学問・資格

2012年1月17日 (火)

ステルスマーケティングと嫌儲

 妹から佐藤竜雄監督の写真が送られてきたので、頑張って『モーレツ宇宙海賊』と『輪廻のラグランジェ』をステマ…もとい応援しようと思います。いや……どちらもステマ抜きに面白いよね。
 あとは『あの夏で待ってる』がおねティだなあと。長井監督って戸松さんをうまく使いますね。淡白な感じが良い感じになってて素晴らしい。他には石原夏織さんがやはり水橋かおりさんっぽいのと、阿澄佳奈さんが本人っぽいキャラって感じ。長井監督ファンなのでステマしてみました。


2ch「ステマ」戦争 人気板が住民大移動で一気に縮小、その背景の事情と心情
ゲハブログ最大手「はちま寄稿」が謝罪文を掲載、管理人交代へ

 世間的にはステルスマーケティングと言えば食べログなのですが、2ちゃんねるでは「まどか☆マギカ」なんですよね。シャフトのサイトに貼られたURLが「やらおん」のアフィリエイトだったという、おそらく担当者のミスが発端です。
 しかし、以前より疑われていた企業とアフィリエイトブログ(2chまとめブログ)の関係に証拠が示されたので大騒ぎになったわけです。

 今回の事件で、アフィリエイト自体は問題ないと思います。労力を還元する仕組みですし。
 2ちゃんねるのログをコピペする行為は賛否両論あるでしょう。嫌儲民ながら、正直どうでもいいんですよね(笑)。労力の割にそこまで稼げないと思っています。それより働けよ。
 しかし、今回問題にしたいのは、アフィリエイトを稼ぐための自作自演行為です。スレッドを立てたり、面白い書き込みをしたりして、まとめブログにしやすいように誘導するわけです。これはやり過ぎじゃないかと思います。ネットは過剰になりがちなので、自作自演行為のせいでより過激な書き込みが増えてギスギスしやすくなったのではないでしょうか? ブログ制作者もアフィリエイトを稼ぐためというのが強くなりますしね。

 これが一般人にもわかりやすい形で表に出たのが食べログの事件です。自作自演行為(いわゆる「さくら」)はありなのか?ってことですね。この自作自演行為をステルスマーケティング(ステマ)と揶揄しているわけです。

 また、「嫌儲」という言葉も誤解があります。商売や儲けが嫌いなのではなく、信者が嫌いなのでもなく、アフィリエイトブログ(2chまとめブログ)が嫌いということなのです。少なくとも2ちゃんねるではそうなっています。
 でも、世間的には拡大解釈されて金持ちに対する嫉妬と理解されているようなんですよね。それには違和感があります。

 これまでステマで儲けてきたんだから、逆の流れになった時のしっぺ返しがあるのも因果応報だと思います。自作自演ってバレると痛いよ。(大昔に身に覚えがある件)

 そう言えば、博報堂がアフィリエイトブログに絡んでいるとかで炎上しているなあ。電通ばかり叩かれることに違和感があったからこれはこれで(笑)。

 アフィリエイトブログはアドセンスというのをやっているようなので、リンクとか画像とかはあまり踏まないほうがいいみたいです。(1クリックいくらというやつね)


「不確定性原理」を破る「小澤の不等式」、実証される

 これは知りませんでした。教科書に載るレベルのすごい数式ですね。不等式に姓が入るとか凄すぎる。「量子ゆらぎ」があまりわかっていないので、ちょっと追いかけてみます。

2012年は劇場アニメの当たり年 幅広い観客層に訴求する力作ぞろい

 当たり年と言うよりは企画が重なったなあという印象です。最近テレビアニメの映画化が増えているので、一層重なりますね。「人狼」好きなので沖浦さんの新作と、「ぼくらのウォーゲーム」好きなので細田さんの新作に期待しています。

| | コメント (1)

2007年12月27日 (木)

文化のグローバル化

 最近、BD レコーダーが売れているらしい。売り切れは言いすぎだけど、本当に売れているっぽいんよね。PS3の値下げ効果も大きいの? まだちょっと高いし、ダビング10になる可能性もあるし、どうしようかなあと迷ってたり。画質はある程度でいいから、ディスク1枚に1クールを収めたいんよね。可能なんかなあ?
 ガンダムのDVDも販売されたからDVDも終焉を迎えるだろうし、ぼちぼちBDアニメも売っている(これとかこれとかこれ)ので、地デジに移行していなくても、そろそろ考慮すべきかもなあ。そうすると東芝のレコーダーは自然と対象外なんよね(HDレコーダーだから)。

「EMIは打つ手がなかった」――DRMフリー化と「CCCD」という無駄 そして日本は

 音楽に関するパラダイムシフトの詳細がよく分かる記事です。アップルのひとり勝ちになっちゃったよね。映像にも同様のパラダイムシフトが起きていますが、ビジネスチャンスをつかむ企業はどこになるでしょうか?(YouTubeが筆頭かなあ?)過去の徹を踏んでしまう企業はどこでしょうねえ。

GDH、P2Pでアニメを有料配信 「SkeedCast」活用

 企画は良いけど、高すぎると思います。薄利多売じゃダメなんだろうか?(アニメはそれほど売れないという試算はあるでしょうが、マンガ1巻とアニメ1話が同額なら良い勝負になるんじゃね?)

マリみて新刊「マリア様がみてる キラキラまわる」の百合分・姉妹分が足りないと思ってしまったら

 最近のマリみては物足りなさがあるのかもねえ。まだ新刊をゲットしてないので、年末年始に読もうかな。(最近読んでいるラノベの半分は少女小説だったりする(笑))
 それにしても、百合がジャンルとして定着した感じがする~。ま、好きだからいいんですけどね(笑)。あとは・・・おとボクは完全にマリみてオマージュなんだねえ。
 ドラマCDをiPodで聴くとかなり萌えるよ~(ひぐらしは怖いけど)。良いイヤホンで聴くとすごくいいよ。落語ファンでないけど落語をiPodで聴くというのはかなり納得できたりするんよね。

初音ミク対ドワンゴ戦争終結

 とりあえず一件落着なんかな? 再燃はしない?
 結局、ドワンゴがJASRACに登録したことが発端なんだろうなあ。商売しようとすると遅かれ早かれ巻き込まれる問題だろうと思うので、まずまずの着地点を見つけられて良かったのではないでしょうか?
 それにしてもJASRACは嫌われてるなあ。アマチュアクリエーターからも嫌われるって、何のためにあるんだ?(笑) 二次創作に関してうまく整理できる著作権管理事業者があれば、JASRACのアンチテーゼとして発展できるんじゃないかな?

「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画

 ・・・フランダースの犬をまともに見たことがないような。
 それはそうと、これってアニメの影響は検証できているんかな? アニメを見ても負け犬? まあ、日本は勧進帳といい忠臣蔵といい滅びの美学が好きだし、そういう文化でいいと思う。そういえば、ラストサムライもその要素だったような。

○雨ニモ負ケズ

 濫造にも負けず /作画崩壊にも負けず/原作改悪にも放送局の規制にも負けぬ/丈夫なこころをもち/DVDは高く/決して怒らず/いつも静かに笑っている/1年でテレビアニメ4クール分と劇場アニメと少しのOVAを消化し/あらゆることを/自分を勘定に入れずに/よく見聞きし分かり/そして忘れず/ネットの大手のサイトの陰の/小さなニフティのブログで/海外でアニメのネタあれば/取り上げてニヤニヤしてやり/本屋で原作本あれば/買ってその本の山を積み/動画投稿サイトに笑い死にそうなマッドあれば/取り上げて「これはいい」といい/ニュースで喧嘩や訴訟があれば/面白いからもっとやれといい/日照りの夏コミは涙を流し/寒さの冬コミはおろおろ歩き/みんなにアニオタと呼ばれ/褒められもせず/苦にもされず/そういうものに/わたしは/なりたい

 ・・・思いついたものの実際に改変してみると難しい(笑)。「忘れず」というのと「面白いからもっとやれ」が、実践できてませんなあ。

○算数と数学

 受験生のために、学校で教えない独自手法を紹介。一般的に使えないから(笑)、確認用に利用するといいよ。

◇XとYの最小公倍数

 最小公倍数の解法をずーっと眺めてたら思いついた方法。大学では有名だった。

 1.XとYの最大公約数を求めます
  (練習すれば、眺めただけで求められるようになるにょ)
 2.Xを最大公約数でわります
 3.Yに2の答えをかけます
 4.3の答えが最小公倍数です

 例えば、6と8の最小公倍数は、最大公約数が2だから、6÷2×8=24ね。

◇Y切片

 相似をこねくり回して求めた。高校の段階で違う解き方を教わったけど、対称のほうが美しいと思う(笑)。

 点A(x1,y1)と点B(x2,y2)を結ぶ直線の方程式を求めるとき。
 1.傾きは、(y1-y2)/(x1-x2)で求まりますね。
 2.Y切片のY座標は、(x1y2-x2y1)/(x1-x2)で求まります(独自手法)。
 3.従って、方程式はy={(y1-y2)/(x1-x2)}x+(x1y2-x2y1)/(x1-x2)

 例えば、(-1,1)と(1,3)を結ぶ直線の方程式は、傾きが(1-3)/{(-1)-1}=1で、Y切片のY座標が{(-1)*3-1*1}/{(-1)-1}=2だから、y=x+2と求まりますね。穴埋め問題ならば、スピードアップ可能だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

日本の近代と戦争

現代日本は、近代史をおろそかにしているよなあと思います。
その証拠に、尊敬する人物として維新の志士は多くあげられますが、近代の人物があがることはほとんどありません。

最近、近代を思想ではなくロジックで分析しようという動きがあるように思います。

ある女性の著書を富野由悠季(ガンダムの監督)が絶賛しているのをガンダムエース(だったと思う)で目にしました。その後、福田和也(評論家)までもその女性の著書を週刊新潮(だったと思う)で絶賛していたのです。

その女性は加藤陽子さんと言います。

富野由悠季が紹介していたのは『戦争の日本近現代史―東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで』でした。

この本で近代史全般を学習できます。なぜ、この内容を中学校で学習できないのかと、非常に疑問に思いました。「戦争=悪」と規定しているから、戦争を直視して分析できないのかもしれません。

福田和也が紹介していたのは『戦争の論理―日露戦争から太平洋戦争まで』でした。

この本は、特に日露戦争以降の軍人・政治家の動向を詳細に知ることができます。

また、『ローマ人の物語』を読んだ後に、これらの本を読む方が視野を広げて日本を見れるように思います。

そして、2005年の文藝春秋11月号で、「文藝春秋」読者賞を受賞する対談が行われました。

それを引き継ぐ形で、『あの戦争になぜ負けたのか』という対談集が生まれています。

さらに、今年の文藝春秋9月号でもプチ特集が組まれています。(こちらは昭和天皇の「靖国メモ」の分析が掲載されているので、陰謀論者は読んでおいた方がよいでしょう)

これらの本は、戦争は悪いものだではなく、どうやったら勝てたのかでもなく、負けるべくして負けた戦争をなぜ日本は起こしてしまったのかを語っています。

昔から太平洋戦争ではなく大東亜戦争だよなあと思ってましたが、最近は終戦記念日ではなく敗戦記念日だよなあと考えたりします。潔く負けを認めないと、今ここにある危機に対応できないのではないでしょうか?(今起きているのは、ゲリラとテロと経済戦争ですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)