思うのですが、その際に横軸を年齢にした場合とLog10(年齢)にした場合で比較したいです。
 そのためにまずは生年月日を入力しているのですが、非常に時間がかかります(笑)。こういうのも自動化できたらいいんだろうなあ。
 今のところ、予想より野手のピークが早く、投手のピークは遅いようです。要するに、投手と野手があまり変わらないみたいです。野手のピークも20歳代みたいなんですよね。

 2015~2017年のRCWINとRSWINを調査して、1位に必要な戦力、Aクラスに必要な戦力を検討しようと思います。
 1位になるために、RCWIN+RSWINが15以上は必要なようです。そして、Aクラスに入るために、RCWIN+RSWINが0あると良さそうです。
※RSWINの算出を間違っているかなと思って再計算してみましたが、RSAAが失点率を使用するので間違っていないようです。某サイトが間違っているんじゃあ。

☆2015年パ・リーグ成績

順位球団RCWINRSWIN合計
1位ソフトバンク7.178.5415.71
2位日本ハム2.35-2.060.29
3位ロッテ-2.21-0.71-2.92
4位西武6.32-1.764.56
5位オリックス-4.690.82-3.88
6位楽天-8.85-4.83-13.69

☆2016年パ・リーグ成績

順位球団RCWINRSWIN合計
1位日本ハム4.5111.2715.78
2位ソフトバンク3.2110.3313.55
3位ロッテ-2.71-0.60-3.31
4位西武4.54-5.25-0.71
5位楽天-3.52-8.65-12.17
6位オリックス-5.99-7.10-13.09

☆2017年パ・リーグ成績

順位球団RCWINRSWIN合計
1位ソフトバンク7.229.2416.46
2位西武8.990.799.79
3位楽天0.724.695.41
4位オリックス-2.62-2.95-5.57
5位日本ハム-5.35-3.15-8.50
6位ロッテ-8.87-8.62-17.49

 ソフトバンクは打力を落とさずに投手力を上げるという目標になりそうです。RSWINは2016年の方が良いので、投手力はもう少し良くなる可能性があります。そのためには武田投手の復活が必要になりそうです。
 西武は投手力が落ちるので、打力でどこまでカバーできるかにかかっています。パで最も高い打力ですが、山川選手が活躍することでさらに上がりそうです。しかし、野上投手(RSWIN:0.25)と牧田投手(RSWIN:1.06)が抜けるので、その分を若手投手陣でカバーできればRCWIN+RSWINを15以上に持っていけるのではないかと思います。鍵を握るのは髙橋光成投手かな?
 楽天は打力が弱いので、RCWINが5ぐらい欲しいですね。アマダー選手が2016年以上打てればそれも可能だと思います。投手力は良いのですが1年で10以上RSWINがよくなっているので反動が心配です。投手力がさらに向上すればRCWIN+RSWINを15以上も夢ではないでしょう。
 オリックスは改善傾向にあるもののRCWIN+RSWINがマイナスです。投打ともにさらなる向上が必要でしょう。山岡投手と若月捕手に期待したいです。
 日本ハムは投打ともに相当に落ちました。2016年ができすぎなのでしょうが、打力が落ちたのは痛そうです。大谷選手(RCWIN:1.90/RSWIN:0.25)と増井投手(RSWIN:0.90)が抜けるのは西武よりも厳しそうなので、近藤選手西川選手の頑張りが必須だろうと思います。
 ロッテも投打ともに相当に落ちました。優勝は狙いない位置だと思います。佐々木投手と唐川投手の頑張りに期待したいです。

人気声優・三森すずこと堂々の交際宣言 オカダの新たな誓い

 週刊文春が証拠を掴んだから、ブシロードがプロレスに強い東スポに情報を提供したのかもしれません。プロレスラーと声優という組み合わせの時代がついに到来ですか。
 野球選手やサッカー選手と声優という組み合わせの時代は来ないかなあ?

○雑感

 『サピエンス全史』を読んでいます。人類の罪を感じる本ですね。最近、この影響を受けた新書が登場しているように感じます。

 自分には嫉妬心がほとんどなくて、代わりにあるのが恐怖感なんだろうなあと思っています。置いていかれる恐怖感。そして、それが不安感に姿を変え、常に私自身を蝕んでいるんだろうなあと。
 でも、恐怖感や不安感がないと自分の場合は堕落するよなあというのも感じます。だって、嫉妬心がかなり薄いから。向上心がないから。好奇心しかないから。
 不安感はなくしたい。でも、本当になくしていいのだろうかという迷いがあるようです。豆腐メンタルだから、不安感はなくすべきなんでしょうけどね。不安感をなくして健全な向上心を手に入れる。それが必要なのでしょう。

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

キズナアイ

 株価が上がりすぎているように思うので、そろそろ調整が入ると予想して、売れる株式を整理しています。これ半分バブルじゃね?


キズナアイ

 バーチャルYouTuberってバーチャルアイドルの発展形ですよね。
 バーチャルアイドルの最初は(本当の最初ではないらしいですが)伊達杏子ですかね。ちょっとイマイチだった印象が強いです。
 その後に登場したのがテライユキでしょう。伊達杏子よりは良いけど、個人的にはあまり好みではありませんでした。
 そして時代は飛び、2007年初音ミクが登場してMMDでバーチャルアイドルっぽくなったように思います。初音ミクは喋れますしね。
 その後に『すーぱーそに子』が現れるわけですが、これは3DCGではないから、リン・ミンメイや藤崎詩織の方向性なのかもしれません。

 そして、今年、バーチャルYouTuberが大量発生です。
 その代表的な存在が『キズナアイ』。一説によると、中の人は斎藤桃子さんらしいです。桃子に仕事があって良かったなあと思うのは古い声優ファンだからなのかな?
 他には、『ミライアカリ』『バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん』『輝夜月』『電脳少女シロ』とかなりいるようです。
 輝夜月は首絞めハム太郎と言われているように、ちょっとハム太郎っぽいですね。

 ということで、突如大流行らしいです。今年一番か二番のビックウェーブかもよ? 現時点の暫定一番は『けものフレンズ』なのかもしれません。でも、監督降板騒動で盛り下がっちゃったからなあ。今後の展開を考慮するに、バーチャルYouTuberが今年一番と言ってもいいかもしれません。
 ここから声優業界とYouTube業界と3DCG業界が変わるのかもしれないという予感がしています。


柳田悠岐選手「クソ飛びする」V字スイング理論!ホームラン量産の極意

 YouTuberがプロの選手を呼べるんですね。なにげにすごい。
 柳田選手の野球理論を見れる良い動画です。むしろこういうのを福岡のテレビ局はつくるべきなんですよね。でもバラエティ番組にしてしまう。その方が需要があるのかな?

○ドラフト評価続きの続き

 前回の続きで年齢層を知りたくなったので、各選手の生年月日をググって入力して、年齢層による投球回・打席を評価してみました。私の誕生日と同じ月日の選手がひとりもいなかったのが、調査していて非常に悲しかったです。600人ぐらい入力したんだけどなあ。運動が得意じゃない誕生日なのかな?
 2018年4月1日時点の年齢を使用して、選手を若手・中堅・ベテランに分けてみました。若手は24歳以下、中堅は25~33歳、ベテランは34歳以上です。感覚的にこんなものではないですかね。
 境界付近(24歳・33歳)が多い可能性もあるので、投球回や打席で重み付けして平均年齢も算出しました。さらに、規定投球回と規定打席を利用して、全体の平均年齢も算出しています。

□2017年セ・リーグ投球回割合

セ・リーグ,投球回,2017

□2017年セ・リーグ打席割合

セ・リーグ,打席,2017

□2017年セ・リーグ平均年齢

球団投手(投球回)野手(打席)全体
広島26.38歳29.20歳28.02歳
阪神29.97歳30.07歳30.03歳
DeNA26.63歳28.02歳27.43歳
巨人27.98歳31.45歳29.98歳
中日28.65歳30.03歳29.44歳
ヤクルト29.42歳29.41歳29.42歳

 阪神は投打に渡って年齢が高いですね。そして、巨人および中日の野手とヤクルトの投手の年齢が高いです。セ・リーグ全体の年齢を引き上げています。
 投手は27歳、野手は29歳が最も良いように考えています。そう考えるとDeNAは若くて来年に期待できますね。
 広島の平均年齢もかなり良い感じです。しかし、広島は中堅が多いので、一気に高齢化が進む可能性はあります。
 阪神が2位というのは不思議な感じがします。それぐらい年齢が高い。ベテランが頑張っているということですね。

□2017年パ・リーグ投球回割合

パ・リーグ,投球回,2017

□2017年パ・リーグ打席割合

パ・リーグ,打席,2017

□2017年パ・リーグ平均年齢

球団投手(投球回)野手(打席)全体
ソフトバンク28.86歳29.74歳29.37歳
西武28.93歳28.56歳28.71歳
楽天27.93歳29.77歳29.00歳
オリックス28.31歳28.92歳28.66歳
日本ハム27.13歳26.87歳26.98歳
ロッテ27.96歳29.20歳28.67歳

 パ・リーグは相変わらず日本ハムが若すぎます。昨年はこれで優勝できたのですからすごいですよね。
 セに比べるとパの各球団の選手の平均年齢は良い感じに見えます。投手は29歳以上の球団がないですし、野手は30歳以上の球団がありません。
 ソフトバンクがややベテランが多く、西武がやや野手の若手が少ないようですが、それぞれ1位2位なので問題ないのでしょう。
 楽天の投手と、オリックスと日本ハムの野手に若い選手が多く、今後に期待できるのではないかと思います。

神谷浩史、島﨑信長、三石琴乃ら『ありえへん∞世界』にボイスオーバー出演

 「ボイスオーバー」まで記事になる時代になったのか。声優という職業が有名になったということでしょうね。記事にしても、ボイスオーバーを声優オタクですら知らないのではないかと思ったりもします。
 ボイスオーバーとは、再現ドラマの吹き替えなどで、最初と最後に元の言葉を残す技法です。外画の吹き替えとはちょっと違う感じ。外国人が喋ってるんだなという雰囲気を残す必要があるのだろうと思います。最初と最後に元の言葉が聞こえるので、少し早口である必要があるのかな?

キタサンブラック有終V=GI最多タイ7勝、賞金1位-競馬有馬記念

 キタサンブラックが最初にGIを買ったときに競馬場で見ていたように思います。ネタ馬と判断して買わずに負けた記憶があります。
 当時はこんなに強い馬になるとは思っていませんでした。GIで7勝したので、歴代最多勝馬らしいです。シンボリルドルフやディープインパクトに並んだらしい。
 北島三郎さんも最後に楽しい思いができたのではないかと思います。良い種牡馬になったら良いですね。


| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

巨大地震

 積極的に地雷を踏みに行くかなあと考えていたり。踏もうとしても避けようとしても、結局踏んでいるんだから考えるだけ無駄っぽいんですよね。疲れると、どうしてもアスペ全開になっちゃうみたいで、どうもなあ。


北海道沖で超巨大地震「切迫している可能性」 地震本部

 文部科学省に「地震本部(地震調査研究推進本部)」という組織があるのですね。阪神・淡路大震災をきっかけに生まれ組織のようです。
 そして、東日本大震災がきっかけとなり、「津波」が大きく評価されるようになったのでしょう。そして、事前の警告が重要ということなのでしょう。

 北海道沖の地震は平均340~380年ごとに発生しており、400年以上巨大地震が起きていないというのは、本当に切迫していますね。地盤がかなり歪んでおり、プレート境界ではエネルギーがたまっていそうです。
 17世紀に超巨大地震が発生しており、それが東日本大震災クラスの津波を引き起こしているようです。今回の予想ではこの地震を重く見たようです。

 私自身は次に発生する巨大地震は房総沖と予想しておりました。
 関東大震災で相模沖のエネルギーは解放されましたが、房総沖はまだらしいのです。だから、関東大震災規模の巨大地震が房総沖で起きるのではないかと予想しています。

 しかし、それよりも北海道沖の方が切迫していそうです。
 つくづく日本は地震大国で津波大国だということが思い知らされます。

東南海で起きている地震と巨大地震の関係が分かってきた

 プレートが跳ね返って元に戻るという話に違和感があったので、このサイトの図なら意味がわかります。プレートの移動の影響で断層が発生するというのはわかりやすい。
 サイトの図はプレートに引き摺られて、その上の層が横ズレを起こしていますが、地盤がひび割れて縦ズレを起こすケースもあるでしょう(この場合も沈み込むプレートに引き摺られているのだろうと思います)。
 縦にずれるのか、横にずれるのか、湾曲するのか、断層に種類があるように地震の原因もまちまちだろうと思います。でも、断層が発生するのが巨大地震の原因だと思います。そして、断層の原因がプレートの移動。
 プレートが移動しているという話は正しいと信じています。実際、少しずつ海岸線が動いているという話もありますしね。でも、プレートが跳ね返るというのは信じていません。
 地層大好きだもん(笑)。地震の原因は断層だよ、きっと。


リニア談合 大手ゼネコンに強制捜査なぜ?
リニア談合 大学同窓会などで情報交換か
大林組 リニア談合認め、自ら公取委に申告

 本当に談合なのかな?という思いがありましたが、かなりガチな談合みたいですね。そして、大林組が裏切ったと(笑)。
 大林組のどういう立場の人が正直に申告しようと考えたのか気になります。
 工事費用はリニア新幹線の乗客の運賃に反映されるらしいので、談合ははっきり悪なのでしょう。でも、裏切った担当者はきつい立場に置かれそうですよね。

○ドラフト評価続き

 前回、xQPで各ドラフト年を順位付けしました。10年間のドラフトの順位を平均してみました。xQPの合計値や平均値よりもイメージに近いのかもしれません。ただし、この順位は大成功や大失敗は加味されないんですよね。そのあたりが難しいです。
 上位にパの球団が並ぶ中、DeNAが3位と健闘しています。2012年・2014年・2015年と1位なんですよね。運営がTBSからDeNAに変わり、一番変わったのはドラフトなのかもしれません。(2011年まではTBS、2012年以降がDeNA)
 ドラフトは成功しているのに順位が上がらない球団は、補強ではなく補充になっている可能性がありますね。
 その点、ソフトバンクはここ数年のドラフトの選手が活躍せずに優勝しているって、どれだけ戦力差があったのかと思い知らされます。ここ数年のドラフトが失敗ですと巨人のように転落すると思うので、今後の成長に注目したいです。(過去のドラフトを見ると4年目から活躍し始めているんですよね)

□xQPドラフト年順位の平均値

順位球団07年08年09年10年11年12年13年14年15年16年平均
1位日本ハム2位2位9位4位5位2位5位2位5位8位4.4
2位西武9位1位5位1位8位7位4位5位8位3位5.1
3位DeNA6位9位3位7位9位1位9位1位1位7位5.3
4位ロッテ5位3位2位12位3位8位2位7位10位4位5.6
5位オリックス8位6位12位10位2位11位7位3位4位2位6.5
6位楽天4位8位11位5位4位5位12位8位3位6位6.6
6位広島1位11位8位9位1位12位1位6位6位11位6.6
8位中日11位10位1位8位7位9位8位10位7位1位7.2
9位阪神12位7位7位11位12位6位3位9位2位5位7.4
10位ソフトバンク3位4位6位2位6位10位11位11位12位12位7.7
10位巨人10位12位4位6位11位4位6位4位11位9位7.7
12位ヤクルト7位5位10位3位10位3位10位12位9位10位7.9

 続いて、2007~2016年ドラフトの獲得選手数に着目してみました。次の表は10年間の合計値です。
 支配下の数値は、ドラフト選手の中で支配下になった選手数です。どれだけ頻繁に選手の入れ替えをしているのか、ドラフトをあてにしているのかがわかるように思います。
 特に広島は支配下の数値が小さく、獲得した選手に満足している様子がよくわかります。FA流出はあってもFA獲得はないので、選手が球団に長くいる球団と言えそうです。
 ソフトバンクや巨人は総指名数は多いですが、支配下の数値は大きくありません。ソフトバンクは本指名の獲得数が52と最も少なく、巨人は育成から支配下になる選手が少ないようです。
 逆に、楽天・オリックス・DeNA・日本ハムは、ドラフトを活用して選手を入れ替えています。1年あたり7名以上を指名している計算です。パの球団は半数が積極的な入れ替えを行っているということに驚きがあります。そういう意味では、DeNAは編成方針がパに近いのでしょう。DeNAの高田GMが、日本ハムの元GMだからかもしれません。

□ドラフト獲得選手数

球団支配下本指名本指名拒否育成数育成拒否育成⇒支配下育成⇒支配下率
広島60570140321.43%
阪神60570100330.00%
ソフトバンク645204501226.67%
ヤクルト65610120433.33%
西武65620303100.00%
巨人66570512918.37%
ロッテ66581220940.91%
中日68641171531.25%
楽天72670160531.25%
オリックス73700130323.08%
DeNA74680150640.00%
日本ハム74762000-


 ソフトバンクの強さが目立つのに、xQPの調査からはわからないので、2005年と2006年のxQPを調査してみました。2007年から調査を始めたのは、逆指名や希望枠などがなく、純粋に各球団のドラフトの強さを見れると思ったからです。
 2005年と2006年は希望枠があるので、この2年間を調査すると希望枠がある場合の各球団のドラフトの強さがわかるのかもしれません。
 そして、やはり2005年と2006年の2年間は、ソフトバンクが大成功していました。2年間で通常のドラフトの5年分ぐらいは大成功しているように見えます。xQPが10あればその年のドラフトは成功と考えていいと思っています。
 この2年間を入れると、2005~2016年の合計値はソフトバンクが1位になります。そのくらい大成功ドラフトを2年間続けたということになります。

□2005年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位ソフトバンク30.83松田・本多・藤岡
2位オリックス27.50T岡田・平野・岸田・中山
3位日本ハム23.83武田・陽・八木
4位ヤクルト23.77川端・飯原・村中
5位中日23.03吉見・平田・藤井
6位阪神16.98岩田・大和・渡辺
7位楽天15.66草野・青山・枡田
8位広島13.85
9位巨人13.34山口・脇谷
10位ロッテ10.70根元
11位横浜8.39山口
12位西武5.77炭谷

□2006年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位楽天32.06田中・嶋・永井・渡辺
2位ソフトバンク25.42長谷川・大隣・森福
3位巨人22.47坂本
4位広島20.44前田・會澤
5位西武18.19
6位横浜15.06梶谷・高崎・下園
7位ロッテ14.28角中・大嶺
8位中日11.26浅尾・堂上
9位オリックス8.01大引・小松
10位日本ハム7.93吉川
11位ヤクルト5.41上田・増渕
12位阪神2.28

 2017年は各ドラフトの選手をどの程度使っているのか気になって調べてみました。でも、ドラフト年よりも年齢で調べる方が良かったように思います。
 最小値が0でないと比率がわからないので、指標はxQPではなく打席と投球回を使っています。
 調査してわかったことは、パ・リーグはどの球団も若い選手を使っているんだなということですね。セ・リーグのBクラス、特に巨人は野手に打席を与えていません。FAや外国人補強は構わないのですが、坂本選手の次の軸はどうするんでしょうね。

□2017年セ・リーグ

2017年,投球回,セ・リーグ

2017年,打席,セ・リーグ

 打席も投球回も5割は10年目までの選手に与えるべきでしょう。
 セ・リーグを見ていくと、実は広島にも危険があるんですよね。2007年ドラフトの選手の比率が高くて、来年は10年目までの選手の打席が5割を切る可能性があります。
 阪神は投手も超変革が必要そうです。野手は超変革に成功していますね。
 伸びしろを感じるのはここでもDeNAですね。若い選手に打席も投球回も与えています。
 セのBクラスの球団は、投打ともに若い選手の活躍が不可欠だろうと思います。特に打撃面で起用の少なさが気になります。
 巨人は4割を切っています。少なくとも5割程度は若手の起用が必要でしょう。
 中日は投手は良いバランスなので、野手育成が課題です。
 ヤクルトは投打ともに良くないですね。近年のドラフトは失敗と考えて良さそうです。

□2017年パ・リーグ

2017年,投球回,パ・リーグ

2017年,打席,パ・リーグ

 パ・リーグはBクラスでも打席と投球回を若い選手に与えているので、Bクラスの球団がAクラスに入る可能性は十分あるように思います。
 ソフトバンクはここ数年の高卒ドラフトの成否次第だと考えています。案外バランスが良い選手起用みたいです。
 楽天は打席を若い選手に与えられていないのが気になります。外国人野手3人の影響かもしれません。
 西武はバランスが良く見えますが、FAの影響で来年は下位に沈む可能性があります。
 オリックスは新人投手を使いすぎですね。いつものように故障して終わる可能性があります。
 日本ハムもバランスが良いのですが、FAと大谷選手のポスティングの影響が気になります。
 ロッテは打撃のバランスが良さそうです。2009年ドラフトの打者が良い(その反面、2010年ドラフトが失敗)ので、2年後に楽しみがありそうです。

鷹・寺原が700万減の4500万円で更改 来季へ闘志「ここ何年分のダウン取り戻す」

 ホークスの契約更改を見ていると、寺原投手の「ほかの球団も経験してソフトバンクの待遇の良さはわかっている。これが当たり前じゃないんだよということは若手にもわかってもらいたい」というコメントがよくわかります。
 何人1億円プレイヤーがいるのか、他球団ファンから見ると非常に異常な状態だろうと思います。
 でも、それでも球団は黒字なんですよね。
 だから、2軍の待遇改善を選手が物申せる。すごい状況を作り出せたものだと感心してしまいます。

12球団随一の施設が…ソフトB主力が訴えた「筑後」の課題

 筑後の問題点は田舎ということですね。そのせいでこのような要望が出るわけですが……他球団からすると贅沢なのかもしれません。

○雑感

 最近、NHKの『日本人のおなまえっ!』が好きです。面白いことをやってるなと思ったら、大抵この番組。
 紀氏に興味があるので、かなり取り上げてくれるこの番組には感謝です。木村さんも紀氏由来とは!

 現在、心理学の歴史の本を探しています。そのような本は少ないようです。そして、自分が知っている範囲が浅いようで、そういう本があっても登場人物が予想と違ったりします。なかなか全貌を知るのは難しいようです。

 ようやく発達障害者が自尊心を獲得できない理由を掴めてきました。発達障害者には発達凸凹の特性があります。得意なことと苦手なことの差が激しいわけです。
 そして、苦手なことは頑張ってもうまくできないので評価されません。得意なことは頑張らなくてもうまくできるので評価されます。つまり、頑張りと評価がアンバランスで、頑張ったことに対して妥当な評価を得られません。
 そのため、頑張って成功するという成功体験を育みにくく、自尊心につながっていないのだろうと思います。
 苦手なことを頑張ってやっても他人からは評価されないけど、自分で自分の頑張りを褒めることが重要なのかもしれません。そして、頑張らなくてできた得意なことも、評価をそれなりに喜ぶ必要があるのかもしれません。
 発達障害者は自分自身でうまく自尊心を育む必要があるのでしょう。難しいけど、この道しかないように思います。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

ドラフト評価

 家またはマンションを買うことを次の目標にしようか検討中です。グッズ類を置く場所がほしいという、ただそれだけですが(笑)。


●ドラフト評価

 オリジナル指標を利用して、ドラフトを評価してみようと思います。年や守備位置に関係なく同じように評価できる指標がなかったのでつくりました。
 xQP=xQP(打撃)+xQP(投球)
 xQP(打撃)=打席/規定打席+RCWIN/係数
 xQP(投球)=投球回/規定投球回+RSWIN/係数
 係数は凡打のときにxQP(打撃)=0となるように算出します。係数はおよそ10です。
 RCWINではなくXRWINでも良かったのですが、RCWINとRSWINで揃えようかと。また、WARは守備位置補正が大きすぎて、ドラフト評価には使えないと判断しました。
 移籍後の成績は集計していません。出戻りの排除処理を入れていないので、今後追加します。

 今回は2007~2016年のドラフトを評価します。
 2007年は10年経っているので、十分に評価できると思います。2012~2016年はまだ時期尚早かな? それでも、現時点の即戦力の評価はできると思っています。

☆2007~2016年トータル評価

 まずは、2007~2016年をトータルで評価してみようと思います。
 合計値を使用すると2007~2009年ドラフトで成功した球団が有利になります。2007~2009年ドラフトで活躍した選手の成績が累積で加算されるためです。
 平均値を使用すると2014~2016年ドラフトで即戦力ドラフトに成功した球団が有利になります。1~3年目の成績が今後も続く前提で計算されるためです。

□2007~2016年合計値

順位球団名xQP合計値
1位日本ハム81.58
2位広島77.73
3位西武76.05
4位ロッテ70.06
5位DeNA67.16
6位楽天63.80
7位ソフトバンク59.20
8位オリックス53.73
9位中日53.36
10位巨人52.11
11位ヤクルト50.84
12位阪神42.46

□2007~2016年平均値

順位球団名xQP平均値
1位DeNA1.430
2位日本ハム1.417
3位西武1.407
4位広島1.321
5位ロッテ1.266
6位楽天1.211
7位オリックス1.187
8位中日1.088
9位巨人0.982
10位阪神0.976
11位ヤクルト0.899
12位ソフトバンク0.843

☆各球団のドラフト戦略と傾向

 従って、ドラフト戦略と傾向を見ておかないとドラフトの成否を判断できません。即戦力ドラフトを行っている球団とそうではない球団の1~2年目の評価は異なるものだと思います。最終的には、10年近く経って、それぞれの年のドラフトを評価するのが良いように思います。

 下記のグラフは単年の成績の平均値をグラフ化したものです。
 このグラフを見ると一目瞭然ですが、DeNAが即戦力ドラフトを成功させている球団で、ソフトバンクが即戦力ドラフトをしない球団です。
 ただし、フロントもスカウトも戦略も変わるので、過去の傾向が続くのかは未知数です。

 過去の傾向で言えば、セでは広島が良く、その次がDeNAのようです。パでは、日本ハムと西武が良いようです。
 その他の球団は似たような傾向ですが、1~2年目の成績を見ると「パ>セ」が如実に現れています。DHがあるので、パの方が多少良くなるとは思いますが、それでも差があるように見えます。
 オリックスはパ最下位ですが、セの巨人・ヤクルト・阪神とさほど変わらない感じです。

□セ・リーグ

セ・リーグ

□パ・リーグ

パ・リーグ

☆2007~2009年ドラフト

 ドラフトから8年以上経つと、高卒も26歳以上ですしドラフトの評価は固まると思います。評価が高い球団は、選手名を出せば大成功ドラフトと言える状態でしょう。
 まずは、2007年。広島の大成功ドラフト、阪神の大失敗ドラフトの年でした。ロッテ以上は成功ドラフト、DeNA以下が失敗ドラフトなのでしょう。不作年なので、1人選手を排出できたら成功と言えますね。
 続いて、2008年。西武と日本ハムが大成功ドラフト、楽天およびセ4球団が失敗ドラフトなのでしょう。2008年は2007年以上に不作年なので、1人選手を排出できたら成功と言えます。
 そして、2009年。西武以上が成功で、ソフトバンク以下が失敗ドラフトなのだと思います。今宮選手や原口選手あたりの野手が活躍すれば、今後の逆転も考えられますね。

□2007年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位広島24.29丸・松山
2位日本ハム16.85中田・宮西
3位ソフトバンク13.60中村・岩嵜
4位楽天13.37聖澤
5位ロッテ10.25唐川
6位横浜5.50
7位ヤクルト4.81
8位オリックス4.77
9位西武4.22
10位巨人3.17
11位中日3.09
12位阪神0.65

□2008年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位西武18.07浅村・野上
2位日本ハム16.36大野・中島・谷元
3位ロッテ10.31岡田・西野
4位ソフトバンク9.36攝津
5位ヤクルト8.88中村
6位オリックス8.00西
7位阪神7.13上本
8位楽天5.93
9位横浜5.45
10位中日5.44
11位広島4.14
12位巨人4.00

□2009年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位中日15.36大島・岡田
2位ロッテ14.03清田・荻野・大谷
3位横浜13.23筒香
4位巨人12.31長野
5位西武8.75菊池
6位ソフトバンク6.91今宮
7位阪神6.91秋山・藤川・原口
8位広島6.61今村
9位日本ハム6.42増井
10位ヤクルト5.48
11位楽天3.99
12位オリックス3.32

☆2010~2012年ドラフト

 まずは、2010年。豊作と言われているドラフトです。山田選手と柳田選手と2人もトリプルスリーがいるのですから当然豊作なのでしょう。その中で西武が大成功ドラフトとなっています。ロッテはこの年のドラフトの失敗が今年の最下位に結びついているのかもしれません。
 続いて、2011年。広島の大成功ドラフトです。そして、珍しくオリックスの成功ドラフトです。阪神・巨人・ヤクルトは失敗ドラフトでしょう。阪神は復活しましたが、巨人は低迷を招く遠因となっている可能性があります。
 そして、2012年。この年はどの球団も失敗していないドラフトのようです。いまいちなドラフトでもしっかり戦力を確保すると強さを維持できるようです。この年はエースクラスの投手を獲得できると勝ち組のようです。そんな中、鈴木誠也選手を確保した広島がごぼう抜きするかもしれません。

□2010年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位西武19.57秋山・牧田
2位ソフトバンク13.42柳田・千賀
3位ヤクルト11.69山田
4位日本ハム11.01西川
5位楽天10.18美馬・塩見
6位巨人10.09澤村・宮國
7位横浜8.38荒波
8位中日7.62大野
9位広島6.53福井
10位オリックス5.23後藤
11位阪神4.37
12位ロッテ3.96

□2011年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位広島15.51菊池・野村
2位オリックス13.42安達・佐藤
3位ロッテ12.66鈴木・藤岡・益田
4位楽天11.55岡島・島内
5位日本ハム7.71近藤・上沢
6位ソフトバンク5.96武田
7位中日5.54田島・高橋
8位西武5.53十亀
9位横浜5.45桑原
10位ヤクルト3.75
11位巨人3.67
12位阪神2.62

□2012年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位DeNA10.89井納・宮崎
2位日本ハム9.88大谷
3位ヤクルト8.82小川
4位巨人8.39菅野
5位楽天8.33則本
6位阪神7.77藤浪
7位西武7.05金子・増田
8位ロッテ6.04田村
9位中日5.40若松・福谷
10位ソフトバンク5.29東浜
11位オリックス4.47松葉
12位広島4.41鈴木

☆2013~2016年ドラフト

 まずは、2013年。この年の成功が広島の二連覇に貢献しているようです。この年はどの球団も成功ドラフトで、極端に沈んでいる球団がないように見えます。xQPという指標の性質上、中継ぎや抑えは評価が伸びない傾向にあるため、楽天の松井投手を評価できていません。
 続いて、2014年。DeNAの躍進はこの年のおかげでしょう。2014年は不作年なので立派です。高卒の選手があまり活躍していないので、今後の展開に注目だろうと思います。
 そして、2015年。DeNAの即戦力ドラフトが成功しています。超変革の阪神と野手ドラフトの楽天が成功に見えます。オリックス以上は即戦力で成功したのではないでしょうか?
 最後に、2016年。DeNA以上は即戦力ドラフトで成功したのではないかと思います。豊作年なので、高卒選手の成長に注目したいです。広島とソフトバンクが似たような傾向のドラフトになっているのが面白いです。

 2013~2016年はソフトバンクが下位です。4年目以降活躍する選手が出てくる傾向があるので、2013年・2014年・2016年は良いのですが、2015年が少し心配です。WLを見ていても、少し成長が遅いように思えます。


□2013年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位広島11.20田中・大瀬良・久里
2位ロッテ8.03石川・二木
3位阪神6.33岩崎・岩貞・梅野
4位西武5.73森・山川
5位日本ハム5.58高梨・浦野・岡・白村
6位巨人5.53田口・小林
7位オリックス5.43吉田・東明・若月
8位中日5.30又吉・祖父江
9位DeNA4.92三上・砂田
10位ヤクルト4.90秋吉・西浦
11位ソフトバンク4.23森・上林・石川
12位楽天3.80松井

□2014年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位DeNA7.55石田・倉本・山崎
2位日本ハム4.13有原
3位オリックス3.89西野・山崎
4位巨人3.01高木
5位西武2.97外崎・高橋
6位広島2.25
7位ロッテ2.03
8位楽天1.92
9位阪神1.58
10位中日1.14
11位ソフトバンク0.43
12位ヤクルト0.06

□2015年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位DeNA4.62今永・戸柱・柴田
2位阪神3.58髙山・青柳
3位楽天3.53茂木・オコエ・足立
4位オリックス3.28吉田・大城
5位日本ハム2.75加藤・井口
6位広島2.48岡田・西川
7位中日2.43小笠原
8位西武2.31多和田・野田
9位ヤクルト1.83
10位ロッテ1.16
11位巨人1.06
12位ソフトバンク-0.01

□2016年ドラフト

順位球団名xQP主な選手
1位中日2.04京田・笠原
2位オリックス1.92山岡・黒木
3位西武1.84源田・平井
4位ロッテ1.58佐々木・酒居・有吉
5位阪神1.53大山・小野・糸原
6位楽天1.22藤平・高梨
7位DeNA1.15濵口
8位日本ハム0.88
9位巨人0.88
10位ヤクルト0.62
11位広島0.30
12位ソフトバンク0.00

☆総合コメント

 10年経つとドラフトを正確に評価できますね。5年目までは途中経過でしかないと思います。
 2014年のヤクルトのようにわかりやすく失敗すると評価が決まるのでしょうが、そんなケースはめったにありませんし、毎年チェックしながら10年経過するのを待つ方針で行きたいと思います。


4年で3度優勝のソフトバンクホークス、常勝球団を支える経営サイクル
ホークスは育てて勝つ!3軍制度に見る戦略的育成術

 今回は記事よりもサイトに注目です。このサイトについて知りませんでしたが、そこそこ面白い記事がありそうです。ただし、読みにくい作りですね(笑)。
 そこそこ有名な方がコメントを書き込んでいたり、他のサイトとは毛色が違うように感じています。
 三軍についての新書を書いてほしいので、このサイトのライターに期待しようと思います(笑)。

鷹サファテ、大谷は「地球上で最高の選手」 米誌で絶賛、課題は「制球」「内角

 大谷選手の移籍先がエンゼルスに決定しました。ヤンキースは悔しそうです。
 サファテ投手が大谷選手の長所と短所を語っています。
 打者大谷は内角が弱かったんですね。あまりわかっていませんでした。その代わり、投手大谷のコントロールが弱点というのはわかっていました。ファールで粘れば何とかなる投手という印象でしたし。

オーバースペック神話が日本のものづくりを蝕んでいる

 すごく良いことが指摘されているように思います。
 ものづくり日本の品質が現在揺らいでいます。オーバースペックは神話となりました。
 大手企業幹部の「もともと必要とされる以上の品質なのだから、文句を言われる筋合いは本来ない」という発言は、コンプライアンス違反なのではなかろうかと思います。契約を守るのも法令遵守ですよね?(違うのかなあ)
 そして、小企業経営者の「無駄でも、誰も気が付かないことでもなかった」というのは、強烈なコメントだと思います。アジア人なら誰でも気付くのかもしれない、たまたま日本人が気付いただけなのかもしれないということですね。
 すでに手遅れなのでしょうが、日本の大企業は奢ってしまったということなのでしょう。残念ですね。

○雑感

 最近、脳内物質に再び興味を持ち始めています。細かく調べないと本当の効果がわからないような感じがしていて。発達障害の原因も脳内物質にあるようですし、調べて損はないように考えています。

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

羽生永世七冠誕生!

 最近、電車にバッグを置き忘れたり、特別列車に間違えて乗って追加料金をとられたりと、電車がらみのミスが多いので注意したいと思います。
 体力的に活動量に限界があるなあと思ってるので、当事者会での活動を模索しています。とりあえず様々な当事者会に出て、発達障害者と当事者会をつなげる(紹介する)活動をしてみるかなあ。


将棋 羽生棋聖が前人未到の「永世七冠」達成

 今年は将棋の年になりました。
 ついに羽生さんが永世竜王となり、永世七冠となりました。

 今年は王位戦、王座戦と立て続けに負けたので、羽生さんも衰えたのかなと思っていました。しかし、そんなことはなかった。羽生棋聖が竜王に返り咲きました。通算七期の竜王なので、永世竜王です。このために力をためていたのかもしれません。

 子供の頃に読んだ将棋の本で、羽生少年とプロ棋士の戦い(駒落ちだったと思う)を読んだ記憶があります。プロ棋士と互角に渡り合える子供として、「羽生」という名前が強烈に心に残っています。誤記憶ではなければいいなあ。
 最近では、羽生と言えば「羽生善治」ではなく、「羽生結弦」かもしれませんね。でも、再び「羽生善治」の名前を強くアピールできたのではないかと思います。

 恐らく最初のタイトルが竜王なんですよね。羽生竜王というフレーズはかなり印象に残っています。その後、羽生七冠の時代があったのを覚えています。すべてのタイトルを羽生さんが独占です。(現在は叡王戦が加わったので8個のタイトルです)半端なく強いことがわかります。
 もちろん、その頃と比べると、衰えたのでしょう。絶対的な強さではないのだろうと思います。それでも竜王に返り咲けるのは、「強い」と言い切れます。

 永世〇〇というのはタイトルごとに条件が異なるようで、将棋に興味が薄い人にとっては分かりにくいので、永世七冠と言っても恐らくすごさがわからないことでしょう。
 羽生さんが竜王となって以来、プロ棋士の頂点を決めるタイトル戦の全タイトルの半分近くを羽生さんが獲得したと言えばそのすごさがわかるのかもしれません。30年も強さを維持しているのですから恐ろしい棋士です。
 タイトルを1個獲得しただけで強い棋士ですし、永世タイトルを1個獲得しただけですごく強い棋士です。羽生さんは、タイトルを99個獲得し、永世タイトルを7個獲得した(永世七冠)わけですから、前人未到の半端なく強い棋士ということです。

 今年は藤井四段が話題になりました。羽生さんの記録は厳しいと思いますが、藤井四段は近い将来タイトルを獲得できると信じています。そのときの対戦相手が羽生さんだったら面白いだろうなと期待しています。


〇ソフトバンク大学2018

 ウィンターリーグが始まっていますが、今年はいまいち活躍できていませんね。
 ドラフトが終わり新入団選手も決まったので、2018年の大学生と同じ年齢の選手構成をまとめてみます。

★大学4年生
 松本 裕樹(投手)
 栗原 陵矢(捕手)
 古澤 勝吾(内野手)
 笠谷 俊介(投手)
 幸山 一大(外野手)
 斎藤 誠哉(投手)
 山下 亜文(投手)
 堀内 汰門(捕手)
 柿木 映二(投手) ※戦力外
 金子 将太(外野手) ※戦力外

★大学3年生
 高橋 純平(投手)
 小澤 怜史(投手)
 谷川原 健太(捕手)
 茶谷 健太(内野手)
 黒瀬 健太(内野手)
 川瀬 晃(内野手)
 野澤 佑斗(投手)
 中村 晨(投手)
 渡辺 健史(投手)

★大学2年生
 古谷 優人(投手)
 九鬼 隆平(捕手)
 三森 大貴(内野手)
 大本 将吾(外野手)
 長谷川 宙輝(投手)
 田城 飛翔(外野手)
 森山 孔介(内野手)
 清水 陸哉(外野手)
 松本 龍憲(内野手)

★大学1年生
 吉住 晴斗(投手)
 増田 珠(外野手)
 田浦 文丸(投手)
 尾形 崇斗(投手)
 砂川 リチャード(内野手)
 日暮 矢麻人(外野手)

★打順
1 (三)増田
2 (二)三森
3 (遊)茶谷
4 (一)黒瀬
5 (DH)九鬼
6 (捕)栗原
7 (右)田城
8 (左)幸山
9 (中)清水

 増田選手は内野手で育てるらしいので、三塁手としました。
 外野手は迷いましたが、田城選手と清水選手は有望だと思います。

★先発
右投:松本・高橋・小澤
左投:笠谷・古谷・長谷川

★控え
投手(右):野澤・中村・吉住
投手(左):斎藤・山下・渡辺・田浦
捕手:堀内・谷川原・(九鬼)
内野手:川瀬・森山・松本・砂川
外野手:大本・日暮

 投手陣はかなり良いですが、野手がもう一歩という気がします。新入団選手に期待したいです。特に、砂川選手が入団してくれてほっとしております。

〇雑感

 野球データを指標化してみて、非常にPythonの勉強になりました。癖もだいぶわかってきました。非常に満足なのですが、次第に飽きてきています(笑)。

 現在、独自指標のxQPを算出して、ドラフトを評価しようとしています。xQPは試合に出場した選手を評価しようという指標になります。
 以前は、打撃ならば「xQP(打撃)=打席/規定打席+RCWIN/10」、投球ならば「xQP(投球)=投球回/規定投球回+RSWIN/10」と10で割っていたのですが、これを正確に算出しようと思っています。
 ちなみに、「xQP=xQP(打撃)+xQP(投球)」です。また、「QP(打撃)=打席/規定打席」「QP(投球)=投球回/規定投球回」だったりします。QPはクォリティポイントで、QPの拡張だからxQPにしたはずです。オリジナル指標なので、正直なところ名称は何でもいいのです。

 さて、1打席で凡打だった場合、「xQP=0」にしたいと考えています。凡打ならば打席に立った意味がないからというのが、その理由です。
 ところが、詳細を検証していくと、凡打でも三振や併殺打だとRCWINの数値が小さくなるのです。でも、三振のときに「xQP=0」とすると計算が難しくなる。そこで、三振でも併殺打でもない凡打として係数を計算することにしました。
 その結果、「係数=規定打席×(リーグRC/リーグ打席+0.1)/RPW」ということになりました。三振を入れると、式の0.1付近の計算が非常に面倒になってわかりにくいのです。些細な違いなので簡単な方がいいと思っています。三振したら、残念ながらxQPはマイナスになります。
 RCはRCWINを生み出す元の数値です。RPWは得点と失点を勝利数へ変換する数値で、リーグ得失点から算出します。
 この計算を行うと、どの年の係数もおよそ10となりました。これで試合数が変わっても問題なく使える指標になったように思います。その代わり、リーグごと年ごとに係数を計算する必要があります。

 もう少ししたら、xQPを使ったドラフト評価の記事を書こうと思います。試合に出場した選手が多く、活躍した選手が多いと、xQPも大きくなります。ドラフトの成否はこれで判定できるはずです。(以前も1度やってるけど、より正確だと思います)
 どのような形でデータを出すのかは検討します。データの出し方によって、有利な球団・不利な球団があるみたい。
 現在、選手名のチェックに時間がかかっています。高と髙、沢と澤、辺と邊と邉、崎と﨑と㟢など異字が多いので選手名の確認が大変ですし、選手名と登録名が異なることがあるので登録名の確認が大変です。いくつかチェック漏れがありそうなんだよなあ。気付いたら修正するようにします。

 人狼ゲームを遊んでみました。
 「汝は人狼なりや?」の頃から、存在とルールは知っていましたが、遊んだことがありませんでした。
 最近では人狼ゲームと呼ばれていて、様々なルールや役職があるのですね。
 これまで2日やって、1日目はすべて負けましたが、2日目は勝てました。
 やってみてわかったことは、人狼役の動きが難しすぎることと、私自身が疑われたときに諦めが早すぎてうまい言い訳ができないことですね。これは仕事や日常生活にも通じるように思いました。
 皆さんしっかり言い訳をするのですが、私は言い訳が下手すぎる。冷静に考えたら、うまく言い訳すれば勝てたような気もしています。
 次回は言い訳がうまくなることを目標にしたいですね。

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

大人の発達障害を改善するために3

 休日にパニックにならない方法を模索する必要があるけど、予想以上にキャパがなくて絶望感があります(笑)。


●大人の発達障害を改善するために3

 いくつか新しい「気付き」があったので、資料に追加しています。まず、「発達障害は適応障害の一種ではないか?」という点を追加しました。これに伴って適応障害の治療についても追加しました。
 「性質」にこだわっていましたが、「特性」に変更することにしました。一般に使用されている用語の方がわかりやすいと感じたので、ここは折れることにします。
 ADHDを「注意欠陥多動性障害」と記載していましたが、「注意欠如・多動症」にしました。印象改善のために、なるべく「障害」という言葉を排除しようかと思いまして(汗)。
 精神疾患から、気分障害と人格障害を抜き出して多少わかりやすくしました。愛着障害⇒人格障害⇒気分障害⇒統合失調症の順に悪化していくのだろうと思います。
 かなりボリュームが大きくなってきたので、電子書籍化できたらなあ(笑)。たまに電子書籍の作り方を調べています。

最新のPDFファイル

大人の発達障害,発達障害,改善
発達障害
発達障害
発達障害
発達障害
発達障害,自閉症スペクトラム,アスペルガー,ASD,ADHD,学習障害,LD,発達性協調運動障害
発達障害,適応障害,発達凸凹
発達障害,先天的,先天性
大人の発達障害,発達障害
自閉症スペクトラム,アスペルガー
ADHD
発達障害,問題の切り分け
発達障害,原因,併発
発達障害
Developmental_disability_r7_015
ADHD,ADD
発達障害,気分障害
ADHD,大うつ病性障害,鬱,うつ
ADHD,双極性障害,躁鬱,躁うつ
発達障害,人格障害,パーソナリティ障害
自閉症スペクトラム,アスペルガー,反社会性人格障害,反社会性パーソナリティ障害
自閉症スペクトラム,アスペルガー,自己愛性人格障害,自己愛性パーソナリティ障害
自閉症スペクトラム,アスペルガー,統合失調型人格障害,統合失調型パーソナリティ障害
自閉症スペクトラム,アスペルガー,境界性人格障害,境界性パーソナリティ障害
ADHD,境界性人格障害,境界性パーソナリティ障害
ADHD,回避性人格障害,回避性パーソナリティ障害
発達障害,精神疾患
自閉症スペクトラム,アスペルガー,統合失調症
自閉症スペクトラム,アスペルガー,HSP
ADHD,不安障害,社会不安障害,全般性不安障害,パニック障害
ADHD,愛着障害
発達障害,併発,二次障害,精神疾患
発達障害,併発,自閉症スペクトラム,ADHD,発達性協調運動障害,吃音症
発達障害,精神疾患,併発,二次障害,自閉症スペクトラム,ADHD,大うつ病性障害,人格障害,パーソナリティ障害,双極性障害,不安障害,愛着障害,睡眠障害
発達障害,併発,二次障害,克服
発達障害,治療,克服,あきらめ
発達障害,特性,性格
性格,MBTI,エゴグラム,エニアグラム
エニアグラム,性格,タイプ
エニアグラム,性格,ウイング,分裂,統合
エニアグラム,性格,発達障害
エニアグラム,囚われ,人格障害,パーソナリティ障害
精神疾患,治療
アダルト,チルドレン,チャイルド,愛着障害,インナー
精神疾患,認知行動療法,森田療法
発達障害,適応障害,治療
発達障害,大人の発達障害,改善,治療


○NPB成績

 NPBのサイトからデータを抜き出して、CSVファイルを作成しました。(ダウンロード
 まあまあ使えるデータにはなったと思います。Pythonの勉強にもなりました。

 いくつか解決していない問題があります。

・投球時の打数データがないので、被打率や被OPSを算出できていない
・『DELTA』ではFIPで失点率が使用されているが、防御率が正しいと思うので、今回は防御率を使用(防御率を失点率に変更して試験したところ数値に問題はなさそう)
・FIPが『データで楽しむプロ野球』と合わない
・XRはMLBの係数を使用
・XR+とXRWINが『データで楽しむプロ野球』と合わない(XRは問題ないので理由がわからない)

 次はxQP(オリジナル指標)を算出して、ドラフトの成否を評価しようかな?
 xQP=投球回数/規定投球回数+打席/規定打席+RSWIN/10+RCWIN/10
 簡易的にRSWINやRCWINを10で割っていたけど、正確に割れるかもしれない。(1打席凡退したらxQP=0というのを算出できたらいいはず)
 ドラフトの成否の評価をきっちりやっている雑誌やサイトを知らないので、自力でやるしかないのさ。データサイトですら印象で結論を導くからなあ。データがあったとしてもレギュラーが何人いるから成功とかね。正直物足りないわけです。

○感想:隠れ疲労 休んでも取れないグッタリ感の正体

 恐らく現在の私に最も必要な知識だと思って手に取りました。疲労とは「自律神経の中枢」の疲弊らしいです。交感神経が優位になると、自律神経が消耗して中枢が疲弊します。
 そして、脳が正しく疲労を認識できないと「隠れ疲労」となり、突然死を招くことになるようです。また、突然死だけでなく、隠れ疲労が「うつ」につながることもあるようです。
 従って、自律神経の疲弊を正しく認識しようねということだろうと思います。

 アメリカでは、「社員に、60%の力で働き、70%の成果を求める」ようです。常に100%は求めない。日本では100%を求めることがありますね。それは社員を疲弊させるだけで良いことはないように感じています。

 満員電車、インターネット、スマホも疲労の原因らしいです。ストレスとなるものはすべて疲労につながるのでしょうね。
 栄養ドリンクやコーヒーには疲労を取り除く効果はないようで、隠れ疲労につながるからむしろ注意が必要なようです。抗疲労効果があるのは「クエン酸」「コエンザイムQ10」「リンゴポリフェノール」「イミダペプチド」らしいです。特に「イミダペプチド」の効果が高いようです。そして、「イミダペプチド」は鶏肉に多く含まれているとのこと。鶏肉好きは間違ってなかったのかも。

 「睡眠負債」も重要な考え方のようですね。休日に平日より寝てしまう人は負債がたまっているらしい。起きる時刻は一定の方が良いので、計画的に早く寝て負債を解消させる必要があるようです。

 脳を疲労させないためにワーキングメモリを使いこなそうと書かれているのですが、ひょっとするとADHDはワーキングメモリがないので疲れやすいのかもしれません。ワーキングメモリを使いこなせると、脳全体をうまく使えるようになるらしいです。でも、ADHDは脳全体をうまく使えないですよね。これは厳しい。
 さらに、セロトニンとオキシトシンが自律神経を整えるのに良いようですが、私はこれに異常があると思っています。ADHDはセロトニンとドーパミンが不足しており、自閉症スペクトラムはオキシトシンが不足している可能性ですね。私はADHDも自閉症スペクトラムもあるので、非常に自律神経が休まりにくいのでしょう。
 私が疲れやすいのは当然なのかもしれません。さて、何から改善するかな?

○エニアグラムと七つの大罪

 七つの大罪の元ネタはエニアグラムという説があります。こじつけだという話もあるので話半分でいいかな?

エニアグラムのタイプ大罪備考
タイプ1憤怒
タイプ2傲慢
タイプ3欺瞞七つの大罪にない
タイプ4嫉妬
タイプ5強欲
タイプ6恐怖七つの大罪にない
タイプ7暴食
タイプ8色欲
タイプ9怠惰

「るろうに剣心」作者児童ポルノ所持「女児に興味」

 この展開は予想していませんでした。エロ漫画家で想定していました。

 こういう事件があるたびに、私はロリコンなんだろうかと思うんですよね。
 というのも、二次元のロリやショタは大好きなんです。一次元(小説)も好きかな? でも、三次元の例えばジュニアアイドルなどは、かわいそうという感情の方がかなり強いんですね。そうなるとロリコンではない?

 今回は児童ポルノサイトから購入したことで足がついたようです。そういうサイトがあるんですね。やっぱり興味を持てない。二次元ロリなら興味あるんだけどなあ(汗)。
 二次元ロリの単純所持が違法になったら、同様に逮捕される可能性はあるということだと思っています。やっぱりちょっと怖いんだよね。

貴乃花はモンゴルグループのなにがそんなに許せなかったのか

 相撲協会に素直に報告するともみ消されてた可能性はあると思います。でも、今回は貴乃花親方は手順を間違えたのではないかと思います。
 相撲協会に報告して、もみ消されたことを証明しておく必要があったのではないでしょうか? もみ消されなければ相撲協会が警察に被害届を提出すれば良いし、もみ消そうとするならば今回のように貴乃花親方が警察に被害届を提出すれば良いわけです。
 この手順を踏む必要があったように思います。貴乃花親方には不信感が強く、ここまで思い至らなかった可能性が高いです。
 でも、こうなると、貴乃花親方もあまり良く思われないんだろうなと思います。特に組織に所属している人から見るとね。
 いずれにせよ、日馬富士が行った行為は犯罪でしょう。どのような処分になるのか、相撲ファンとして注視したいと思います。

○雑感

 森友・加計問題は、ある意味、官僚主導なのか政治主導なのかの問題ともリンクしているように考えています。政治主導で政治を動かそうとすると、官僚のルールからは逸脱します。今回のはちょっと公平性に欠けるので、政治主導の手法がおかしいという問題なのかもしれません。
 でも、政治主導がすべてダメということにすると、官僚主導が正しいことになるんですよね。何が良くて何が悪いのか、官僚が有利にならないように、政治家が政治を握れるように議論してほしいと思っています。

| | コメント (0)

2017年11月18日 (土)

野球データで遊ぼう

 ようやく心が落ち着いてきました。「穏やかな心」を取り戻せたような気がします。


●野球データで遊ぼう

 ヌルデータという野球データサイトが閉鎖されてしまいました。非常に残念です。

 そこで、一念発起して、野球の指標データを自作しようとしています。
 ヌルデータなどの野球データサイトでは、指標データは四捨五入で丸め込まれています。そのデータを使用して、例えば合算したりするのは、実は正確ではありません。
 これまでは、その正確ではない方法で計算していました。

 だから、以前から野球データを自作したいなあという思いはありました。
 しかし、面倒なので避けていました。
 まず、基本的なデータを取得しないといけません。いわゆるクロールという作業です。ここからすでに面倒(笑)。
 そして、何より野球の指標データは計算式が複雑です。計算するのはいいのですが、正しい値なのか検証する作業が面倒です。いわゆるデバッグ作業が非常に面倒。
 ほとんど仕事みたいなものです。

 しかし、ヌルデータが閉鎖されたことで、野球の指標データを自作しようと決心できました。基本的なデータはNPBのサイトにあります。あとは、そのデータを取得して加工するだけなのです。

 それだけではつまらないので、他の理由も用意してみました。

 Pythonを勉強しよう(笑)。
 データサイエンスでは最近はPythonが利用されているようです。理由はライブラリが豊富だから。
 今後使うことになるかもしれないので、Pythonの勉強は必須です。でも、これまで避けてきた経緯があります。

 2つの目標を合わせて、「Pythonで野球の指標データをつくろう」と目標になりました。

 実際に始めてみると、非常にPythonの勉強になります。
 Python 2.X系とPython 3.X系のプログラムの書き方が微妙に違うこと。
 numpyというライブラリを利用してみたら、通常のPythonとは考え方が違うこと。
 クラス内の変数は通常Publicであること。

 このあたりの理由で、当初はエラーが多発していましたが、最近はだいぶ慣れてきたように思います。

 何より、プログラミングしているとストレス解消になるみたいです(笑)。
 仕事だと複雑な書き方はできないんですよ。他の人のレベルに合わせて、配慮した書き方が必要になります。
 でも、個人的なプログラミングでは、試行錯誤が可能。これが大きいようです。

 ストレスが少ないのに楽しみが大きいのがいいのだろうと思います。
 クロールで基本的なデータを取得できたら嬉しい。
 Pythonの継承を実装できたら嬉しい。
 カプセル化の方法がわかったら嬉しい。
 効率的なクラス構成を実現できたら嬉しい。

 恐らく最終的に2000行ぐらいは書く必要がありそうです。
 今のところ、1日50~100行ぐらい書けています。
 指標データができあがったら、公表する必要があるのかな? とりあえず、ZIPデータにでもしようかなと思います。

 始めて1週間ぐらいなので、まだ序盤だと思います。まだ楽しい時期。
 3週間ぐらい経つと飽きてくるので、そこを乗り切れるかが勝負の分かれ目だろうと予想してます。
 仕事が忙しくなるなど、精神的にいっぱいになっても難しいだろうなあ。
 完遂できたらいいなあと、のんびり楽しもうと思います。



“想定外”だらけだったソフトバンクの2010年ドラフト

 育成ドラフトだけで成功って不思議ですよね。
 本指名5人でものになったのは柳田選手ひとり。育成指名6人でものになったのは千賀投手と甲斐捕手のふたり。牧原選手は保留。
 ドラフトで11人を獲得して3人ものになったら成功と言えるでしょうが、ドラフトで5人を獲得して1人しかものにならなかったらやや失敗かもしれません。
 育成を含めて評価をできたらいいのでしょうが難しいです。育成ドラフトは成功しない前提で評価してたからなあ。評価基準の変更を決断できないです。

○雑感

 相談が苦手です。口頭で相談しようとすると何を言いたいのかわからなくなります。そもそも言葉にならない。
 口頭での相談が難しい時には、メールを使う方が良いと病院でアドバイスを受けました。メールは口頭よりもまだ良いです。とりあえず言葉にはなります(笑)。
 でも、今回はそれで失敗。どうやらメールは爆弾になるようです。そんなつもりはないんだけどなあ(そんなつもりはないんですー♪)。何かやる前に、やってみるよととりあえず一報は入れるものじゃないのかなあ? 忖度とかわからないし……
 恐らく、やってみる内容を書かなかったのがいけなかったのかなあと反省しています。怖さからどうしても情報の不足が起きやすいみたい。
 今度からメールには「ここだけの話」という言葉を入れてみるかなあ? 爆弾メールにならないように気をつけようと思います。

 現在、アジアチャンピオンシップが行われていますが、今回は24歳以下(U24)と年齢層が低く、若い選手を見られるので好きな大会です。(オーバーエイジの選手も若いですし)
 韓国戦では上林選手の劇的な同点ホームランなどで勝利しましたが、日本は投手力が弱そうですね。今後かなりの底上げが必要です。
 今月末より台湾ウィンターリーグが始まります。これも若い選手を見れるので楽しみです。特にホークスは高卒2年目の選手が中心。どの程度成長しているのか注目したいと思います。

 育成出身の甲斐捕手がゴールデングラブ賞とベストナインを受賞しました。育成出身では快挙のようです。ホークスは育成出身の野手を育てたいのだろうなと感じます。
 ただし、育成出身の選手の多くは、守備がうまくても非力だったり、パワーがあっても守備が下手だったりと極端です。

 元ロッテの里崎さんが言っていましたが、プロ野球選手のオフって休んでいるわけではないらしいです。プロ野球選手の休養は、軽いトレーニング。実際に休養してしまうと翌年活躍できないみたいです。
 オフというぐらいなので、本当に休んでいるのだと思いました。自主トレ前もトレーニングを続けているのですね。プロの選手はすごいです。
 また、「休養」というアドバイスを真に受けて実際に休養してしまう選手は、発達障害(自閉症スペクトラム)の傾向があるのかもしれないなあと思いました。

 さて、婚活を続けていましたが、どうもダメっぽいことがようやくわかってきました。
 精神力が弱すぎて楽しめません。
 まず、ひとりにならないと壊れる性質が婚活に向いていない(笑)。誰かといると楽しいけど、それを続けると壊れます。心身の疲労が半端ない。その結果、うつっぽくなってしまいます。
 そして、スケジュールが埋まるとパニックになる性質が婚活に向いていない(泣)。だいぶ慣れて来ましたが、結局は過密スケジュールに耐えられないようです。パニックになると、思いやりが低下します。
 まあ、婚活どころではなくなるんですなあ。何年も続けてようやく理解できるなんてね。
 最初の方に出会った女性に別居婚を提案されたけど、この形態が一番良いのだろうなと思いました。みんなよく結婚できるなあ。
 ということで、ひとまず諦めた。完全に能力が不足しています。
 かなり悲しいけど、受け入れようと思います。
 友人関係から始めて、ストレスにならない女性がいたら考えますが、そんな都合が良い女性がいるとは思えません。まあ、諦めろということですなあ。ストレス耐性のなさやパニック癖が治るとも思えないしね。

 「人嫌いなのかなあ?」というのを最近とみに感じ始めてます。
 「ひとりが好き」というだけなんですが、理解されにくい感覚なのかもしれません。
 人恋しいという感覚がまったくありません。ひたすら、ひとりが好き。
 人と会うことによるストレスが原因だと思います。ストレスが嫌いなのでしょう。
 ひとり暮らしが長すぎて、人との共同生活の方法を忘れたのかもしれません。恐らく、実家にいたときはかなりストレスを抱えていたものの、結局慣れたのだろうと思います。耐性がついたというやつね。
 でも、家族以外の人に耐性がない(笑)。その結果、非常にストレスを感じるのだろうと思います。そのストレスが一瞬だと新鮮で楽しいのですが、継続すると苦痛になるようです。

 また、「人より数字や数式が好きなのかもなあ」というのも感じています。非常に自閉症スペクトラムらしいのかもしれませんが、感情がないもの(無機質なもの?)を好きになっちゃうんですよ。
 数字が面白いとか、数式が美しいとか、そういう感覚。
 ペットがほしいと思わないのも、感情があるものが苦手という理由かもしれません。
 数字や数式などはストレスにならないので、ひたすら新鮮で楽しいみたい。
 我ながら面倒な性格だなあ。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

ホークスさよなら日本一

 少しずつ体力は回復していると思うのですが、疲れが取れません。精神的に疲れているのかもしれないなあ。


ソフトBサヨナラ日本一 内川9回同点弾 サファテ男気3イニングMVP

 最終戦は十分に見れませんでした。怖くて。逆転されたところで見れなくなってました。この試合を負けたら、かなりの確率で最終戦は勝てなかったのではないかと思います。
 意を決して最終回だけ見ようと思ったところ、内川選手の同点ホームラン。凄い選手ですね。そして、サファテ投手が3イニングを投げて、川島選手のさよならタイムリーヒット。劇的な日本一決定でした。

 選手層と守備以外はDeNAが勝っていたのではないかと思います。
 3戦目まで3連勝していたものの、2戦目と3戦目は薄氷の勝利。4戦目に決めきれなかったこと、攝津投手が打たれたことにより、完全にDeNA打線が勢いに乗りました。すべての打者が調子を上げてしまいました。
 さらに、DeNAにはホークス打線が苦手なチェンジアップ投手が多く、ホークス打線は沈黙していました。5戦目まででホークス打線のホームランは長谷川選手と中村選手の2本だけでした。打線だけで言えば完全にDeNAに分があります。

 そして、千賀投手の故障。6戦目の先発は東浜投手でした。絶体絶命です。松田選手のホームランで先制したものの、石川投手が打たれ逆転されて3対1。完全に窮地に立たされたと思います。
 8回に何とかピッチャーゴロの間に1点をもぎ取ります。ピッチャーゴロの処理で、砂田投手や嶺井捕手の判断に物言いがつけられていますが、これが経験の差なのかもしれません。結果的に、3対2としてもアウトカウントを増やす選択でした。

 9回。サファテ投手が登板したことで、工藤監督は勝とうとしているのだと思いました。
 その裏に内川選手の狙い撃ちホームラン。正確には狙い撃ちではないと思います。ストレートもツーシームも両方対応できるようにスイングしているはずです。
 内川選手がすごかったのは、ファールにしなかったことだと思います。完璧に振り抜くとファールになることが多いので、わざと右手を離して力を抜いているようなのです。

 サファテ投手が志願して3イニングを投げ切ります。10回表を抑えた際のサファテ投手の喜びようは初めて見たように思います。
 10回裏にフォアボール2つでツーアウト一塁二塁のチャンス。バッターは川島選手。DeNAの外野は超前進守備です。
 川島選手の打球が二塁手の柴田選手の脇を抜けて、外野に達します。そして、村松コーチがギャンブルで腕を回したようです。二塁ランナーの中村選手がホームイン。梶谷選手の返球は無情にも大きく跳ねて、嶺井捕手の頭の上を越えていきました。

 最終回の守備の問題は、嶺井捕手の位置と梶谷選手の返球だろうと思います。
 嶺井捕手はベースの前に位置取るか、ベースの真後ろに位置取る必要があったように思います。良い返球でも今回の嶺井捕手の位置ではセーフになりかねません。どういう意図があってあの位置にいたのかは、今後語られるのではないかと思うので、楽しみにしたいと思います。
 そして、梶谷選手は前進守備しているのですからノーバウンド送球の必要があったように思います。ヤフオクドームって妙に弾むところがあるんですよね。今回はそこでバウンドしてしまったように見えました。また、2戦目の送球でもクロスプレイになりましたが、梶谷選手は送球がうまくないか肩が弱いのでしょうか? ちょっと気になりました。

 CSと日本シリーズを通じてDeNAは強くなったと思います。近い将来優勝できるのではないかと思いました。
 広島と横浜が強くなるなんて、10年前は考えられなかったので、現在のドラフトは機能しているのだろうと思います。


○感想:応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱

 ようやく読み終わったのですが、難しすぎました。正直、観応の擾乱よりも難しいと思います。
 まず、人名がわかりにくい。肉親で争っているので、登場人物が似た名前です。それに坊主が活躍するので、輪をかけてわかりにくくなっているように思います。本書では、かなりの人名にふりがながふられていません。何と読むのかと調べるだけでいっぱいいっぱいになってしまいました(笑)。
 そして、長期戦の割に大きな戦いがないように思えます。防御中心みたいなんですよね。関ヶ原のように1日で終わる爽快さがありません。
 最後に、なし崩しの戦いすぎて、原因がわかりにくいです。畠山氏の家督争いらしいということはわかりました。以前の知識だと、足利将軍家の後継者争いという認識だったのですが、本書を読むに畠山氏の家督争いの方がしっくりきます。その延長線上に将軍家の後継者争いがあったと見る方が自然なのかもしれません。

 漫画があるようなので、そちらで復習しようかな? 全体の流れがまだわかっていないように思えます。

○ドラフト採点の振り返り

 ドラフトの採点をするものの、その採点が正しいのかを振り返る必要があるなあと思っています。採点するからには、採点の評価も必要だろうと。

 そうは言っても採点の評価って難しいです。特にドラフトの成否はかなり難しい。今回の振り返りでは、数字ではなく印象で行いたいと思います。従って、かなりふんわりしたものです。

 私がドラフトの採点を始めたのは2012年だと思います。2012年~2014年をふんわり振り返ろうと思います。

2012年ドラフト採点

 高評価選手は比較的正しいように思います。菅野投手と鈴木誠也選手を低評価してしまったのが残念です。

阪神86.90点田面投手と緒方選手を高評価しすぎた
楽天81.67点下妻捕手と島井選手を高評価しすぎた
日本ハム80.00点大谷選手と鍵谷投手の高評価は妥当
ソフトバンク77.38点東浜投手の高評価は妥当。笠原投手を高評価しすぎた
西武77.00点金子選手と高橋投手の高評価は妥当
DeNA76.19点三嶋投手の高評価は妥当。宮崎選手を低評価しすぎた
オリックス72.14点佐藤投手を高評価しすぎた
千葉ロッテ70.50点加藤選手を低評価しすぎた
中日69.46点若松投手の高評価は妥当
東京ヤクルト66.96点小川投手と谷内選手の高評価は妥当
巨人66.67点菅野投手を低評価、坂口選手を高評価しすぎた
広島52.67点鈴木選手を低評価しすぎた

2013年ドラフト採点

 選手個々の評価は妥当なのが多いように思いますが、球団の評価が芳しくないように思えます。どの球団もまずまずのドラフトに見えます。

オリックス89.58点吉田投手と園部選手を高評価しすぎた
楽天83.78点松井投手の高評価は妥当
中日82.62点桂捕手を高評価しすぎた
DeNA75.48点平田投手を低評価しすぎた
広島73.67点田中選手をもう少し高評価したかった
日本ハム73.06点浦野投手を高評価、高梨投手を低評価しすぎた
ヤクルト71.67点秋吉投手をもう少し高評価したかった
ロッテ71.19点井上選手を高評価しすぎた
西武70.71点山川選手をもう少し高評価したかった
阪神66.43点陽川選手を低評価、梅野捕手を高評価しすぎた
巨人64.00点田口選手をもう少し高評価したかった
ソフトバンク50.00点森投手を低評価しすぎた

2014年ドラフト採点

 中日とヤクルトを高評価しすぎています。この年はドラフトを失敗した球団が多いように思います。また、高卒の選手を評価するのは3年目なので少し早いように思います。
 広島の薮田投手は無名だったので注目できていませんでした。そのため、低評価。難しいですね。

日本ハム84.56点瀬川投手を高評価しすぎた
オリックス83.56点佐野選手と高木投手を高評価しすぎた
西武79.33点佐野投手を高評価しすぎた
中日75.22点全体的に評価が高すぎた。遠藤選手を高評価しすぎた
阪神74.67点江越選手を高評価しすぎた
ヤクルト74.11点全体的に評価が高すぎた。寺田投手を高評価しすぎた
楽天72.50点安楽投手の高評価は妥当
DeNA72.32点山崎投手と石田投手を低評価しすぎた
ソフトバンク72.00点島袋投手を高評価しすぎた
巨人71.00点高木投手を低評価しすぎた
ロッテ70.89点寺嶋捕手を高評価しすぎた
広島55.36点薮田投手を低評価しすぎた

 広島の鈴木誠也選手と薮田投手を正確に評価できていないのが残念です。スカウトはすごいですね。

○雑感

 発達障害は適応障害のひとつなのかもしれないと考えて以来、「適応障害とは何か」が気になっています。参考書を読んでみようかな?
 過集中とゾーンの違いが何か調べてみたいです。似て非なるものだと思うんですよね。過集中は疲れるけど、ゾーンは疲れにくいはず。自分の場合は多くが過集中だと思います。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

ドラフト2017評価

 日本シリーズはDeNAが連勝でかなりまずい状況だと思います。土曜日は勝たないといけません。松田選手に当たりが出ていないので、鍵を握っているように思います。みんなちょっと気を抜きすぎですよね。ファンとしては勝ちに行ってほしいです。


●ドラフト2017評価

 2017年のドラフトを評価してみます。

オリックス83.06点田嶋投手・鈴木投手・本田投手・広沢選手を高評価
日本ハム79.64点清宮選手・西村投手・田中投手を高評価
楽天78.57点岩見選手・田中選手を高評価
ロッテ78.33点藤岡選手・菅野選手・永野投手を高評価
広島78.10点中村捕手・遠藤投手を高評価
阪神74.76点島田選手・牧投手を高評価
DeNA74.67点阪口投手・桜井投手を高評価
西武74.29点伊藤投手・平良投手・与座投手を高評価
中日68.57点鈴木投手・石川投手は中評価。山本選手を高評価
ソフトバンク63.33点中継ぎドラフトは予想外。増田選手を高評価
巨人61.94点即戦力外の危険あり。村上選手を高評価
ヤクルト61.67点2~4位を低評価

 くじを当てた3球団(日本ハム・オリックス・広島)は高得点になりました。
 明らかに良かったのはオリックスです。日本ハムも良かったと言われていますが、私は楽天のドラフトの姿勢が好きです。他には、ロッテと広島も良いように見えます。
 阪神とDeNAと西武と中日がそこそこ良い感じがします。DeNAは東投手指名がかなり良さそうです。中日の高卒ドラフトは思い切ったなと感じました。
 ソフトバンクはくじの段階で外れですね。増田選手を獲得できたので若干点数を上げていますが、最下位でもおかしくないです。
 巨人とヤクルトは意図がわかっていません。巨人は野手ドラフトですが、一歩間違うと即戦力外ドラフトになりかねません。ヤクルトは独自ドラフトすぎて評価しにくいです。

球団名小関太郎週ベyuki得津西尾せつな
ソフトバンク50点50点30点80点D50点63.33点
西武50点75点70点85点A55点74.29点
楽天50点70点55点85点A65点78.57点
オリックス90点95点100点100点AA85点83.06点
日本ハム90点100点100点100点S90点79.64点
ロッテ70点85点80点95点A80点78.33点
広島80点90点80点100点C60点78.10点
阪神70点75点75点80点B60点74.76点
DeNA80点80点85点85点AAA70点74.67点
巨人50点20点50点80点E50点61.94点
中日80点90点75点90点D80点68.57点
ヤクルト50点75点45点75点A55点61.67点

 ざっくりと比較しましたが、やはりオリックスと日本ハムの評価が高く、巨人・ヤクルト・ソフトバンクの評価が低いようです。
 私の評価では最低点が45点なので、かなり点数は高く出る感じです。
 パはBクラスの方が良く、セはAクラスの方が良かったように見えます。全体としてはパの方が良いのかな?(小関さん評価ではセの方が若干良いです)

☆参考
2017年のドラフト会議を完全採点。清宮の日本ハムは90点。最低は……。
【12球団ドラフト採点! パ・リーグ編】“ここで清宮”の日本ハムは満点。では、50点のチームは?
【12球団ドラフト採点! セ・リーグ編】広島は納得の結果。中日は待望のフレッシュドラフト!
週刊ベースボール 2017球団別ドラフト採点【セ・リーグ】
週刊ベースボール 2017球団別ドラフト採点【パ・リーグ】
12球団の指名評価(2017)
【元スカウト・得津高宏氏のドラフト診断】巨人の社会人捕手2人指名は納得できない!バランス良かった日本ハム
【ドラフト採点簿】日ハム、清宮獲りでほぼ満点! ソフトバンクは上位指名で疑問が多い
【ドラフト採点簿】中日は「最高評価」 巨人、同年代捕手2人の上位指名は理解できない!

※11/13 西尾さんの評価を追加しました


発達障害を仕事に活かす

 仕事への活かし方はよくわかりませんでした。
 発達障害を発達アンバランス症候群(凸凹症候群)としているのは良いですね。
 しかし、すべてを発達障害で説明しすぎているように感じました。トランプ大統領はADHDの性質もありますが、パーソナリティ障害の方が強いように見えます。もしくはサイコパスな印象です。
 最新の研究が網羅されているのは興味深かったです。特に、MRIやPET、SPECTなど最先端科学による脳分析が興味深いです。

 自閉症スペクトラムに薬があると書かれていることが気になりました。抗精神病薬のピモジドらしいです。薬は存在しないか、オキシトシン程度と思っていました。そして、オキシトシンは臨床試験で確認中という段階だと思っていたので、薬があるのは意外です。
 ピモジドは統合失調症の治療薬ですが、自閉症スペクトラムにも使われているのですね。他にもリスペリドンとアリピプラゾールが使われるようです。知らなかったなあ。ただし小児用らしいので、大人のための薬はないのでしょう。

発達障害って、なんだろう?

 政府広報に発達障害のページがあるんですね。子供の発達障害が対象で、大人の発達障害のページはないのかな?

秘境中国 謎の民 天頂に生きる~長江文明を築いた悲劇の民族

 長江文明に興味があるのですが、イ族は知りませんでしたし、古蜀国も知りませんでした。独自の文字も持っていたのですね。巴蜀に巴国と蜀国があったということなのかな?
 余裕があればもう少し調べたいですが、上流(巴蜀)と中流(楚)と下流(呉越)で国や民族が違っていそうです。

○雑感

 ようやくNPBのサイトからデータを直接抜き取ろうとプログラムを書き始めました。ヌルデータが閉鎖らしいので、必要に迫られてという感じです。
 SEのくせにあまり自動化とかに関心がないんですよね。これは良くないことだとは思っています。

 ダルビッシュ投手は勝てませんでしたね。日本で圧倒的な成績を残せる投手でもMLBでは打ち込まれるものですね。前田投手の中継ぎでの好投は今後に繋がりそうです。

 HSPって発達障害ではないんですよね。自閉症スペクトラムに似ているのに。発達障害に入れても良さそうに思えます。障害ではないという解釈なのでしょう。

 最近、発達障害当事者会になるべく顔を出しているのですが、そのせいでFacebookやLINEを使うようになりました。当事者会を利用する人は外向的な人が多いんでしょうね。内向的な私にとってはちょっときついかもしれないので、もう少し距離を置いて付き合おうと思います。
 人と会うとダメージを受けるようなんですよ(笑)。婚活がきつい理由も何となくわかってきました。精神力が弱すぎるようです。

 風邪をひいたので病院に行ったところ、薬を大量に処方されました(笑)。ちょっと多すぎ。
 そして、風邪薬をもらった薬局の名前が変わるようなのですが、脳梗塞の薬をもらっている薬局と同じグループになるようです。ドラッグストアだけでなく薬局もそういう時代なのですね。

 羽生棋聖が永世七冠になるかもしれません。竜王戦で2連勝。あと2勝です。今年は三冠から2個もタイトルを失っているので、ぜひ竜王となって欲しいものです。
 藤井四段をきっかけに将棋に興味が向いたのですが、面白いですね。
 藤井システムの藤井九段は「てんてー」と呼ばれていますし、佐藤天彦名人は「佐天さん」と呼ばれています。
 加藤一二三九段は知っていましたが、藤井四段が「ひふみんアイ」を行うので、普通に「ひふみん」と呼ばれているのだと知りました。(自分もひふみんと呼んでましたが)
 また、佐藤七段が豊島七段を評価して言ったという「豊島?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ」も面白いと思います。

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

ドラフト2017結果

 疲労が発達障害の性質を強めているのだろうと予想しています。そして、最近は失敗が多く、そのたびに凹んでいます。


ドラフト会議2017

 くじを3回外したので、ホークスはかなり失敗ドラフトですね。

2017年のドラフト会議を完全採点。清宮の日本ハムは90点。最低は……。
名スカウトのドラフト採点。「成功は日ハム、中日、オリ。失敗は偏向巨人」
【元スカウト・得津高宏氏のドラフト診断】巨人の社会人捕手2人指名は納得できない!バランス良かった日本ハム
各球団のドラフト補強は成功したか――清宮の日本ハムやオリックスに高評価!?
週刊ベースボール 2017球団別ドラフト採点【セ・リーグ】
週刊ベースボール 2017球団別ドラフト採点【パ・リーグ】

 大きく予想を外しました。
 7球団が清宮選手を指名し、安田選手を最初に指名する球団はありませんでした。日本ハムは中村捕手ではなく清宮選手を指名して、くじを当てました。
 さらに、外れ1位も安田選手ばかりではなく、3球団は村上捕手に流れました。
 結果的に6球団しか当たっておらず、そのほとんどが事前に公表されていた球団です。大いに外しました。

 ホークスの指名も外しました。
 まず、本指名4名、育成4名と予想していましたが、本指名5名、育成5名でした。かなりの選手が戦力外となりそうです。悲しいけど仕方ないですね。
 次に、野手中心で指名すると予想していましたが、投手4名野手1名の投手中心指名でした。特に、中継ぎ投手中心指名だったように思います。2013年も中継ぎ投手中心指名で予想を外しましたが、中継ぎ投手中心指名は読めません。

 さらに、外れ1位で岩見選手を予想していましたが、岩見選手(楽天2位)を指名できたにも関わらず吉住投手でした。吉住投手は早生まれのようです。ホークスは早生まれの投手が好きな傾向があるようです。
 2位候補繰り上げの予想も、田中投手(日本ハム3位)や山口投手(広島2位)ではないので、完全に外れました。2位で山口投手を指名しなかったので、山口投手を評価していなかったようです。同様に、石川投手(中日2位)も評価していなかったようです。山口投手と石川投手の評価が高くないのは予想通りでしたが、田中投手の評価が高くないのは予想外でした。
 2位の高橋礼投手も想定外でした。以前、牧田投手を狙った時にスポーツ新聞に漏れて西武に指名されてしまった経験より、今回は沈黙を貫いたのでしょう。ホークスはアンダースローが好きなようです。

 最後に、宮台投手(日本ハム7位)も指名しませんでした。獲得があるとすると、日本ハムかソフトバンクかロッテという予想でした。中継ぎで活躍できると予想しています。
 大学生獲得は予想通りでしたが、指名する選手の選定を間違えたようです。4位の椎野投手はチェックできていませんでした。長身右腕というホークス好みの投手なので、把握しておくべきだったように思います。

 私が評価していた選手は他球団に流れました。
 馬場投手は阪神1位、近藤投手は楽天1位、岩見選手は楽天2位、高橋遥投手は阪神2位、田中瑛投手は日本ハム3位でした。
 これだけ見ると、楽天と阪神の指名が好みになりますね。
 ホークスのドラフト指名の評価は、巨人よりは良いかな?程度で、ヤクルトと同じぐらいだと思います。増田選手と田浦投手を獲得できたのは大きかったです。

 採点は近いうちに行いたいと思います。直感では、日本ハムとオリックスが高得点になりそうです。


○雑感

 最近、決断が必要なことが多くて、そのたびにパニックを起こしています。優柔不断で決断力がありません。決断しても失敗するという不安感が強いのかもしれません。
 入院して以来、不安感は強いので、その影響も大きいのかもしれません。疲労で発達障害の性質が強まり、パニックが起こりやすくなっているのかもしれません。

 発達障害の自閉症スペクトラムの性質で、このところかなり失敗しているように思います。「大局観を描けない」「スケジュールを立てられない」「意図がうまく伝わらない」。
 メールの書き方が悪いと指摘されても何が悪いのかわかっていなくてポカーンって感じでした。メールの書き方が強すぎたのかな?

 私の場合、私の能力を活かせる人が周囲にいないとポンコツ化するのは自覚しています。
 様々な仕事を振られるのですが、頻繁にポンコツ化します。そして、ポンコツ状態を指摘されて、そのたびに凹むんですよね(笑)。ポンコツ化して当然だと思うんだけど、これは甘えなのかな?と思ってしまいます。
 私自身の取扱説明書が必要なんですかね。

 日本シリーズが始まるので、そちらにモードを切り替えようと思います。勝てるかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧