趣味

2012年12月31日 (月)

アニメとアイドル

 C++の勉強してて多少は良かったのかなあと思えた1週間でした。でも、C++は嫌いです。
 コピーコンストラクタをつくってメモリリークが起こらないようにしないとdelete漏れが厳しすぎると思うんですよね。非常に見つけにくいですし。

 とはいえ、12月は反省の多い月だったと思っています。先輩の言っていたマルチタスクというものが何か分かった感じです。自分は完全にシングルタスクです。タスクを切り替えるときにギシギシと軋みます。タスクが切り替わらないとパニックになってしまうので、どうにかしないといけないです。。。

 発達障害の新書を立ち読んで、私はアスペルガー症候群というよりはADHDなんだろうなあとほぼ確信しました。性格なのかそういう症状なのかはわからないんですけど、この性質があるのは確か。コントロールして生きていくしかないですなあ。(ストレス耐性がない傾向というのはアワワなんですが)

 冬コミは1日目だけ参加しました。最近は「客」意識の人が多いようですが、カタログに書かれているようにコミックマーケットには客がおらず、売り手も買い手も「参加者」です。
 ちょっとだけコミケ用語の基礎知識でもしておくかな?
 コミケ:コミックマーケットの略称
  ※他の同人誌即売会はコミケと言ってはいけないらしい
 東:ビッグサイトの東館。6ホールあります
 西:ビッグサイトの西館。2ホールあります
 企業:ビッグサイトの西館2階にある企業ブース。3ホールあります
 大手:大手サークル。有名人気サークルのこと
  ※おそらくこのレベルでないと大儲けは厳しいはず
 壁:壁サークル。外周。壁沿いのサークルで人気サークルであることが多い
  ※大行列ができるためホールの外を利用します
 緩衝帯:人気サークルに挟まれる壁サークル
  ※人気サークルを並べるとうまく行列を組めません
 島:[]な感じで大量の机が配置されているので、そのひと塊
 お誕生日席:島端。島の両隅のサークル。比較的人気サークル
  ※行列ができるのでスペースのある島端に配置されます
 新刊落ちました(落としました):当日用の新刊をつくれなかったこと
 委託:他のサークルで委託販売すること
 スタッフ:コミックマーケット準備会スタッフ。ボランティア

 1日だけなので企業ブースに絞りました。当然、ロウきゅーぶ一択。電撃屋のタペストリー狙いです。

 1日目最後の一本だったようですが(おそらく智花さん)、何とか買えて良かったです(^-^)v
 24日にニコニコ動画で『ロウきゅーぶ!』の一挙放送があったようですが、イベントに出かけたため見れなかったんですよね。見るべきだったんかなあ?
 ちなみに、見た目はとてもロリコンアニメですが、すごく真面目な熱血アニメですからね。(ニコ生一挙放送満足度で「とても良かった」が89.9%ですし)

 そう言えば、宮崎あおいさんのCMで有名な「earth music&ecology」のブースがあって何事かと思ったら、初音ミクとコラボした衣服を売っていました。こういう服飾系の企業も参加するんですね。
 ざっくり外周を見て回って、人気サークルは売り切れてるなあと確認したり。

 25日に東京駅付近で飲んだのですが、すごいキラキラしていますね。デートしている人ばかりですし、世間の光は眩しすぎます(笑)。


「ツギアニ!~A応Pが2013年冬アニメ語ってみた~」に行ってみた

 ダメもとでメールしてみたら、何だか抽選で当たってしまったようで。(というよりも初参加だと全員当たるのかもしれませんが)
 当たったからには参加してみようと思って秋葉原に行きました。

 まず最初に。
 思ってたイベントと違いました(笑)。

 もうちょっと製作者(または制作者)寄りのイベントと思っていたのですが、完全に「A応P(アニメ勝手に応援プロジェクト)」というアイドルグループのイベントでした。
 「日経BP社」および「日経エンタテインメント!」の企画だから、アイドルイベントと思ってなかったんですよね。

 まず、「這いよれ! ニャル子さん」のOP曲『太陽曰く燃えよカオス』をA応Pが歌います。

 その次に、A応Pメンバーが冬アニメを紹介します。
 番組宣伝の映像が流れて、その後にA応Pメンバーがプレゼン形式で簡単に紹介。おそらく台本があるんですよね。それに沿って紹介しています。
 司会の声優・大橋隆昌さんがボケたりツッコミを入れたりしますが、メインはアイドルなんですよね。そういうことなんだなあとようやく悟りました。アニメファン向けじゃないんだ(笑)。「アニメ好きなアイドル」ファン向けのイベントだったんですね。

 声優は2.5次元として許容されているけど、アニメとアイドルって相性が悪いと思うんですよね。人気がないときにアニメの主題歌を歌ったとか、アニメの主題歌をきっかけに人気になったとかだと、相性は良いんです。最近では、「ももいろクローバーZ」ですね。「モーレツ宇宙海賊」のOPで一躍アニメファンに知られた印象。

 A応Pがアニメ好きというのは伝わってきました。自分は冬アニメを調べているのですべてのアニメをおおよそは把握していますが、知らない人も多いでしょうし、もうちょっとキャラクター紹介が多い方が分かりやすかったかな?

 進行が押したようで、23作品ぐらいのアニメのうち5作品ぐらい紹介できなかったんですよね。これでいいの?! 会場前に行列ができていたので、次のイベントが始まるということなのでしょうけど、何だかアニメ自体は軽視されている印象でした。

 その後、A応Pが新曲を2曲歌って終了。新曲はいいからアニメを紹介してほしかったり(笑)。
 「冬アニメ>>>A応P」な自分にはちょっと消化不良なイベントでした。まあ無料だから贅沢は言えませんね。

 コミケにも参戦しているようですが、アニメファンはアイドル好きじゃないんですよ。(声優は好きですけど)そのあたりをわかって展開して欲しいなあと思いました。とりあえず、アニメ主題歌を歌うか声優にチャレンジしないとね!


ライトノベルの新レーベル “オーバーラップ文庫” 来春創刊!

 ライトノベル業界のレーベルが増えすぎです! なんだこの状況?!
 IS<インフィニット・ストラトス>がこのレーベルで復活するようです。アニメの続編もあるかもしれませんし、ファンの皆さんは良かったですね。

GAINAXと山本紗代監督ら 京都情報大学院と京都コンピュータ学院のCM制作

 GAINAXと山本紗代監督って何か接点あったっけ? 関西限定なのが残念です。

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など

 2ちゃんねるのν速(ニュース速報板)が吹き飛びましたしね。とばっちりで居心地の良かった嫌儲板に人が増えて環境が悪化しましたけど。
 その後、芸能人のステマ騒動(ペニーオークション詐欺)があり、ステマも有名になりました。

「オタ婚活」・コスプレも…鷲宮神社の年末年始

 鷲宮神社は「らき☆すた」2期がなくても何とかやっていけているようで何よりです。分かっているスタッフがいる町興しは強いですなあ。

ローソン国際展示場駅前店、コミケ1日目限定で魔法少女まどか☆マギカグッズを店頭販売。京都限定のまどか柄の八ツ橋も販売。

 ラバーストラップセット1種類1500円、クリアファイル500円はちと高すぎませんか?
 かなり欲しかったけど並んでましたし諦めましたわ。

オタ知識ありすぎNHKアナが話題

 声優三昧すごかったですね。「悠久幻想曲2」のOPだとか、さくっと出てくる塩澤アナが素敵でした。

『ガルパン』企業ブースが購入制限なしで商品を販売→転売屋が70枚購入して即終了

 これは企業側が対策不足でしょうね。
 同人誌ですら一限(一冊限定)二限(二冊限定)とかあるのですから、企業も対策しないとね。
 テンバイヤーさんは商売なのでガチですもんね。一般参加者にとっては怖い存在です。

【コミケ】幼女とお手を繋げる紙袋www

 はじめ分からなかったけど、よく見てなるほどなあと。様々なアイデアがあるものですね。

六花の勇者

 「このライトノベルがすごい」で紹介されていたので、とりあえず1巻を読んでみました。
 ファンタジーとミステリーの融合ですね。結構望んでいた形かも!

 「汝は人狼なりや?」というゲームがあるのですが、それに似ているのかもしれませんが、違うかもしれません。(やったことはないけど、ルールを聞く感じでは似ていると思う)
 六人の勇者のはずなのに七人目がいて、しかも密室なんです。ミステリーと違うのは“犯罪ではない”こと。
 「人狼」では村人の中に人狼が潜んでいますが、「六花の勇者」では勇者の中に勇者ではない何者かが潜んでいます。

 主人公視点で書かれているので、トリックは分かりにくい構成かもしれません。自分はトリックが分かりませんでいた。
 でも、七人目は比較的分かりやすい構成になっています。
 途中で何度か推理があるのですが、明らかに怪しい行動をしたキャラがひとりいますし。

 今2巻を読んでいますが、順調ならばこのままアニメ化まで一直線な気がしています。(作者が『戦う司書』シリーズの山形石雄さんですし)

 2012年も終わりです。お世話になりました。猫物語(黒)の予約は大丈夫ですか? それでは良いお年を!

| | コメント (0)