文化・芸術

2008年12月29日 (月)

いろいろ総括2008(1)

 ヤマカンの演出は「定点観測」なんだね。

 カメラを動かすか、キャラを動かすかというのは、主観をどこに置くのかにつながっているのかなあと思いました。(両方動かすとむちゃくちゃ見にくいので却下)
 カメラを動かす(キャラやメカを止める)と、カメラが主観になり画面が客観になるっぽいんよね。マクロスの戦闘シーンとか視聴者がパイロットになったような映像が使われていますよね。
 キャラを動かす(カメラを止める)と、おそらく画面が主観になるんだろうなあと、かんなぎ最終話を見て思った次第。泣いているナギの表情を丁寧に描くことで、視聴者がナギに共感するんじゃないかなあ。
 ヤマカンはカメラを動かすのを嫌っているけど、どこに主観を置くのかの方法論の違いでしょうね。定点観測だから、主人公の仁の感情が分かりにくくなってる気はします。
 仁の感情を見せるために12話と13話の最初で仁をメインに置いたんでしょう。でも、仁のキャラが弱いせいで画面がもたない(視聴者が飽きる)。そこで女の子キャラを登場させているような気がします。しかし、そのせいで仁の感情が分かりにくくなるんだよね。
 結局、仁のキャラが弱いんだけど、そんな状況で山本寛監督をはじめスタッフの皆さんは頑張ったと思います。最終話はかなり面白かったですね。第2期があったらいいよね。

 さて、コミケが始まりました。
 キタエリのサークルに11時ごろに行ってみたら、あっさり売り切れているでやんの。声優ファンがすごいと言うよりも転バイヤーさんがすごいんでしょうけどね。つーか、まじうぜー。本人から買うのがいいんだから、転売しても売れるわけないじゃん。

 そういえば、水橋さんのブログが久々に更新されたらしいです。雪が降ったりするの?

○今年の本

 今年読んだ小説以外の本で良かったのをあげておこうかなあと。しかし、本を読んでないなあ。

◇『光の場、電子の海―量子場理論への道

 今年最高の評価です。量子論がようやくわかった気になれました。学生時代に読みたかった・・・
 数式がないから読みやすい。過去の物理学者のむちゃくちゃいい加減な理論とか驚愕でした。それでよかったのかあ・・・そのくらいお気楽の方が学者向きなのかもね・・・
 高校物理未経験者には難しいと思いますが、高校物理を履修していてSFが好きならば読めると思います。ガンダム00の量子的な動きに突っ込みを入れたくなること必至です(笑)。
 しかし・・・これでもまだ完全に理解してないんだよなあ・・・量子論ってやっぱり難しすぎるんだけどー。

◇『やまと教―日本人の民族宗教

 この本もかなり目から鱗が多かったです。仏教の受容に関して腑に落ちました。
 鬼太郎やもののけ姫、かみちゅや夏目友人帳、かんなぎに至るまで、おそらく日本人は漠然とそういう宗教があるのを分かっているんですよね。でも、教祖もいないし経典もない。だから、宗教に見えないんでしょう。
 神道は国家神道と混同されて戦争に結びつくからということで忌避されているので、一層見えないものとなってますね。このまま見えないままでいいのか?という疑問はありますが、民族宗教なので時代とともに大きく変わるんじゃないかなあと思います。大河ドラマですら「気が置ける」と「気が置けない」が入れ替わっちゃう日本語と一緒ですね。

 今年は新潮選書を知ったのが大きかったようです。新潮選書には他にも面白い本がありそうなので探してみる予定です。最近は新書も増えたし、より手軽に知識を確認できるようになったらいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

海外から見た日本?

 毎日新聞の叩かれ方がすごいなあ。海外担当が海外で喜ばれるネタを提供しすぎたんだろうけど、毎日新聞がフェミニズムを語っても「片腹痛いわ」と思われること必至な状況。まじめな記事を書いても信用されにくいんじゃね?
 署名記事を掲載するまともな左翼系新聞だったはずなのに、「貧すれば鈍す」なんですかね? 協力という名の侵食を受けているみたいですし・・・今後はさらに強まることだろうなあ・・・
 「まんたんウェブ」「まんたんブロード」とかやってくれるから嫌いじゃないんだけど(ちょっと浅い印象はある)、やっちゃいけないことをやっちゃった感じ。大手新聞なのに嘘はいかんよなあ。
 2ちゃんねるとの全面戦争が盛り上がっているようですので、その様子をウォッチしておこうと思います。

 季報『唯物論研究』をようやく入手。それにしても模索舎ってすごかった。迷いまくって30分ぐらい探したけど探した甲斐はあったよー。店内は全体的にレフトウイングな雰囲気なんだけど、奥の方はガチなミニコミ誌が並んでいて、貴重だなあと感心しました。サブカル系の本も豊富で、一見の価値がある本屋さんですぜ。

昔の日本人がスゴすぎる件について/続き

 春画もすごいが、1が自称22歳OLというのがすごい(笑)。女性が春画本を書くと面白いと思うなあ。
 春画って目を大きくするとエロ同人誌と変わらないよなあ。現代の絵師がバストショットを描くのが得意なせいか、下半身は春画の方が圧倒的に上手いように思う。
 ・・・しかし、春画には「消し」を入れなくていいのか?! 伝統文化になったら、現代の基準から外れるんかなあ? でも、現代も100年後には近代になるんじゃないの??

TVアニメ『ef』第2期、『- a tale of melodies.』今秋より放映開始!

 2期といってもキャラ一新なんですね。これは3期が視野に入っていますね。

○世界が選ぶ日本アニメ

 某テレ朝でやってたけど納得の行かない点があるよねえ。なんであのアニメが入ってないの?という。
 20個選んでみるかな?

 ・ドラゴンボール
 ・セーラームーン
 ・ポケットモンスター
 ・デジモン
 ・ドラえもん
 ・クレヨンしんちゃん
 ・AKIRA
 ・攻殻機動隊
 ・キャプテン翼
 ・NARUTO
 ・るろうに剣心
 ・聖闘士星矢
 ・北斗の拳
 ・マクロス(ロボテック)
 ・鉄腕アトム
 ・グレンダイザー
 ・ガンダムシリーズ
 ・エヴァンゲリオン
 ・カウボーイビバップ
 ・鋼の錬金術師

 ジャンプ系とSF系が多くなってしまいました。フルバとかふしぎ遊戯も入れたいんだよなあ。あえてジブリと名劇を外しています。
 アジア・ヨーロッパ・アメリカで人気が違うから難しいですね。とりあえずイタリア・フランス・スペイン・アメリカ・中国をメインでいいんじゃないかなあと選んでみました。
 こういう特集のときは日本の人気と違うよという部分を少し入れた方が、アニメの紹介になっていいと思うんだよなあ。こういう特集を組むスタッフがアニメ好きじゃないから中途半端になるんだろうけど、唯一AKIRAを取り上げてくれたのは嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

新しい展開

 東福岡ラグビー初制覇かあ。サッカーも準々決勝ながら事実上の決勝戦っぽい試合に負けたから惜しかったよね。それにしても、我が母校はまた東福岡に花園への道を防がれたんだな。参加高校が減少しているというのに、なぜ福岡県は盛んなんだろうね。

 野球ファンに注目された新井選手のFA人的補償は赤松選手に決まりましたね。福地選手といい、今年の人的補償は俊足野手が好まれているようです。というか、現在のFA制度を使用するのってかなりリスクが大きいですよね・・・せめて、FA選手以上の年俸ならば自動プロテクトにすればいいのに。

 新番組では「シゴフミ」の予想外の展開に驚愕した。そして、土曜深夜はtvkはがんばりすぎだ・・・

ボイス&ハート

 声優事務所を知って、こういう情報を楽しめるようになった(笑)。なんという怪我の功名(違うか)。井上麻里奈さんがシグマ・セブンで、阿澄佳奈さんが81プロデュースなのね。誰の手引きなんだろう? そして、ボイス&ハート解散かなあ?

フォーマット戦争の「終わりの始まり」?――ワーナーがBlu-ray Discに一本化

 そろそろ買い時かと思ってBDレコーダーを買いに行ったら売ってなかったー。本当に売れてやがる! そして、このニュース。こんなこと言ってもHD終了な気がするんですけど・・・個人的に東芝のテレビは一番評価しているんだけどなあ。
 それにしても、SDが32Gになるらしいけど、BDの容量に近づいてません? とはいっても、BD再生機はほしいしなあ。これはPS3フラグなのか?!(DVDも綺麗になるらしいしねえ)

新型PSP、コミュニケーションソフトウェアSkypeに対応

 ソニーが始まってきてる(復活してきてる)予感。これに加えて、もしWiMAXとか次世代PHSとかに対応したら、PSPがかなり面白くなるよね。有機ELといい、やはり底力があるよなあ。

Twitterにデジタルガレージが出資 今春に日本語版

 これはTwitter本格始動か? 登録しただけで結局使ってないんだよね・・・新技術にかなり弱いみたい。

2050年には人間はロボットとセックスしている

 やっぱりマルチ@To Heartだろう(エロゲだしメイドロボだし)。触感は近づけるらしいから、最重要は表情や動作でしょうなあ。おそらく言葉よりもよっぽど重要。

二次元作家・クリエイターのほとんどはプロじゃない

 ラノベ作家も苦しいと言いますし、クリエーターは楽じゃないという。売れっ子さんはいいんでしょうけどね。エロゲライターよりもアニメ脚本家のほうが安定し、アニメーターよりもエロゲンガーの方が安定するんじゃないかなー?

「拡散するアキハバラ」 地方オタクのアキバ事情

 最近とみに日本にはメインカルチャーがないんだなあとか思っています。常にサブカルチャーがメインカルチャーの代替になる。過去のサブカルチャーは伝統芸能になる。だから、オタク文化も最終的には伝統芸能になると思います。エロゲとかが春画と同様に高く評価されたりするんだろうなあ。アニメ下敷きが美術館に展示されたりね(笑)。そして、それでこそ世界の中で異質な日本文化! メインカルチャーの代替になるとほとんどが面白くなくなるんだけどね・・・まだオタク文化はサブカルチャーだろうと思うんで、まだ大丈夫かな?

「アベする」が流行らなかった理由を言語面から考えてみる

 「アベる」でよかったのでは? ライターさんは「アビる」という言葉を知らなかったんでしょうね(笑)。「アサヒる」は「アビる」の流れだよね。ま、捏造は多々あることなので、読者が強く意識することでしょうね。

街中でパンツを見せてたメイド×2にオタ殺到→警官に注意受けてもやめず

 ぶっちゃけ2次オタと3次オタは次元が違うと思うんだ。完全に別のオタク。2次オタにアイドル話をぶつけても反応が薄いんだよ? 鉄オタに車の話を振るようなもの。まあ、まれに兼業しているオタクもいるけどね・・・
 ほら、沢尻エリカって「別に」って言動といいリアルツンデレじゃん(笑)。そして、沢尻好きなオタクはほとんどいないっしょ? ま、そういうこった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 5日 (土)

今年もよろしく

 北九州に帰省して友人と会えて久々にアニソンを歌えて楽しかった。「いぇす!アスミス!」と北九州出身の声優さんの名前も叫べたし(笑)。そういえば、アスミスも帰省していたらしいね。久々に食べたブリの刺身はおいしかったな。(※北九州出身じゃないかも。特技が博多弁だしね)

 かなり前から感じていることだけど、マネキンが進化しているよねえ。等身大フィギュアの影響かな?と感じるぐらいの進化。そのうえ、子供向けのマネキンなんてアニメキャラ化している。目がでかいんだってば(笑)。今年はこの流れが加速しそうなので、萌えたい人は子供服売り場へ行ってみればいいんじゃない?

北九州で進む漫画ミュージアム構想 同人誌もフィールドに

 他の漫画ミュージアムと同じ構想ならば面白くないので、「SF漫画の充実(松本零士の協力)」「漫画とアニメの関係(東映の協力)」「同人誌の充実(まんだらけの協力)」「漫画研究の充実(宮本大人@北九州大の協力)」など、とんがった施設であってほしいなあ。
 大きな本屋でイラストコンテストが開かれるぐらいだし、北九州はオタクが多いと思う。ナガリ書店が衰退しても、その精神は生きているはず(笑)。次代のオタクのために・・・というか、市民のためにも、良質な施設であってほしいです。(北九州には有名な建物がかなりあるらしいんよね)

○アニメビジネス10大ニュース解説(1)(2)

 昨年はアニメビジネスに関して不景気なニュースが多かったですね。不良債権を整理して、今年は飛躍の年になればと思います。特にネット対応とBD対応は要注目ですね。
 ガンダムやエヴァ、ドラゴンボールやセーラームーン並のヒットアニメが生まれると状況が変わるのでしょうけど、そう簡単にヒットアニメが登場するとは思えないしねえ。

 周辺では漫画やアニメが原作の実写映画が続々と登場するので、その動向にも注目が必要ですね。ドラゴンボールは不評だよなあ(笑)。

「終わりの始まり」―― 音楽業界の2007年と2008年

 普遍性のある良質な分析。コミュニケーション媒体としての価値は重要なんですね。同様のコミュニケーション媒体の業界も音楽業界を参考にすべきでしょうね。真っ先に思い浮かぶのはテレビかなあ?

マスメディアとインターネットの対立関係は、どこへ向かうのか

 日本ではまだまだ対立関係が続きそうですね。そのうちにGoogle(とYouToube)に飲み込まれるんだよね。もう確定事項として諦めた。国家も有力企業も無関心だから話にならない。セカンドライフに投資するぐらいなら、共同出資でネット放送とコンテンツ販売を盛り上げようよ・・・とか思うんだけどなあ。

日本文化はなぜ、世界の関心を集めるのか

 これも良い分析ですねえ。日本文化はかなりレベルが高い可能性があるけど、「灯台もと暗し」で日本人は気づいてないのかもね。外国人に発見されないと評価できない。
 豊臣時代の日本の軍事力は世界最強クラスだと思う。少なくとも火器に関しては、鉄砲は量産化されているし、大筒という名の大砲があるわけだから最強だろう。
 その軍事力が低下するぐらい、江戸時代は平和だったんだよね。その国力が文化に注がれたわけだから、そりゃあ日本文化も豊かになるよなあ。各藩がひとつの国に匹敵する文化を作ろうとした時代だもんね。

アニメ新番組:30年ぶりヤッターマン、墓場鬼太郎はしょこたん出演 1月スタートの注目作

 一般人とアニオタの注目作は異なるんよね。アニオタとしては、ヤッターマンとか鬼太郎は怖いもの見たさに属すると思う。リメイクとかって、ある意味冒険だと思うんだけど、どうなんでしょうね?

○あのアニメにプロの実況と解説を付けてみた

 こういうMADムービーも面白いな(笑)。サッカーファンがつくったMADなんだろうけど、うまく解説を選んでいるね。
 山本弘さんのところでMADな同人誌を入手したから、のんびり楽しむとしましょう。

八神健『どきどき魔女神判!』のハジケ祭りが話題になっていないなんて

 すげえはじけてる(笑)。全然気づいていませんでした。
 すでにショタは認められた!と思っていいんだろうか? いや・・・でもこれはやりすぎ・・・かな?

○声優・藤田咲さんインタビュー(上)(下)

 こういう裏の事情も面白いよね・・・この記事ってどこかで読んだような気がする。藤田咲さんって正統派アイドル声優さんらしいけど、初音ミクで名が売れたのはどう転ぶのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

すごいんだろうが・・・実感が沸かない

 ぅまーくん、最近打たれすぎ。これ以上負けると終戦になっちゃうぞー。
 でも、寺原世代の打者が台頭してきているのが非常にうれしい。

○SF大会(日)

 押井守×神山健治: アニメと実写の差異「真・女立喰師列伝」を語りながら

 押井守監督と神山健治監督を見てきた。「真・女立食師列伝」を通して、実写とアニメの作り方の差異を解説してくれた。要約すると、「方法論は同じだけど、実写は引き算で作れるけど、アニメは足し算でしか作れない」ということかな?(間違えてる?)
 押井さんは映画を作るには女優を撮りたいという動機だけでいいと言ってて、今回の映画はそういう企画らしい。(ひし美さんを脱がせたかったらしい。エロに関して考え方を変えたんだと)それでも、4人の若手監督を起用するあたり、押井さんって面倒見がいいよなあ。(ジブリとは違うというか)
 神山さんは脚本から入る人らしい。見た目どおりというか、きっちり作ろうという監督さんなのかも。反対に、押井さんはいい意味で他の人に任せているらしい。完璧にコントロールするよりも、ゆるく指揮したいのかもね。アニメはそれでも編集に立ち会わないといけないから、実写の方が楽らしいよ。
 とはいえ、2~3年ごとにアニメ映画を作り、毎年実写映画を撮りたいらしいから、同時にいくつも企画が進行するんだろうなと考えると、結構忙しそうだよなあ。(そして、G.R.Mの失敗って相当尾を引いているのかもなあと思った)

 おまけ:SF大会「電脳コイルを語ろう」 レポート ゲスト大絶賛

 このあと、ロケット・ガールを見て、ハレ晴れを踊ったけど、どっちも途中退場>< ハレ晴れはちょっとgdgdっぽかったからロケット・ガールの方にいても良かったかもー。ロケットガール養成講座のリーダーをやってたというガネっ娘が「うほっ!いいガネっ娘!」というくらいかっこよかった。赤いつなぎが似合ってた。・・・理系女子が増えるといいよねえ(笑)。

 その後、準備を整えてパーティへ。うろうろしてたら話かけられたー。この時点で絶対キョドってる(笑)。色々話したけど、積極的に作家さんに会いに行って、よく知らなくても持ち上げなきゃということを言われたー。SF大会の意義はそこなんだけど……引いちゃうんよね。あと、ネットで叩くのは一番いけないよと言われたー。自分も(人格攻撃にならないようにと思いつつ)も叩いてるよなあと、内心ドキドキ。うーみゅ。面白くないものは面白くないと言いたいんだよなあ。そうすると、本人に会いにくくなるんよね。どうしようー?
 モントリオールのパーティに行ったあと(あぅあぅ~)、お助けスタッフと合流しにホテルに行って、押井さんが遅れた理由とか裏話を色々と聞いたりしつつモントリオールのパーティに戻った(笑)。そこで、巽さんと会って握手してもらって、いろいろと話を聞いて・・・スタッフさんは大変だねえと思った。世界陸上みたいにgdgdにならなくて良かったね。
 その後、海外SF作家さんが大勢いる部屋に行って・・・うちはSF者じゃないから豚に真珠な状況で変な味のビールを飲んだ。なんつーか、モントリオールで飲んだグレープジュースもだけど、欧米の飲み物って甘すぎない? なんだかんだで作家さんにサインをもらったんだけど、これもまた豚に真珠のような……。もう海外SFまでフォローするキャパはないと思うんだよなあ。(そうでなくても一度挫折してるし)

 つーこって、SF大会で話しかけるのは自分にとって敷居が高いので(笑)、まずはアニオタを見つけて仲間を増やそうかなーと思った次第。アニオタはいねがー。

「ちいさなボタン、プッチ」あさの ますみ

 大賞は、声優の浅野真澄さんらしいですよ……ますみん、マジすげー!
 いやはや。ブログをチラ見していると、結構本を読むんだなあと思ってたけど、それでもって大学も国文学専攻だったらしいけど、なんか相当すごいんだけどー。奨学金も返済したらしいし、色々とすげーよ、ますみん。
 声優としては声質声優だと思ってるけど、ラジオパーソナリティ・歌手・作詞家としては個人的に高評価。個人スレを読むにCDはあまり売れてないらしいんだけど、浅野真澄名義とmilkrings名義のCDを合計3枚買ってしまったうちは相当なファンだったりするのか?!(いまだにiPodで時々聞いているから、やっぱり好きなんだと思う)
 
 あやちーに「あなたの人生ウソばっかだよ」と言われたらしいけど、個人的には簡単にウソをついて簡単にバラすような、本当の嘘はつけない人だと思うんだけどなー。どうかなー? 作家はウソをついてなんぼだから天職かもねー。
 例の事件では矢面に立たされたような格好になっちゃったけど、よく耐えたなあとか思ってた。すげーぶっちゃけたそうな話し方だったしなあ。今後どの方面で活躍するのか、要注目ですな。
(池澤春奈とかSF大会に来ればいいのにねえ。絶対SF読んでるだろと思っちゃうんだが・・・声優とか夏樹さんの娘とかの肩書きが邪魔かもなあ)

 あ、そういえば。下和田裕貴さんと小林由美子さんがアイムを辞めたらしい。じみーにチェック。

アニメが一般に受け入れられなくなった最大の原因

 文化とは連続性があるもんだと思うんだ。アニメがテレビ東京や深夜枠に移動して、一般人の中では文化の連続性がなくなったんじゃないかなー? 視聴率以外でアニメを評価する指標がDVD売り上げしかないから、深夜枠アニメは販促アニメになる罠と思うんだよね。オタクに向けたアニメになっちゃう。やっぱり録画をカウントするシステムとか、ネットに移行して何人見たとかカウントするシステムとかあるべきじゃね?

 アニメーターも声優も下手になっていないし、むしろ平均化しつつ一部は特化して進化していると思う。でも、それが一般に受けない理由とは思えないんだよなあ。(特化の方向が間違っているのかもしれないけど)

 連続性がない中で、突然「ハヤテのごとく!」とか「グレンラガン」を見るんだから、アメリカ人が突然「ガンダムW」を見ている状況と変わらないというか・・・受け入れる人と受け入れられない人の二分化しちゃうような。受け入れた人はそのままオタクになるという、ひどい二分化かもしれないけどね。でも、かつて宮崎駿だってオタクのものだったんだから、将来どう変化するか分からないと思うよ。

 ただし、電脳コイルで山本弘が言っていたけど、今の流れにない企画が通らないのは問題だよなあ。新しいからこそ価値があるんじゃないかと思う。それは、マーケティングというよりは二番煎じとか二匹目のドジョウとかいうんじゃないかい? 安全なものより冒険したものの方が売れたとき絶対に大きい。オンリーワンでデファクトスタンダードであるべきでしょ? マーケティングするならば、アニメ外の流行を組み合わせてはどうかな、とか。

その漫画が今流行っているかを知る画期的な方法を思いついた!

 ををー。これはいい方法だ。ちょっと調べてみた方がいいかもかもー。アニメ化発表前後と放送中とアニメ後を比較すると傾向があるかもね。正確な予約数まであるとマーケティングに使えそうだねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

フランス人は日本文化が好きだよね

フランスのジャパン・マニア

フランスが世界2位の漫画消費国家ってBD(バンド・デシネ)やアメコミは含まれているのかな? 韓国のマンファは漫画じゃないから韓国よりも消費してるってこと? 香港とか台湾よりも消費してるのかなぁ?

それにしても、絵画の印象派といい、第2回パリ万博といい、フランスの日本文化好きは異常ですね。本当に夢の国と思ってそうです。日本人が黒人に憧れるのと同様の感覚なのかもしれません。夢見ている少女には東京で絶望してほしくないですね。

攻殻機動隊をパクるにしても、アメリカではマトリックスでフランスではフィフス・エレメントと違いがありますよね。フランス人って派手な色使いと異質な少女が大好きっぽく思えるんだが、そういう部分が日本文化にあって、フランス人の琴線に触れるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月30日 (月)

天才あらわる

姉ちゃんの自作詩集発見した

>>1の姉が天才すぎ。さらすのはよくないんだけど、ここまで笑えたのは久々なので紹介。最近の漫画でいうと、デトロイト・メタル・シティ以上のクオリティかもしれないです。また、>>1の引き際も見事でした。よい姉弟だねぇ。(参考:姉まとめ

ジャンプのロゴを70度回転させると少女の横顔に見えてくるスレは「二次元裏@ふたば」が元ネタっぽいけど、>>1の姉のセンスの前にはかすんで見えるよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

古代史について

ここ2~3年ほど古代史関連の本を読んでいて、漠然と想像できたことをメモしておきます。

・アマテラス=ヒミコ+トヨ
・神功=トヨ
・神功と継体はともに息長系
・葛城系と息長系は、天智系と天武系のような関係か
・任那は現在の米軍基地のような存在
・百済と倭は軍事同盟を結んでいた
・帰化人(渡来人)は、貴族・学者・職人などが畿内に、難民は東国に配置された
・新羅が朝鮮半島を統一して難民が発生した状況は、太平洋戦争終戦後の状況と似ているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)