芸能・アイドル

2016年8月30日 (火)

認知行動療法

 ホークスはついに首位陥落したけど、また首位に立てています。シーズンの最後までこの状況が続くのかな?

 ひょっとしてアスペルガー症候群のグレーゾーンって相当生きにくくないですか? アスペルガー症候群ならば自分が世間と感覚がずれていることがわからないのですが、グレーゾーンだと考え方がおかしいとわかるんですよ。しかし、具体的にどこがどうおかしいのか、正解は何なのかがわからない。従って、どのように行動したらいいのかわからない。自尊心がなくなるし、回避性人格障害を引き起こしやすいんじゃないかな?
 「自分の課題と相手の課題を分けて考える」のがアドラー心理学の「課題の分離」ですが、アスペルガー症候群だと自分の課題はわかっても相手も課題がわからないんですよね。想像力の欠如です。これも人間関係のストレスを引き起こしそうです。
 また、ADHDで人の名前や顔を覚えられないのも、相当に生きにくいように思います。人との交流にどうしても成約ができるし、対人恐怖症になりやすいように思います。さらに、計画できないので将来不安になりやすいはず。不安障害も引き起こしやすいのではないかなあ?

 これらの症状を持っていて何とか働けて生きてこれたので、案外すごくねという謎の自尊心を手に入れました。自尊心ってこれでいいのかな?
 他人からの評価ではなく自分自身の評価にすれば問題ないのだろうと勝手に思っています。他人からの評価を樹にすると、恐らく自尊心がなくなるか歪んだ自尊心になるはずです。
 「最善を尽くす」という意味がようやくわかったような気がしています。自分で自分を褒められるだけの行動をとれたらそれでいいのかもしれないです。評価は他人や世間が下しますが、それはその人の判断。最善を尽くして、評価が低かったら、それはそれで仕方ないと思えるのが平穏だろうと思います。
 常に最善を尽くせば、いずれ成長するのではないかなあ? 今はダメかもしれない。でも、いずれできるかもしれない。それでいいじゃんという良い意味での割り切りが必要みたいです。

 宮﨑駿監督にしろ、庵野秀明監督にしろ、アスペルガーの性質を持っている表現者はその性質を「呪い」と思っているのではないかと考えています。宮﨑監督だと「もののけ姫」によく現れているし、庵野監督はエヴァの暴走にそれが現れていると思います。自分は自覚するに従って、過集中と合わせて「呪い」のように感じるようになりました。
 最近では、真田丸の石田三成の描かれ方が非常にアスペルガーです。そして、恐らくエニアグラムのタイプ5のような描かれ方に見えます。調子が悪いと人に会いたくないのです。三谷幸喜さんは恐らく秀吉と三成を描きたかったんじゃないかな? 石田三成は秀吉に依存してたので、秀吉がいなくなり視野が狭くなっていっているという状況をうまく描いているように思います。秀吉が「家康を殺せ」という呪いの言葉を発するのですが、それは三成の思い込みかもしれません。三成の行動に近いことをやっている自分がいるので、大河ドラマとは思えません。


●認知行動療法

 ようやく本当の意味で「認知の歪み」がわかってきたような気がしています。
 私は非常に周囲の影響を受けやすいようです。良いように解釈すると、感受性が高いのかもね。
 このような場合は、本人の「認知の歪み」だけでなく、親や友人、配偶者などの周囲の「認知の歪み」も考慮すべきようです。本人は歪んでないのに周囲の人の歪みで縛られます。

 認知行動療法の本によると、8種類の「歪み」があるらしいです。
・物事を「白か黒か」で割り切り、完璧を求める
・物事の悪い面ばかりが目につき、良い点やうまくいったことなど他のことが見えない
・物事や人に「○○である」と否定的なラベルを貼り、一度貼ったら剥がさない
・自分の短所や失敗を実際より大げさに考えて、自分の長所や成功を実際より小さく捉える
・自分や他者に対して、「○○すべき」「○○でなければならない」と決め付ける
・良くない出来事が起きると、自分に関係ないにも関わらず自分のせいだと考える
・わずかな出来事を根拠にあらゆる出来事が同じような結果になると一般化しすぎる
・確かな理由もないのに、悲観的な思いつきを信じ込んでしまう

 私は親の影響で「○○すべき」というのが強いのと、ADHDの影響で思いつきが多いので悲観的な思いつきを信じ込んでいそうです。
 自分の本来の性質だけでなく、親や身近な人の影響で縛られるというのが分かっていませんでした。影響を受けやすい人は周囲の人の影響も考えて認知の歪みを検証してみると良さそうです。

 ようやく「プラス思考」や「ポジティブ・シンキング」が良いわけではない理由も分かってきました。
 ネガティブな人はネガティブなんです。森田療法だと「あるがまま」らしいですが、ネガティブをポジティブには変えられません。無理に変えようとすると歪みが生じます。無理が生じます。それは心に悪い影響を与えます。
 だから、無理にポジティブになる必要はないようです。ネガティブをあるがまま受け入れて、少しましなネガティブにすればいい。要するネガティブを自覚できて、理解できれば良いようです。
 「プラス思考」や「ポジティブ・シンキング」に振り回されている方は振り回されないようにしましょうね。

 最近はアニメで「七つの大罪」がよく取り上げられます。「傲慢」「強欲」「嫉妬」「憤怒」「暴食」「色欲」「怠惰」ですね。認知の歪みとはちょっと違うかな?
 エニアグラムの「囚われ」がこの七つの大罪の元ネタという説もあるようです。エニアグラムの囚われは「憤怒」「傲慢」「欺瞞」「嫉妬」「強欲」「恐怖」「暴食(貪欲)」「邪淫(欲望)」「怠惰」です。七つの大罪と似ていますね。

 「認知の歪み」と「エニアグラムの囚われ」を両方認識するのが一番良いように思います。どちらか片方だけではすべてを解決できないのではないかな?
 というのも、認知行動療法では「プラス思考すぎる」「ポジティブ・シンキングすぎる」ところがケアされていないように思えます。傲慢や怠惰というのも、たぶん「認知の歪み」の一種なんですよ。でも、周囲の人が迷惑しても、本人は鬱にならないせいで問題とされにくいように思えます。
 周囲から孤立して本人が落ち込んで初めて鬱症状が現れる。そこまで気付かないというのは、予防という観点でよくないんじゃないかな?
 だから、ポジティブなときもエニアグラムの囚われをチェックしておくと予防になると感じています。悪化する前に気付こう。

 認知行動療法には「行動実験」という取り組みがあります。認知の歪みで行動できないことを実際にやってみて、予想と結果を比較して認知の歪みを修正していく試みです。具体的な行動を考えていくわけですが、この部分を読むと非常に嫌な気分になります。苦手意識が強すぎて、具体的なことに拒否反応があるようです。
 数学好きは論理的らしいのですが、私は直感で生きている数学好きなようです。そして、IT業界は具体化することが得意な人が多いらしいのですが、私は具体化作業が苦手で抽象化作業が得意なようです。
 我ながら不思議な性質を持っているものです。すごくひねくれているのかな?

 ストレスコントロールの方法を考えて、私のストレスの原因がほとんど不安だと気づき、不安を取り除くには「ぼんやりとわかっている将来の課題」を特定することだと分かってきました。ぼんやりとわかっているせいで不安なようです。先のことだから気にしないか、課題を解決するために可視化作業をしていく必要があるようです。
 そして、論理的に考えられるようになることと、具体的に落とし込めるようになることが、次に取り組むべきことなようです。一歩ずつは前進していると信じて、取り組んでいこうと思います。
 それでも認知が歪んだら、認知行動療法で認知を修正していこうと思います。


ホルモンを鼻スプレーで自閉症軽減 福井大チーム検証、結果に男女差

 オキシトシン程度で改善するなら実用化して欲しいですわ。自分はグレーゾーンなので大きな効果はないかもしれませんが、アスペルガーには特効薬がないらしいので早く実用化するといいですよね。

ADHDなどの原因、特定遺伝子の重複 阪大解明

 慢性鼻炎のせいだと思っていたのですが、ADHDの原因遺伝子があるようです。マウス実験でADHDの症状が起きているということはかなり可能性が高く見えます。
 本当に先天的な脳や神経の病気なのかもしれませんね。ということは残念ながら遺伝するよなあ。

2度引き返しのMRJ、不具合究明急ぐ

 流石にちょっとがっかり過ぎます。期待してるんだけどなあ。うまくいかないものですね。

声優・花江夏樹、涙声で結婚生報告 お相手紹介では「凄く素敵」おノロケも

 噂になったと思ったら結婚発表でした。葉脈の一致に気づく人はほんとすごいです。なんで気付けるんでしょうね?
 花江さんは「おはスタ」があるので公表したのかもしれません。公表するのが声優のスタンダードとなって行くのかな?

声優の福井裕佳梨が結婚を発表 会社取締役と「幸せな穏やかな日常を」

 福井裕佳梨さんがやまけんと結婚です。ガイナックスの誰かだと思ってました。すみません。やまけんは昔ラジオを聞いていた記憶があります。
 しかし、やまけんが音泉の社長をやっているとは! 音泉はよく聞いています。利用しています。
 ということで、お幸せに!

| | コメント (2)

2016年7月16日 (土)

声優が狙われる時代

 「まよいマイマイ」状態から多少抜けられたのかな? まあやってみるしかないね。

 「ポケモンGO」がすごい人気らしいですね。拡張現実(AR)に期待していたけど、期待外れなことが多く、ARが人気になると予想できていませんでした。ネームバリューが重要なのかもしれません。
 これまで以上にうまくARできていることも理由としてはあるのでしょう。でも、知名度がないと、爆発的な人気にはならないでしょう。
 あとは効果音かな? これまでのARって音がなく無味乾燥じゃないですか? 「ポケモンGO」には効果音がある。だから、ユーザの操作が感動に結びつきやすいように思います。

 電動角質リムーバーがテレビで紹介されてたので買ってみたのですが、予想以上に良さそう。日立のフェイスクリエ、パナソニックの鼻毛カッター以来の衝撃でした。
 足裏がガチガチに固くなるところがあって、そこが綺麗になるのが良いです。角質が確実に削れるのがわかるけど痛くない。足裏が柔らかい人は痛いかもしれないので注意して下さい。

 高校野球は一応母校は勝っているみたい。まだ楽しめるかな? 今年は球速が速い投手が多いです。野球は弱いチームが勝ちやすいスポーツなので、強いチームが勝てるとは限らないのですが、話題の選手が多く甲子園で見られると楽しいですね。スカウトはあまり勝ち上がってほしくないでしょうけど。

 DeNAの野川投手の登場曲が『ギミー!レボリューション』らしいです。アニソンは登場曲NGと聞いたところがあるので、認められていることが予想外です。
 かなり好きな曲なので、「レスキュー!」ってファンが叫べるところまで良い投球を期待しております。


声優・神谷浩史、既婚しかも子持ちだった!? 報道について所属事務所がコメント発表

 知ってた。というより、正確には、可能性が非常に高いと思ってた(笑)。

 ネット上にはこのような噂話が大量に転がっています。
 おおまかに分けて3種類の噂話があるのではないかな?と思います。
 ①口が軽い知り合いが書き込んだ
 ②思い込みが激しい声優ファンが書き込んだ
 ③関係者がミスリードを狙って書き込んだ

 ①は明らかに正しい情報で、③は明らかに間違った情報です。
 問題となるのが②で、まれに当たることがあるわけです。思い込みが激しいからといって外ればかりではない。
 個人的な判断基準は、「情況証拠をどこまで積み重ねられるか」ですね。多少なりとも客観的な情報や理由が欲しい。
 「ルッコラの葉脈」と例えられますが、何らかの情況証拠があれば、その情報を信じれるのではないかと思います。

 噂話があっても声優本人が公表しなければ、このような週刊誌情報ぐらいしか真偽を判断する手段はありません。さらに、週刊誌情報があっても状況はあまり変わらない。結局、何を信じるかです。
 今回は事務所も本人も結婚していると明言はしていません。肯定しなかったから結婚していないとも言えるし、否定しなかったから結婚しているとも言える。

 おそ松声優は小野Dや福山さんなど人気声優が多いので、これが週刊文春報道ならばすでに情報を押さえていて、第2弾、第3弾と立て続けに記事にするように思います。しかし、今回はFLASH。ということは、単発記事なんだろうな。

 しかし、いよいよ声優が芸能人と同じレベルで報道される時代になりましたね。収益のために、宣伝のために、声優の地位向上のために、声優が芸能人のやっている領域に入っていったわけで、その代償だろうと思っています。
 ホリプロという芸能事務所も声優を抱えているから、すでに声優業界も芸能界の一部でしょう。というか、もともと芸能界の一部なのに、そうじゃないように振舞っていただけだと思います。

 今後この傾向が強まるのは間違いない。アニメはともかくゲームで声優が浸透した。スマホでゲームしている人は多いから認知度も高いでしょう。
 紅白声優になる、オリコン1位をとる、大ヒットアニメの主演声優になるなど何か付加価値があれば、十分にゴシップ対象になると思っています。


NECが新材料「カーボンナノブラシ」を発表、充電高速化に期待

 カーボンナノチューブでノーベル賞を獲得できないのは、あまり使われていないかららしいです。世の中を変えていない。
 その点、今回のカーボンナノブラシは応用しやすいらしく、カーボンナノホーンはもちろんナノチューブより使われるのではないかと思います。
 NECの技術力って、こういうところにあるのかもしれませんね。今後日本が生きる道は素材なのかな?

| | コメント (1)

2016年4月 5日 (火)

新田恵海さん

 申し訳ないけど、やっぱりゴシップ大好きですわ。声優ゴシップは本当に好き。もっと週刊誌はゴシップ記事を書いてくれたらいいのに(笑)。今回のように紅白出場という要素がないと需要がないんだろうけど、業界を少し洗う意味ではゴシップ記事は必要だと思うんよなあ。

 ホークスは予想どおり中継ぎが弱いのですが、どうしたものでしょうね。優勝できないとしたらこれだろうというところにハマってしまっています。2軍では若手投手も遅れが目立っていますし、夏までは我慢する必要があるのかもしれません。


紅白出場の声優・新田恵海「AV疑惑報道」の背景

 恐らく本人ですよね。歯やホクロも一致しているし、声も似ています。

 4月1日に『ラブライブ! μ's Final LoveLive!』があったようです。その直後にこの疑惑。この疑惑は、アサヒ芸能のスクープ記事です。アサヒ芸能は徳間書店の雑誌で、徳間書店はアニメージュを発行しているアニメとつながりが強い出版社です。
 『μ's』は解散して、『Aqours』が始まります。このあたりを考慮すると、内部リークがあり、かなり前からアサヒ芸能は知っていたのではないかと考えられます。そして、何らかの方法でライブが終わるまで待ってもらった可能性が高いように思います。

 風俗嬢やキャバ嬢で声優になりたい人が多いじゃないですか? 養成所に行くために働くとか、声優をしつつキャバ嬢のバイトをするなどですね。(キャバ嬢がバレているのは水田わさびさんぐらい?)えみつんもその系統なのかもしれません。
 声優は、かたや金持ちの道楽であり、かたや一発逆転できる職業なのかもしれませんね。両極端なんだろうなあ。

 所詮、声優業界は芸能界の一部。それを再認識できる事件でした。事務所がどうやって収束をはかるのか興味があります。

 ところで、なぜ新田恵海さんはエロゲ声優をやめちゃったのでしょう? 自ら逃げ場をなくしてしまったように思うのですが、いかがでしょうか?


ソフトB パ連盟に意見書、川島のスライディング負傷 基準求める

 たまたま現地で見ていました。
 ノーアウト一塁三塁。サードランナーは西川選手。
 サードゴロで松田選手が捕球。その後、西川選手を目で制します。少しサードベース方向に戻る西川選手。
 松田選手はセカンドの川島選手に投げてフォースアウトを狙います。しかし、このとき西川選手がスタートしてホームへ向かいます。
 川島選手はセカンドベースを踏んだあとホームに投げようとしたのでしょう。その川島選手の足元に田中選手がスライディング。
 結果的に、川島選手は負傷して、西川選手がホーム生還しました。

 これが起きたのは、コリジョンルール(捕手のブロック禁止ルール)のためだと思います。これまでは西川選手はスタートできなかった。しかし、今年からはブロックできないのでランナーが有利です。問題なくスタートを切れます。

 田中選手の走塁は間違いではないでしょう。むしろ、うまいプレー。
 今回の問題はそういうことではなく、「ノーアウト一塁三塁のときにどういう作戦をとればよいのか?」という点です。

 松田選手はセカンドに投げて西川選手のホーム生還を許しました。つまり、セカンドに投げると1点は仕方ないと考えるべきです。1点は仕方ないとすると、5-4-3のダブルプレーを狙うべきです。ダブルプレーをとれると1点は失いますが、ツーアウトでランナーがなくなります。
 逆に1点もあげたくない場合は、セカンドに投げるのではなくファーストに投げるべきということになります。この場合はワンアウト二塁三塁になります。それでも、三塁ランナーがスタートする可能性があるので、危険ではあります。
 非常に難しいのであまりないでしょうが、三塁ランナーをアウトにすることも考えられます。ワンアウト一塁二塁とランナーが残りますが、一塁三塁より良くなります。その代わり、失敗してノーアウト満塁となる可能性も考えられます。

 従来とは作戦が変わるので、重要な基準になるだろうと思います。

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

心の中のショーンKを抑えるために

 ホークスも円陣をしていました。個人的には勝利に結びつかないと思います。球団が関与して勝利給として行うならば良いのでしょうけど、勝敗をもとに選手間で金銭のやり取りが発生すると損をしている選手がいることになるので良くないように考えています。

 『転生したらスライムだった件』のコミック版が予想以上に良いので、アニメ化しないかなあと思っています。連載雑誌のシリウスを調べるに、そんなにアニメ化は多くないけどゼロではなさそうですね。

 Fさんのブログが止まっているので、近々何かあるんじゃないかなあと期待しています。公表しないような気はするんですけどね。


ショーンK 経歴詐称騒動、大きな代償

 正直、名前を覚えていませんでした。声が良いコメンテーターという認識で、職業もちゃんとわかっていなかった。

 それにしても週刊文春はすごいですね。よくネタが尽きないものだと感心します。

 「学歴詐称」「経歴詐称」ということらしいですが、子供の頃に「ホラッチョ川上」「おっぺけぺー川上」と呼ばれていたそうなので、虚言癖のようなものはあったのでしょう。
 こういうのってパーソナリティ障害の一種になるのかな? 「自己愛性人格障害」「演技性人格障害」あたり。

 大きく見せようとして努力するのは良いことらしいんですよね。そのうちに実力がついて、相応の実力になるから。そういう人の方が出世しやすいらしいですし。
 しかし、度を越していると、取り返しがつかなくなるのでしょう。

 誰しも他人に良く見せたいものです。その時に、心の中のショーンKが姿を表してしまう。ちょっとの嘘が大きな嘘になっていくのだろうと思います。

 芸能界ではキャラづくりの一環ではあると思います。有名なのは叶姉妹やスザンヌかな? だから、芸能人が叩くのには違和感があります。
 キャラづくりしている人ばかりの中で、失敗した人を「叩いていい」という空気のもと叩いているように感じるんですよね。集団リンチみたいでカッコ悪い。
 叩いている人も間違えると叩かれる側になる危険性は皆感じているとは思います。

 そこまでキャラづくりしなきゃいけないのか疑問です。生きづらくない? 私が不器用すぎるだけなのかな? 演技しながら生きるのって無理じゃね?

 気楽に生きるためにも、心の中のショーンKは抑えたいなあと思います。


「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額

 バーチャルボーイからどれだけ経ったのだろう? ついにバーチャルリアリティ(仮想現実)の時代が到来しそうです。やはり最初はゲームからのようですね。
 正直、エロゲで使われたらどうなるんだろうというのが気になっています(笑)。PC向けもあるから可能なんでしょうね。

「ソードアート・オンライン」の超リアルな世界を体感――IBMが目指す“未来のゲーム”とは

 これもVRゲームですよね。まさかIBMがSAOと組むとは思っていませんでした。入り口はこういうところなんだろうな。
 AR(拡張現実)もドラゴンボールのスカウターや電脳コイルの電脳メガネが入り口だろうと思うので、とりあえずそこを実現できたら面白そうです。

ジブリも使うアニメ制作ソフト「Toonz」、ドワンゴがオープンソース化し無償公開

 ジブリって独自ソフトを使ってたんですね。ジブリがほとんどアニメをつくらないとなると、ソフトを維持するのが大変そうです。しかし、使わないのももったいない。だから無償公開なのかな?
 この試みから新しいアニメ制作ソフトや新しい演出が生まれることを期待したいです。

「おじゃる丸」の声優、小西寛子さんをネットで中傷 容疑の男性を書類送検

 小西寛子さんは声優としてかなり好きだったんですよね。消えた声優になっていたけど、事務所の移籍などに関係していそう。要するに干されたのでしょう。たぶん、そういう関係の事件だと思います。真相がわかったらいいなあ。

シャープ、世界初の「蚊取空清」を発売

 画期的だけど、これで業績が回復するほど甘くはないよなあ。売れるとは思います。

ツタンカーメンの墓に“隠し部屋” 伝説の美女・ネフェルティティの墓が有力?

 まだ隠し部屋があるんですね。エジプトはすごいですわ。こういうのがニュースになるということは、エジプトの政治も多少落ち着いているのかな?

| | コメント (0)

2016年3月 8日 (火)

感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~

 ようやく『このすば』をまとめ見。「このすば」って間に挟むのがうまいですね。1話完結方式になってる。次は『僕だけがいない街』を見ようかなと思います。

 婚活に力を入れようとしたら、3月に予定が重なりまくり。3月は忙しいのでかなりきつい。調整とかする能力がない(笑)。これがADHDのスケジュールバッティングというやつかなー。せいぜい頑張ります。帝国ホテルに行くとは思わなかったわー。


●感想:劇場版探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~

 久々にミルキィホームズを楽しみました。
 木谷さんのアニメってギャラクシーエンジェルにしろミルキィホームズにしろ、無駄にキャラが増えて終わっちゃうんですよね。やっぱりキャラは増やさなくていいよと思ったアニメでした。

 完全に横浜アニメですね。序盤は草津だったのですが、やっぱり横浜アニメ。映画館の近くや横浜赤レンガ倉庫、横浜スタジアムなどが舞台でした。見たことある風景って感じです。

 作画はちょっと乱れているところがあったかな?(若干下手かな程度です)恐らくブルーレイでは修正するのだろうと思っています。
 演出というよりも、監督が桜井弘明さんで総監督が森脇真琴さんというのがビックリ。ミルキィホームズは森脇真琴さんのものなのかな? 調べたら、3期と4期は錦織監督ですね。脚本もふでやすかずゆきさんですし、恐らくですが、1期の雰囲気に近かったように思います。
 そんな中で桜井弘明さんが監督。木谷さんアニメで桜井弘明さんと言えばデ・ジ・キャラット。お二方のギャグがうまい感じにミックスされていたように思います。
 ところで、指に落書きするのは、この世代のギャグなんかな? スレイヤーズを思い出しました。

 気楽に見るには良いアニメだと思います。1期好きには好評じゃないかな?

Mh01

Mh02


ご報告。

 1年間闘病されていたようですね。こういうのを見るときついね。明坂さんの親だとまだ若いでしょうし。
 そんな中でも仕事をしなきゃいけないんだから、そりゃあ大変ですよね。私自身も考える必要があるのかな。

プリキュア声優・榎本温子 12歳下の声優・石井マークと結婚

 完全にノーマーク。石井マークさんだけに。
 12歳年下ってすごいですね。それも女性が年上。さらに、聞くところによると、石井さんが榎本さんのファンだったらしい。キムタクと工藤静香のパターンかな?
 石井マークさんは直前に事務所をやめているんですよね(参考)。今回の結婚報告と関連があるのかもしれません。

○球団の育成力2

 2007年と2008年のドラフトが悪くて、6年目7年目に急落している球団があるようです。データが少なすぎるんだろうな。そこで、1~5年目の傾きだけで育成力を算出してみました。

球団名育成力(1~5年目の傾き)育成力(1~7年目の傾き)
ソフトバンク0.3460.218
西武0.3210.142
日本ハム0.2940.233
中日0.2510.004
ヤクルト0.2280.005
広島0.0870.093
楽天0.0530.012
ロッテ0.0300.033
オリックス0.0260.027
巨人0.004-0.061
DeNA-0.024-0.103
阪神-0.081-0.018

 予想外ですが、ソフトバンクが1位でした。ここ2年の高校生ドラフトのせいかな? 中日とヤクルトが1~7年をもとにした育成値よりもずっと良いです。一昨年の即戦力外ドラフトのせい? 西武も良くなっており、日ハムよりも育成力があることになっております。
 その反面、巨人・DeNA・阪神はあまり変わっておりません。育成力がないことがわかります。特に阪神は1~7年をもとにした育成値よりも悪い。さらに阪神は10年目の予測値がマイナスになりました。新人や若手の使い方がおかしいんだろうな。

 リーグごとにグラフにするとこんな感じ。2007年以降のデータです。7年目にセ・リーグの5球団が落ち込んでいるんだけど、これは2007年と2008年特有のものなのかな? あと2年経つと、きっと何かがわかるんだろうな。
 1~5年目だけで育成力を判断するのは無謀っぽいですね。普通に見ると、やはり日ハムが一番良く見えます。

パ・リーグ育成

セ・リーグ育成

 2006年以前のデータを集めても良いけど、いかんせん「逆指名」「自由枠」「希望枠」とあったじゃないですか。平等なドラフトじゃない気がして、データ化する気がしないんですよね。と言っても、それ以降も囲い込みっぽいことは行われています。ドラフト後の入団するか否かを決めるのは選手の権利ですしね。

小選挙区制は、日本の政治にとって本当に良かったのか?

 私は小選挙区制が嫌いです。中選挙区制が良いとは思わない。でも、小選挙区制は日本には合わないように思います。大きく振れすぎるんですよね。
 比例代表制が基本的には好きです。でも、政治家は有権者が選びたい。そんな選挙制度がいいなと思います。
 完璧な選挙制度なんてないんでしょうね。

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

田村ゆかりに何があったのか?

 サッカーのU-23でアジア王者になるとは思っていませんでした。
 大逆転勝利も驚きですが、年々若い選手がアジアですら勝てなくなっていたのを知っていたから、驚きが大きいです。
 この勝利は、手倉森監督の手腕と、それぞれの指導者の指導と、何より選手の頑張りのおかげなのでしょうね。

 週刊文春の快進撃が続いています。
 「育休国会議員の“ゲス不倫”お相手は女性タレント」「ホリエモンが56億円“宇宙詐欺”にあっていた!」とか、独り勝ちの様相です。
 週刊新潮も頑張ってほしいものです。

 年初より株価が落ちています。
 この要因は、「オイルマネーの枯渇」「中国バブルの崩壊」だと思っています。
 シェールオイルによってアメリカが産油国となったために、原油価格が急落しました。そのせいで、オイルマネーが潤沢ではなくなります。従って、利益確定させたいと資金を引き揚げている状況だろうと予想します。
 そのオイルマネーが投じられていた国のひとつに中国があります。リーマンショック後、公的資金もあり中国経済は何とか成長を続けていました。しかし、逆に無理が祟ったのでしょう。ついに、中国バブルが崩壊したようです。中国の株価の動きが、リーマンショック時のアメリカの株価の動きと似ているらしく不気味です。
 グローバル経済により、世界の株価は連動します。中国の株価はアメリカの株価に、アメリカの株価は日本の株価に影響を与えます。その結果、世界同時株安が発生しているのだろうと予想しています。


人気声優・田村ゆかり“一斉終了発表”の反響にキングレコード驚き「詮索されるような重苦しい感じのものではない」

 王国民は大混乱。国家存亡の危機ですね。

(1)今冬に予定されていたライブの開催中止
(2)2003年から続いた文化放送「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」とネットラジオ「喫茶 黒うさぎ ~秘密の小部屋~」を3月末で終了
(3)公式サイトのリニューアル
(4)2万9000人を超えるフォロワーがいる「田村ゆかりSTAFF Twitter」アカウントの閉鎖
(5)4月1日からオフィシャルファンクラブの運営会社移管

 「田村ゆかりについての重要なお知らせ」でこれらがアイムエンタープライズ・キングレコードの連名で発表された段階で、十分に「重苦しい感じのもの」です。何かあったのは確実。

 恐らく「結婚や妊娠などではなく、キングと田村サイドの問題と聞いています」がすべてなのでしょう。

キングレコードのアニメレーベル「スターチャイルド」消える 新部署に移行

 「スターチャイルド」が終了するのはびっくりです。「エヴァ」や「林原めぐみ」はスターチャイルドだったはず。
 大月専務がキングレコードを退社するという噂もありますし、キングレコード内で権力争いが起きているのかもしれません。その結果、キングレコードと田村ゆかり&アイムの間で何かトラブルが発生したと考えられます。
 SMAPのときのように、お世話になったキーマンが退社すると、タレントがキーマンについていく形になることが考えられます(SMAPは実現しませんでしたが)。憶測で言えば、大月専務以外にも誰かが退社するのかもしれません。

 結婚や妊娠によるトラブルの可能性は低そうですし、事務所を退所する話でもなさそうです。キングレコードに注目すると良いのではないかと思います。
 王国民じゃなく情報が少なすぎるので、継続して調査するしかないのでしょう。追加情報があったら、追記していこうと思います。


○新しい指標を考えてみる

 入力ミスなどが重なり、前回は計算間違いが多かったです。これ以上なければいいなあ。Accessのプログラムミスが目下一番不安です。

 今回はRSWIN+RCWINを計算してみました。足し算だからかなり楽な方。入力はかなりきつかったです。
 元データはヌルデータを使用しています。小数点第3位以下を計算していないので誤差があります。

◇RSWIN+RCWIN

07年08年09年10年11年12年13年14年
ソフトバンク-3.005.21-6.4714.393.94-1.732.460.09
日本ハム9.14-10.092.03-4.210.042.63-1.58-1.64
ロッテ-6.70-5.335.15-4.19-2.03-4.01-2.19-1.63
西武-7.331.28-2.946.73-2.990.071.98-0.43
オリックス-4.261.49-0.76-4.51-3.75-2.24-0.29-0.61
楽天-8.93-7.88-7.94-6.43-5.123.12-1.65-1.90
ヤクルト-6.73-11.47-2.2210.56-9.41-4.111.910.02
巨人-3.17-2.5212.213.50-0.294.56-0.94-0.51
阪神0.231.07-6.28-3.70-2.740.11-3.62-1.21
広島6.22-3.03-2.26-9.21-5.18-0.20-3.06-0.75
中日-1.04-8.93-3.00-0.44-2.53-0.312.47-1.42
DeNA-9.86-14.663.34-7.70-6.23-10.821.26-1.05

 規定投球回数や規定打席をもとにしたポイントとかなり違う傾向が表れています。FAや外国人選手がいるので、ドラフトの選手だけだとRSWIN+RCWINはマイナスになるはずです。それでも、マイナスの多い球団は、補充しただけで補強になっていないことになります。プラスの多い球団の方が優勝しやすいはずです。

 直近5年(2010~2014年)のプラスの年数をカウントすると次のようになります。ちなみに、2010年が柳田選手や山田選手のドラフトです。

ソフトバンク4回
日本ハム2回
ロッテ0回
西武3回
オリックス0回
楽天1回
ヤクルト3回
巨人2回
阪神1回
広島0回
中日1回
DeNA1回

 こうしてみると、やはり回数が多い方が優勝しやすいのでしょう。0回は優勝の見込みが薄いですね。少なくとも当たり年が5年に1度は必要。ロッテ・オリックス・広島は、この5年間補充しかできていないことになります。
 RSWIN+RCWINは当然毎年変動するので、補充年が突然当たり年に変化することがあり得ます。また、RCWINという打撃の数値の方が影響が大きいので、野手の頑張りが重要です。

 規定投球回数や規定打席をもとにした指標を「規定ポイント」と呼んでいたのですが、適当に「Quality Point」にします。「Qualified Point」にしようかと思ったものの、意味が怪しいのでやめました。「Quality Starts」とかあるので、そんなもんだと思ってください。

 規定ポイント(QP)の各年の合計値は、次の通りです。

※規定ポイント(QP)=投球回数/規定投球回数+打席/規定打席

◇規定ポイント(QP)

07年08年09年10年11年12年13年14年
ソフトバンク9.4638.4864.8395.0373.3822.0280.9800.014
日本ハム12.65813.4514.9217.1454.5355.3852.5841.125
ロッテ9.3249.5039.5483.5439.0313.1663.4680.717
西武3.79912.5365.95113.2203.9883.9242.0010.591
オリックス4.4045.8512.9843.43110.3882.3442.6921.184
楽天13.1355.3724.4637.1516.3444.9142.3890.892
ヤクルト4.9428.3784.2076.2014.3926.2351.8940.002
巨人2.8043.1948.3478.4542.5924.0191.2391.607
阪神0.6415.4593.9202.5551.9914.5352.4760.574
広島15.7693.8795.3795.3569.7540.8604.9390.736
中日2.8765.18411.0005.7193.8323.2992.0520.583
DeNA5.9316.6928.8178.2902.4416.7582.6441.754

 規定ポイント(QP)だけでは成績の差異がわからず、RSWIN+RCWINだけでは貢献度がわからない。組み合わせてより良い指標にならないかと試行錯誤しました。

 閑話休題。
 「小松式ドネーション」という指標らしきものがあります。小松投手が社会貢献のために編み出した計算式ですが、印象に近い数字になると評判です。
※KD=(投球回数×3)+(勝利+ホールド+セーブ)×10

 なぜ、この数式が印象に近い数字を生むのかを考えるに、投球回数をカウントしているからだろうと考えました。投球回数はQPと同じようなものです。しかし、それだけでは成績が反映されない。従って、「勝利+ホールド+セーブ」という補正値が必要になります。RSWIN+RCWINは「勝利+ホールド+セーブ」に対応するのでは?

 ここで、どのように重みづけをするのかが問題になります。当初は(RSWIN+RCWIN)/3を検討していました。しかし、根拠がない(笑)。
 1打席凡退のRCWINを見るに-0.02となっています。1打席のQPは約0.002です。1打席凡退すると0になるような指標が良いように思えたので、「QP+(RSWIN+RCWIN)/10」にしました。正確には10ではないのですが、計算を簡易にするために10にしてみようと思います。10にしたので、規定打席や規定投球回数は、10勝分の価値があることになるのかな?

 この新しい指標を拡張規定ポイント(extended Quality Point)ということで「xQP」とします(笑)。使えるかどうかは、今後検討します。

※xQP=投球回数/規定投球回数+打席/規定打席+(RSWIN+RCWIN)/10

 規定打席ちょうどで、RCWINが+1.0と-1.0の打者がいた場合、xQPは1.1と0.9になります。感覚的にこの程度の差じゃないかなあと予想しますが、いかがなものでしょう?(RCWINの数字は勝利と同じ価値らしい)

 xQPを一覧表にしてみます。また、偏差値も算出してみました。

◇拡張規定ポイント(xQP)

07年08年09年10年11年12年13年14年
ソフトバンク9.1639.0074.1926.4763.7761.8551.2260.023
日本ハム13.57212.4425.1246.7244.5395.6482.4260.961
ロッテ8.6548.97010.0633.1248.8282.7653.2490.554
西武3.06612.6645.65713.8933.6893.9312.1990.548
オリックス3.9786.0002.9082.98010.0132.1202.6631.123
楽天12.2424.5843.6696.5085.8325.2262.2240.702
ヤクルト4.2697.2313.9857.2573.4515.8242.0850.004
巨人2.4872.9429.5688.8042.5634.4751.1451.556
阪神0.6645.5663.2922.1851.7174.5462.1140.453
広島16.3913.5765.1534.4359.2360.8404.6330.661
中日2.7724.29110.7005.6753.5793.2682.2990.441
DeNA4.9455.2269.1517.5201.8185.6762.7701.649

◇拡張規定ポイント(xQP)の偏差値

07年08年09年10年11年12年13年14年
ソフトバンク54.656.543.350.646.138.136.936.6
日本ハム63.367.146.651.448.760.850.154.6
ロッテ53.656.463.639.963.443.559.146.8
西武42.567.748.474.245.850.547.646.6
オリックス44.347.338.939.467.539.752.757.7
楽天60.743.041.550.753.158.247.949.6
ヤクルト44.951.142.653.144.961.846.336.2
巨人41.437.961.958.041.953.836.066.0
阪神37.846.040.236.939.054.246.644.8
広島68.939.946.744.164.832.074.348.8
中日41.942.165.848.045.446.548.744.6
DeNA46.244.960.553.939.360.953.967.8

 日本ハムのドラフトが良く、阪神と中日は悪いですね。オリックスとDeNAのドラフトに改善傾向が見えます。

 2007年と2008年のドラフトは評価が定まりそうなので、順位をつけてみようと思います。(入力ミスや計算ミスがあるかもしれませんが…)
 高卒野手を考えると、評価が定まるまでに7年程度は必要ですよね。

◇2007年ドラフト

順位球団xQP偏差値代表選手
1位広島16.39168.9丸佳浩・篠田純平・小窪哲也・松山竜平
2位日本ハム13.57263.3中田翔・宮西尚生
3位楽天12.24260.7聖沢諒
4位ソフトバンク9.16354.6中村晃
5位ロッテ8.65453.6唐川侑己
6位DeNA4.94546.2
7位ヤクルト4.26944.9
8位オリックス3.97844.3
9位西武3.06642.5
10位中日2.77241.9
11位巨人2.48741.4
12位阪神0.66437.8

◇2008年ドラフト

順位球団xQP偏差値代表選手
1位西武12.66467.7浅村栄斗・野上亮磨
2位日本ハム12.44267.1大野奨太・中島卓也
3位ソフトバンク9.00756.5攝津正
4位ロッテ8.97056.4岡田幸文・西野勇士
5位ヤクルト7.23151.1中村悠平
6位オリックス6.00047.3
7位阪神5.56646.0
8位DeNA5.22644.9
9位楽天4.58443.0
10位中日4.29142.1
11位広島3.57639.9
12位巨人2.94237.9

 さて、新しい指標「xQP」を使えるかどうか。個人的に使用してみて、何かわかったら報告します。2015年の成績上位選手とか出せたらイメージしやすくなるかもね。小松式ドネーションとの相関も調査してみたいし。

清原容疑者逮捕余波 「かっとばせ!キヨハラくん」休載発表

 まだ連載していたのかという衝撃。休載は仕方ないけど、今後どうなるのかな?

元自衛隊メンタル教官が教える 「折れてしまう」原因は、ストレスではなく◯◯だった

 発達障害だからメンタルが弱いというのは腑に落ちていなかったんですよね。
 この記事を見て悟りました。メンタルが弱いのは、体力がないからだわ(笑)。
 ストレスにやられるのではなく「疲労」にやられる──これがすべてなのでしょう。集中力が低下する。判断力が低下する。ミスが増える。トラブルが増える。
 私は疲れやすい性質なので、メンタルが弱いのだろうと思います。目に見えて判断力が低下するんだよなあ。安易な方向に逃げてしまう。その結果、根回し不足でトラブルになる。根回しという苦手なことが全くできなくなるんですよね。

ライブ会場 福岡の難 ゼップ閉鎖 不足に拍車 「開催2割減」懸念 [福岡県]

 ゼップ福岡って閉鎖するんですね。再開発なので新しくなるのでしょうけど。ソニーが運営していたというのにも驚きました。2016年問題という言葉は初めて聞いたのですが、ライブハウスも建て替え時期ということなのでしょう。
 椅子なしのイベントホールで大きい会場は数少ないのかもしれません。多くのイベントホールは椅子付きですよね。RO-KYU-BU!を思い返すに、椅子なしの方が盛り上がったような気がするなあ。

Twitterに「タイムラインの優先表示」機能(無効化可能)

 こういう機能は必要だとは思うけど、コミュニティ機能を作ってほしいんだよなあ。
 例えばテレビを実況するとき、そのつぶやきで他人のタイムラインを汚す必要はないじゃん。その結果、実況用のアカウントを持つ人が出てくる。
 そうじゃなくて、コミュニティに属している人のタイムラインだけにつぶやきが表示される、メーリングリストのような機能、ブロードキャストじゃなくてマルチキャストのような機能が必要だと思っています。

| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

公開処刑(SMAP謝罪会見)

 今年最初の雪が低い空から舞い落ちる♪

 忙しくて体力が落ちていたのと、急に寒くなったせいで、体調を壊して寝てました。起きたらSMAPが謝罪会見してた。かなり驚きました(笑)。

 「アイドルはやめられない」んですね。「夢は夢で終われない」んですね。一連の騒動で、操り人形も大変だなあと思いました。やっぱり芸能事務所が強すぎますわ。


SMAPのメンバーは「俺たちより社畜」なのか? 「今年のブラック企業大賞はジャニーズで決まりだな」の声も
SMAPは昨日死んだ! そして裏切り者はやっぱりキムタクだった! メリー氏が自ら“木村家にお呼ばれ”を告白

 芸能界はやくざだなあと思うと同時に、日本の会社っぽさ(いわゆる社畜っぽさ)もあったように思います。やっぱり日本社会は多かれ少なかれ極道なんじゃね?
 アーツビジョンの松田社長のときも感じたのですが、芸能事務所はタレントを矢面に立たせるんですよね。不思議な慣習だなあ。通常の業界では、こういうときは経営者(社長や幹部)が謝罪するんですよね。そこは特殊だと感じました。

 謝罪会見を受けて、「SMAP存続」というニュースが流れましたが、会見では一言も「存続する」とも「解散しない」とも言っていません。ジャニーズ事務所がマスコミに情報を流したのでしょう。
 今回の騒動では、スポーツ新聞、特にスポニチは大本営発表を行っていますね。ジャニーズ事務所の機関誌になっていて面白いです。

 正直、私はSMAPが解散するものと思っていました。
 時系列を追うと、今回の結末はジャニーズの思惑通りでもなさそうなんですよね。

 まず、登場人物を整理したいと思います。
 ジャニーズはジャニー社長と、その姉のメリー副社長が二大巨頭らしいです。そして、メリー副社長の娘のジュリー副社長とSMAPのマネージャーの飯島さんが次期社長候補。また、木村拓哉さんの妻が工藤静香さん。この程度が私の把握している登場人物です。

 今回の事件は、端的に言えば、飯島さんの「クーデター失敗」です。

 事の起こりは、去年の週刊文春に掲載されたメリー副社長のインタビューのようです。メリー・ジュリー親子と飯島さんが対立していたようですが、この記事でメリー副社長は飯島さんに直接「対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう」と言ったとのこと。

 これをきっかけに、飯島さんとSMAPの独立への迷走が始まります。

 独立するために受け皿となる芸能事務所を探したり、新しい仕事を取りに行ったりしたようです。その過程で、SMAPはパラリンピック支援団体「日本財団パラリンピックサポートセンター」の応援役に就任しています。

 しかし、木村拓哉さんがジャニーズ事務所にとどまろうとします。ジャニーズサイドが仕掛けたのか、木村さんサイドが仕掛けたのかはわかりませんが、私は工藤静香さんが仕掛けたのではないかと思っています。それに、メリー副社長と木村拓哉さんが乗った。
 工藤静香さんとしては収入を減らしたくない、木村拓哉さんは工藤静香さんに同調。ジャニーズ事務所は木村拓哉というタレントを手放したくない。そんなところではないかな?

 その動きを飯島さんと4人は知らずに、独立へ突き進みます。しかし、木村さんを通じて情報は筒抜け。紅白での司会やトリでもめた結果、完全に決裂してしまいます。(その結果、トリを近藤真彦さんがつとめることになった模様)
 ジャニーズ事務所としては4人を追い出そうとしたんだと思います。

 飯島さんは受け皿を探したものの、木村さんのいない4人のSMAPを受け入れてくれるところがなく頓挫してしまったようです。
 万策尽きた状態ですが、4人の中には芸能界を引退していいと思っていたメンバもいるんじゃないかな?

 メリーさん・工藤さん・木村さんは、SMAPは解散で4人を追放というシナリオを描いていたと予想します。
 だから、スポーツ新聞に情報をリークして記事を書かせた。

 しかし、分裂・解散にはならなかった。ファンの声も大きかったのですが、政界が解散を望まなかったようです。ジャニーズ事務所としては、不本意ながらSMAPを続けるしかなくなった。追い出したいのに追い出せない。

 そこで、公開処刑です。

 カメラの横か後ろに、メリー副社長かジュリー副社長がいたと予想しています。
 ファンに謝罪している台本ですが、4人が謝罪している相手はメリー副社長です。

 草彅さんの「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、今、僕らはここに立てています」というのがすべてだろうと思います。謝っている相手はメリー副社長ですけど。
 そして、香取さんの「笑顔を作っていきたい」が4人の心境そのものだろうと思います。

 誰が悪いというわけでもないけど、芸能界の闇を生放送できるジャニーズ事務所ってすごいなと思いました。(金屏風事件はよく知りません)

 しかし、メリー副社長も89歳らしいです。女帝が亡くなれば、第2ラウンド(夏の陣かな?)が始まるのではないかと予想しています。そして、ジャニー社長とメリー副社長が倒れた時に、ジャニーズ帝国が終焉する可能性は高いように予想します。

 ジャニーズ事務所が断末魔の叫びを発したときに、案外、工藤静香さんが女帝に君臨するのかもしれないと感じています。今回の動きを見るに、そういうしたたかさは持ってそうです。

 日本の芸能界に労働組合がないために起きた謝罪会見のように感じます。芸能事務所が異常に強すぎて、タレントが操り人形になっている。このグロテスクなアイドルの状況は、「クール・ジャパン」ではなく「グール・ジャパン」かもしれないよ。何らかの法律で縛れないものなのかな?


私たち、同人ゲーム作ります! 『ステラのまほう』のTVアニメ化が決定

 ステマと言われそうなタイトルですね。
 『SHIROBAKO』以降、このような作り手のアニメが増えている印象です。部活ものから仕事ものに移行したんかな? 『なれるSE』のアニメ化はまだ? 今がチャンスじゃね?

“芥川賞”本谷有希子氏、アニメ声優は「もうやらない」 『彼氏彼女の事情』に出演

 声優経験者が芥川賞。カレカノ声優が芥川賞ですよ。すごいすごい。
 本谷さんの小説は読んだことないんだよなあ。気にはなっているんですけどね。

台湾総統選 民進党の蔡氏が圧勝 初の女性総統に

 民進党の蔡英文さんが次の総統に選ばれたようです。民進党は日本びいきなので日台関係は少し改善しそうな気がします。
 しかし、蔡英文さんを萌えキャラにしたようで、台湾は日本を超えたような気がしています。萌え文化を受容しすぎ(笑)。
 ひまわり学生運動で若者の政治参加が進んだようで、台湾も危機感を持っているんだなと感じています。

 中国の影響は大きいので、政治の舵取りが非常に難しいでしょう。下手をすると中国に飲み込まれるが、中国を敵に回したら経済が悪くなる。つかず離れずの程良い関係を目指すのかもしれません。

| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

感想:傷物語 I 鉄血篇

 サッカーの東福岡は強かったですね。久々に強い東福岡でした。フィジカルを鍛えたのが功を奏したようです。

 スターウォーズも見てきたんですが、エピソード4~6をあまり見た記憶がない。見たことはあるのでしょうが、覚えていません。構成やVFXなどはエピソード1~3よりも面白かったです。
 レイ役のデイジー・リドリーがかわいいのかな? ちょっとこじるりっぽさがあるような気がしたけど気のせいだろうな。
 年配のファンが多いことに配慮したシーンがあって、そこは強調しなくても良いなあと思ったり。

 ようやく真田丸を見ました。結構良いように思いました。配役が良い感じ。高木渉さんも活躍できそうじゃん。楽しみにしたいと思います。結局、戦国時代が好きなようです。

 鉄血のオルフェンズはOPとEDが変わりましたね。このアニメはかなり好きなのですが、敵の強さが表現されていないのが残念です。初代ガンダムにしろ、ドラゴンボールにしろ、セーラームーンにしろ、敵が強いじゃないですか。
 味方がボロボロになって、そこから反撃して、カタルシスをゲットみたいな感じが理想です。「俺TUEEE」は大好きだけど、「敵YOEEE」は嫌いなんですよね。「敵TUEEE」からの「俺TUEEE」をやってほしいです。


●感想:傷物語 I 鉄血篇

 傷物語を見てきました。「鉄血篇」ってガンダムですか? 鉄血が流行ってたんかな?
 三部作らしく序盤なんですよね。何を書いてもネタバレになりそうだなあ。とりあえず、阿良々木君と主要キャラの出会いで終わっています。
 「そうやって阿良々木君が不死身になったのね」という感じで、「面白い」というよりは「なるほど」って思いました。
 短すぎるので、正直なところ二部作で良いように思います。前後編ならばバランスは良かったのでは?

 シャフトの演出は映画よりもテレビに向いてそうです。映画になってよく動いているのですが、よく動いているように見えない(笑)。テレビでよく動いて見えるように最適化されているんだろうな。
 映画用の演出をシャフトが見つけられることを願います。そうしたらアニメの技術が一歩進みそうな気がします。

 この映画を見たら、キスショットの声優の変更は当たりだったのではないかと思えてきました。熟女キスショットを平野綾が演じたらどうだったのかな?(以前のテレビシリーズで熟女キスショットは出てきているのですが)

 とりあえず完結までは付き合うつもりです。そういうファンは多いと思うので、アニプレックスは安心していいよ(笑)。
 映画商法は結局当たりなんだろうな。このところテレビアニメが少し低調になっているのが残念です。


DAIGO、プロポーズはKSK 北川景子とツーショット結婚会見

 みんなに祝ってもらえる理想の結婚という感じよなあ。情報の出し方も結婚の時期も理想的じゃなかろうか?
 そもそもDAIGOが感じ良すぎるんよね。キャラ付けはしているけど、それでも好青年というのはにじみ出てるし。

 男性ファンの場合、相手の男が相応ならば反発しないものらしく、逆に女性ファンの場合は相手の女が良い女であるほど反発するらしいんよね。DAIGOファンの女性ファンがそこまで多くなかったから落ち着いているんかな?

SMAP解散へ!木村拓哉以外ジャニーズから独立

 ジャニーズが分裂するのかな? ジャニーさんやメリーさんが亡くなった後に分裂するのかもしれないと思っていたものの、想像以上に早かったですね。SMAP以外にも女性マネージャーについていく人はいるものと思います。
 SMAPには学生時代お世話になったので、お疲れ様って心境です。森君が帰ってくるところがなくなっちゃったなあ。

○感想:「空気」の研究

 「空気」の研究をようやく読み始めました。

 「空気」が日本人特有のものだとは思えません。そうじゃないと、キリスト教社会で十字軍が起きたり魔女狩りが起きたりナチスドイツが生まれたりしないように思うんよね。空気をムードとしている箇所があるけど、海外にもそういうものはあるはずだと思っています。
 世界情勢では顕著で、現在は北朝鮮に対して空気を読めと世界が思っているし、帝国主義は終わりかけてたので太平洋戦争では日本は空気を読めない側だったように思います。

 しかし、日本はより「空気」が支配しやすい。私は「水を差す」側の人間なので、というか空気に流されるのが嫌いな方なので、強くそれを感じます。
 日本では過半数を超えると途端に正義になるんですよね。代表的なのが地デジやETCかな? 利用者が5割を超えると空気が変わる(笑)。少数派になりたくないから、多数派になりたいから、一気に流れるんですよね。

 日本教という意味においては、以下を追加してもよいかなと思います。

一、知人を助けよ(知人でなければ助けなくてもよい)
一、感情移入を尊ぶべし。あらゆるものに感情移入せよ
一、偶像崇拝せよ。偶像を絶対視せよ
一、全会一致であれ(和を以て貴しとなすかな?)
一、換骨奪胎せよ

 本書で驚いたのは、イタイイタイ病の原因がカドミウムではないらしいことですね。空気でそう決まってしまったのかも。

 本書で「空気」とはこれだというところまでは定義できていないように思うので、継続して調査が必要かなと思います。同時に「水を差す」研究も必要かもしれません。

軽減税率は低所得層の味方なのか?

 軽減税率は低所得者層に有利ではないのです。それがすべて。高所得者の方が食品にかける金額が大きい。従って、高所得者の方がメリットが大きい。公明党がなぜ軽減税率にこだわったのか、非常に疑問です。低所得者の味方ではなかったのか?
 消費税が低所得者層に不利というならば、一律同じ金額を還付すればよかったのです。ばらまきと批判されることを嫌うのでしょうが、還付と言えば日本人はなぜか納得する。消費税還付ではダメだったのかな?

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年 迎春

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 実家に戻ったら、婚活について追及を受けています。どうすりゃいいんだろうね。なるようにしかならないと流れに身を任せようと思いますが。

 政治では年末に急転直下。慰安婦問題で日韓で合意に達してしまいました。安倍首相は靖国参拝と安保改正で満足して、従来の保守路線に戻ったのだろうと思います。要するに親韓ということね。どうかな?

 以前、集計したドラフトのポイントについて、計算間違えが発覚。なるべく早く修正しようと考えています。いつになるかな? 入力がきついんですよね。
 その際、セ・リーグの投手に関しても打席数を利用しようかと考えています。

 『ガヴリールドロップアウト』という漫画はアニメ化したらそこそこ面白そう。かきふらい先生が描いているという噂の『あくまでじょし』と同時期にアニメ化とかありえそうだなあ。


●感想:骨が語る日本人の歴史

 私の想像通りの点と、予想外の点がありました。
 予想通りなのは、弥生人が縄文人と違うとは言い切れないという点ですね。弥生人といっても縄文人と地続きなわけです。だから、くっきりと縄文人→弥生人に切り替わったわけではない。縄文人系の弥生人がいるわけです。
 予想外なのは、日本人は南方から来たという説を否定している点です。骨を調査すると南方から来たとは言えないようです。私は少なくとも稲作は南方から伝来したと考えているので、そこが相違点かな? 稲作南方説は否定されていないと考えております。

 渡来人はそれほど多くない、弥生人は食生活の変化で生まれたという説は理解できるように思います。戦後日本人を考えると、食生活の変化で骨が大きく変わることはありえます。
 江戸時代までの日本人は身長が低くやや太っており、胴長短足、丸顔で長頭で才槌頭、おちょぼ口で反っ歯だったようです。私は伝統的な日本人を引き継いでいるのかな? ほとんどの部分で当てはまりそうなんだけど、現代人よりも江戸時代の人に近い?


●感想:日本人と「日本病」について

 年末に読みましたが、様々なことが腑に落ちました。

 日本文化にはポストモダンはあるのに、モダンがないとよく言われます。日本のポストモダンの代表がオタク文化ですね。漫画やアニメやゲームなど。モダンに対してのポストモダンなのに、そもそもモダンがないという奇妙な文化なわけです。

 なぜそうなったのか? そもそも日本にモダンがないらしい(笑)。近代化したのに、近代化できていない。伝統と言われる憲法や法律も、ドイツやフランスなどから輸入しているわけです。わかりやすく言えばパクっている。本書では「断章取義」と言っている箇所が多いですが。

 朱子学も都合良い部分だけ導入しているので、憲法や法律も都合良く輸入したのでしょう。それを現代の政治家が「保守」と言って守ろうとしている。奇妙ですね。
 憲法を守ろうとする人がいますが、これも神経症患者のニセの説明と一刀両断しています。変えることがタブーというのはニセ物である証拠らしい。

 本書が書かれたのは日本経済が絶好調の時代です。今、山本さんと岸田さんが対談したら、経済戦争の敗北をどのように総括するのかな?

 日本は疑似血縁、擬制の血縁集団らしい。言うなれば、ヤクザのルールで成り立っている。義兄弟の契りという感じでしょうね。会社に入社するときも、義兄弟の契りを結んでいることになる。ということは、『鉄血のオルフェンズ』で極道ガンダムをやったのは理解できます。むしろ、極道をやりすぎているんでしょうね。
 ちなみに欧米のキリスト教社会は地縁集団らしい。ネイションを考えるに、民族ほど血縁に依存していないよなあと思っていたのですが、地縁とすると納得がいきます。そこに住む者のための国家。郷土愛というのも、ある意味正しいのでしょう。それがナショナリズムであり、国民国家なんだろうと思います。
 特にアメリカは地縁集団らしい。アメリカに移住した時点で、アメリカのルールに従う必要があるわけです。

 国家神道がキリスト教に近づいたのは、どうやら平田篤胤のせいのようです。神道を意図的にキリスト教にしすぎていますもの。誰かがやったんだろうと思ってたけど、本居宣長ではなく平田篤胤とは。反本地垂迹説(根本枝葉花実説)と同じような経緯らしいです。
 本居宣長は大和心(原始神道)を「朝日に匂ふ山桜花」と答えたようです。要するに何もない。私は、今のところ原始神道を「穢れを忌避する宗教」と考えております。「穢れ」はすなわち病原菌などでしょう。それがわかった現代では、ほとんど意味をなさないのではないでしょうか? だから、何もないと考えても問題ないかもしれません。
 本書に「純粋信仰」とありますが、穢れを恐れて清め祓えを徹底したせいで、「純粋」が尊ばれるようになったように思います。本書では江戸時代からとありますが、それ以前から「純粋」が尊ばれたんじゃないかな? 従って、「穢れ」がわかるようになった現代の神道は、「純粋信仰」だろうと思います。

 本書に書かれている日本の病理を記せば、神道の経典ができそうな気がします(笑)。そして、言語化して初めて、日本人は日本人の症状に気付くのでしょう。

一、事は成してはならず成るものとする
一、その場の空気に従うものとする
一、やがて自然に還るものと信ずべし
一、社会は悪なり、我は善なり
一、純粋を尊ぶべし

などでしょうね。もっと書かれているけど探さないとわからないな。

 日本人は「諸悪の根源」論に陥りやすいらしいです。小泉政治で明らかですね。「諸悪の根源」を退治すれば万事うまくいくということで「正義の味方」が登場するらしい。
 「地震ナマズ説」というのがあって、ナマズを退治すれば地震が起きなくなると考えて、ナマズを殺す正義の味方が現れる。
 ヘイトスピーチなどもこれが原因などでしょうね。「社会が悪い」「私は正しい」ことを前提に、ナマズを作り出して、ナマズを殺す正義の味方を演じる。純粋に社会を正そうとしているのだから問題ないということでしょう。
 現代の神道(日本教)を信じる限り、この状態に陥りやすいのかもしれません。私も含めて、多くの日本人がこの状態にハマっている可能性があります。自覚的に振り返る必要があるかもしれません。

 私自身の病理も言語化すべきなんだろうな。見えないものが見えてくるかもしれないですしね。


あのひよっちが入籍! アニメ『けいおん!』秋山澪役で知られる日笠陽子さんが結婚報告!

 ひよっちが結婚していたようです。おめでとうございます。

 遅くなったけど報告がありましたね。結構予想できてたんだぜ(強気)。
 恐らく29歳で入籍していたのでしょう。名前が変わったと誕生日で報告していましたから。「一般の方」とないので業界関係者だろうと思いますが、詮索しません。どうせダメージを受けるんだし……
 ちょっとは学習したんだからね!

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

三軍制のデメリット

 性格の良し悪しって点数化できないから難しいですよね。正直、相性の良し悪しではないかなと思っています。
 味の良し悪しのように、多くの人が性格が良いと判断した人は性格が良いのでしょう。点数化するとしたら『食べログ』のような感じ。あんな感じで性格を点数化したら……怖い世の中になりますね。飲食店が食べログを嫌がるのがよくわかります。

 婚活サイトへの登録から1年も経ってしまったらしく、契約終了するなら連絡しろ。連絡しないと継続するぞということらしいです。えー。
 最近進展がないので、もうちょっと続けるべきなのかもなあ。とは言え、どうやって婚活を進めていくべきか。もうちょっと頭の中を整理した方が良さそうです。

 先払いの店と後払いの店がありますよね。特に飲食店。どうも最近混乱しています(笑)。後払いの店で先払いと勘違いしてお金を払わず店を出て呼び止められました。
 寝起きはかなり自閉の状態がひどいと感じているのですが、その状態で外食するとやばいようです。
 先払いの店は食券制ですよね。その方がうまくさばけるのかな? 後払いの店よりも並んでいないように思います。逆に並ぶことで宣伝効果があるのかもしれません。どちらがいいのかはわかりませんが、メリット・デメリットがあり、それぞれの店で選択しているのでしょう。


ソフトバンク「三軍」出身者たちの矜持。トライアウトで見せた“再生工場”の力。
この世界で終わりたい。元ソフトバンク白根尚貴のトライアウト
坂井オーナー 若手育成について掛布2軍監督に相談

 阪神も三軍に興味があるようです。ソフトバンク、巨人に続いて三球団目の三軍創設になるのかな?

 さて、今回は三軍のデメリットについて書いてみたいと思います。
 当然メリットがあればデメリットもあるものです。

 白根選手が育成契約を拒否してトライアウト受験を選択したのも、デメリットのひとつでしょう。白根選手にとって育成契約は納得行くものではなかったのだろうと思います。
 育成ドラフトで獲得した選手は3年で、それ以外の育成契約の選手は1年ごとに、自動的に自由契約になります。白根選手は育成落ち(支配下から育成契約への変更)なので、今年は自動的に自由契約になります。
 従って、トライアウト受験は問題ありません。しかし、恐らくソフトバンクに戻れません。覚悟を決めてのトライアウト受験です。独立リーグでプレーするつもりもないようで、完全なる背水の陣です。

 選手枠があるので、育成枠の選手をすべて支配下契約することができません。取捨選択になります。三軍制になると、この取捨選択をするしかありません。白根選手はまだ育成枠の選手だと球団に判断されたのだろうと思います。
 球団としては、このようなケースも想定して、三軍を運営しなければなりません。ある程度選手を獲得しないと三軍制を維持できませんし、獲得し過ぎると有力選手を他球団に渡してしまう危険性があります。
 要するにバランスが重要ということでしょう。

 もうひとつ、ソフトバンクホークスが陥るかもしれないデメリットがあります。
 1流の選手がFAで抜けて、1.2軍クラスの選手が数多く残ってしまうことです。三軍制では選手がよく育ちます。しかし、1軍に出場できる選手は限られています。その結果、中途半端な選手で選手枠が埋まってしまう可能性があります。
 そうすると最下位にはならないかもしれませんが、そこまで強くはなりません。ドラフト・トレード・FAなどを活用して、一流選手をうまく育てる必要があります。これは三軍制を導入していない時と同じですね。そういう一流選手は贔屓して起用することになると思います。


半世紀ぶりの国産旅客機MRJが初飛行

 ようやくMRJが初飛行に成功しました。これをずっと待っていた!
 国産と言ってもエンジンは国産ではありません。しかし、この一歩がないと次に進めない。将来的にはエンジンも国産であって欲しいです。
 ホンダジェットは国産エンジンらしいですが、用途が異なりますしね。

 H2ロケットだって、最初は商売できると思われていませんでした。しかし、実績を残すに連れて、次第と評価も高まり、商売できるかもしれないところまで来ています。
 同様に、最初の一歩は小さいかもしれませんが、非常に大きな一歩だろうと思います。

 MRJが客を乗せて飛んだら一段落かな? それまでは見守りたいと思います。

君が好きだと叫びたい!てゆうか何度も叫んだ!

 ひだまり好きとしては、想定した程度の仲でほっとしました。(と言っても、私は「ひだまらー」ではない)
 そして、今回のことをきっかけに仲良くなれて良かったように感じました。
 結果は非常に残念でしたが。
 「皮肉だけど私達を近づけたのは病気です。」──最後に近づけて本当に良かったです。

 投薬とかを見るに、癌のような重大な病気だったのかな?
 LINEとは別に「友人グループ」があったようですね。愛されてたんだなあ。どういうメンバーなんだろうね。お別れのラジオがあるようなので、それを聞こうと思います。

 どうやら病院は広島のようです。みんな広島に見舞いに行っていたようですね。大変だったんだろうな。
 でも、誕生日会は都内だから、都内の病院のような気もする。この状態で広島から都内に来れないよね?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧